龍谷大学硬式野球部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

龍谷大学硬式野球部(りゅうこくだいがくこうしきやきゅうぶ)は、関西六大学野球連盟に所属する大学野球チーム。龍谷大学の学生によって構成されている。

創部[編集]

歴史[編集]

1931年(昭和6年)、旧関西六大学野球連盟発足に、立命大関大京大同大関学神戸商業大とともに加盟。1950年(昭和25年)、京都六大学野球連盟創立に京都学芸大学大谷大学京都薬科大学京都工芸繊維大学西京大学とともに参加、初年から3連覇を果たす。1956年(昭和31年)、京滋大学野球連盟の創立に加盟、京滋リーグに参加する。

1962年(昭和37年)、平安高校監督を務めた西村進一が監督に就任。同年の関西大学野球連合の結成により京滋大学野球連盟は関西六大学野球連盟の下部リーグとなる。翌年、伊能正司山本忠男を擁して京滋リーグで優勝したため大阪商業大学との入れ替え戦が行われ、勝利して関西六大学野球連盟に昇格することとなる。1965年(昭和40年)、駒大立正大愛知学院大との仏教系4大学大会が始まり、現在まで続く。

1968年(昭和43年)、梅村好彦植木一智のバッテリーで関西六大学リーグ初優勝を果たし、全日本大学野球選手権ではベスト4に進出。しかし1971年(昭和46年)に西村監督が退任した後は再び京滋リーグに降格。1982年(昭和57年)、新関西六大学野球連盟発足に加盟。1985年(昭和60年)に17年ぶりのリーグ優勝。以後、リーグ強豪としてたびたび全日本大学野球選手権に出場。1998年(平成10年)にはエース河端龍、主砲本郷宏樹を擁して30年ぶりにベスト4に進出する。2000年(平成12年)には春リーグから翌年の夏リーグにかけて20連勝を記録。杉山直久植大輔のダブルエースが活躍し、第31回明治神宮野球大会にて念願の明治神宮野球大会初出場を果たし、ベスト4に進出。

2013年(平成25年)、OBで元プロの山本樹が監督に就任する。

本拠地[編集]

滋賀県大津市大江7-8-20 龍谷荘

記録[編集]

※2016年シーズン終了時

主な出身者[編集]

プロ野球現役選手[編集]

元プロ野球選手[編集]

野球指導者[編集]

外部リンク[編集]