三菱自動車岡崎硬式野球部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
三菱自動車工業 > 三菱自動車岡崎硬式野球部
三菱自動車岡崎硬式野球部
チーム名(通称) 三菱自動車岡崎、三菱岡崎、三菱自工岡崎
加盟団体 日本野球連盟
加盟区分 企業チーム
創部 1993年
チーム名の遍歴
  • 三菱自動車岡崎 (1993 - )
本拠地自治体
  • 愛知県岡崎市 (1993 - )
  • 練習グラウンド 三菱大府グランド(愛知県大府市
    監督 座喜味大河
    都市対抗野球大会
    出場回数 10回
    最近の出場 2017年
    最高成績 準優勝
    社会人野球日本選手権大会
    出場回数 7回
    最近の出場 2017年
    最高成績 4強
    全日本クラブ野球選手権大会
    出場回数 ※出場資格なし

    三菱自動車岡崎硬式野球部(みつびしじどうしゃおかざきこうしきやきゅうぶ)は、愛知県岡崎市に本拠地を置き、日本野球連盟に加盟する社会人野球の企業チームである。

    母体は、三菱自動車工業。合宿所・練習グラウンドは、愛知県大府市に所在し、グラウンドは三菱重工名古屋と同じ三菱大府グランドを使用している。

    概要[編集]

    1993年愛知県岡崎市にある三菱自動車工業の岡崎工場で『三菱自動車岡崎硬式野球部』として三菱重工名古屋から分離独立する形で創部。同年秋に三菱自動車の川崎京都水島の各野球部や休部した熊谷組スリーボンドから選手が移籍し、翌春の18名の新人を合わせ、1994年から都市対抗野球の予選に参戦した。

    1995年日本選手権に初出場を果たす。

    1998年都市対抗野球に初出場を果たし、2001年都市対抗野球では準優勝となった。

    2004年本社の不祥事に伴いシーズン途中で活動を休止した。岡崎工場の行く末も不透明な中、当時の堀井哲也監督及び13人の選手が移籍するなどチームの存続が危ぶまれたが、2005年シーズンから活動を再開し、同年は戦力面でのハンデを乗り越えて都市対抗野球に出場を決めた。

    2016年、本社の燃費データ改ざんに伴い、同年の都市対抗野球予選大会出場を辞退した。

    設立・沿革[編集]

    練習グラウンド[編集]

    大府グランドでの練習は三菱自動車岡崎は午前中、三菱重工名古屋が午後という場合が多い。

    主要大会の出場歴・最高成績[編集]

    主な出身プロ野球選手[編集]

    元プロ野球選手の競技者登録[編集]

    かつて在籍していた主な選手・コーチ・監督[編集]

    関連項目[編集]

    外部リンク[編集]