菊地正法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
菊地 正法
三菱重工名古屋 #19
CD-Masanori-Kikuchi20090905.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 静岡県富士市
生年月日 (1984-09-09) 1984年9月9日(32歳)
身長
体重
178 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2006年 大学生・社会人ドラフト4巡目
初出場 2007年8月8日
最終出場 2009年5月13日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

菊地 正法(きくち まさのり、1984年9月9日 - )は、静岡県富士市出身で、社会人野球三菱重工名古屋硬式野球部に所属する野球選手投手)。 

プロ野球選手であり、2007年から2009年まで中日ドラゴンズに所属していた。

来歴・人物[ソースを編集]

プロ入り前[ソースを編集]

静岡県立富士宮東高校在籍時からプロのスカウトに注目される存在だったが、ドラフトで指名されず、卒業後は三菱自動車岡崎に入社した。 しかし、在籍2年目の2004年本社不祥事発覚で三菱自動車岡崎が活動自粛を余儀なくされ、東邦ガスに移籍する。

東邦ガスでは早速エースとして活躍し、2005年都市対抗野球大会出場に大きく貢献した。2006年は都市対抗野球大会の自チームでの出場こそ逃したものの、トヨタ自動車の補強選手として出場、社会人野球日本選手権でもエースとしてチームの日本選手権初出場をもたらした。

同年のドラフト中日ドラゴンズから4位指名を受けて入団。80年近い歴史を持つ東邦ガス硬式野球部から誕生した初のプロ野球選手となった。

プロ入り後[ソースを編集]

プロ1年目の2007年は、8月に一軍登録され、7試合に登板し、防御率3.52の成績で終わった。

2008年1月に一般女性と入籍。しかし、シーズンでは一軍出場なしに終わった。オフにドミニカウィンターリーグに派遣され、「Tigres del Licey(リセイ・タイガース)」に所属した。しかし、わずか1試合の中継ぎ登板のみで他の参加者より一足早く帰国した。

2009年は、キャンプは二軍スタートで開幕もそのまま二軍で迎えた。4月21日に一軍に昇格したが結果を残せず、11月2日戦力外通告を受けた[1]

社会人野球復帰[ソースを編集]

中日から打撃投手への転向を打診されるものの、これを断って社会人野球三菱重工名古屋に入社した[2]

選手としての特徴[ソースを編集]

130km/h台後半~140km/h台前半の直球とスライダーカーブスクリューなどの変化球を投げ分け、打者を打ち取る技巧派左腕。

詳細情報[ソースを編集]

年度別投手成績[ソースを編集]





















































W
H
I
P
2007 中日 7 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 37 7.2 10 0 5 0 0 9 0 0 3 3 3.52 1.96
2009 6 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 25 6.0 6 0 2 0 0 6 0 0 3 3 4.50 1.33
通算:2年 13 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 62 13.2 16 0 7 0 0 15 0 0 6 6 3.95 1.68

記録[ソースを編集]

背番号[ソースを編集]

  • 47 (2007年 - 2009年)

脚注[ソースを編集]

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]