岩下修一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岩下 修一
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 静岡県浜松市天竜区
生年月日 (1973-06-02) 1973年6月2日(47歳)
身長
体重
177 cm
87 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1999年 ドラフト4位
初出場 2000年4月2日
最終出場 2006年8月5日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

岩下 修一(いわした しゅういち、1973年6月2日 - )は、静岡県出身[1]の元プロ野球選手投手)。左投左打。2006年のみ登録名を「岩下 修壱」(読みは同じ)とした。現在は北海道日本ハムファイターズ打撃投手

現役中に難病である白血病を克服したことでも知られている[1]

経歴[編集]

浜松工高では2年秋の東海大会でイチロー擁する愛工大名電に敗れる[2]三菱重工自工名古屋、分離した三菱自動車岡崎では補強3回を含めて4度都市対抗野球に出場[3]1999年秋のドラフト会議でオリックス・ブルーウェーブから4位指名を受け入団[1]。この年、三菱自動車岡崎の同僚・山口和男が同じくオリックスに1位で指名された。 2000年、キャンプ・オープン戦と結果を残し開幕一軍に抜擢され、変則フォームから繰り出すストレートとスライダーを武器に左腕ではチームトップの登板数を記録した。

2001年7月、急性骨髄性白血病にかかり入院[1]

2002年、開幕戦で復帰登板[1]

2004年末の球団合併・分配ドラフトを経て、2005年はオリックス・バファローズと契約。同年オフ、戦力外通告を受けオリックスを退団。

2006年北海道日本ハムファイターズにテスト入団。登録名を岩下修壱に変更。しかし3試合の登板にとどまり、1年で再び戦力外通告を受け打撃投手に転向した。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2000 オリックス 44 0 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 134 30.1 19 1 25 2 2 31 2 0 15 13 3.86 1.45
2001 3 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 4 1.2 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0.00 0.00
2002 18 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 48 9.2 13 3 6 0 0 12 0 0 9 9 8.38 1.97
2003 20 0 0 0 0 2 0 0 -- 1.000 63 12.2 13 1 8 1 1 7 1 0 11 7 4.97 1.66
2004 9 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 25 5.1 8 1 3 0 0 4 0 0 3 3 5.06 2.06
2005 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 1 0.0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ----
2006 日本ハム 3 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 13 3.1 0 0 3 0 1 1 0 0 0 0 0.00 0.90
通算:7年 98 0 0 0 0 3 0 0 0 1.000 288 63.0 54 6 45 3 4 56 3 0 38 32 4.57 1.57

記録[編集]

背番号[編集]

  • 26 (2000年 - 2005年)
  • 69 (2006年)

登録名[編集]

  • 岩下 修一 (いわした しゅういち、2000年 - 2005年)
  • 岩下 修壱 (いわした しゅういち、2006年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、70ページ
  2. ^ 2000プロ野球プレイヤーズ名鑑 スポーツニッポン新聞社
  3. ^ - 都市対抗野球大会80年史

関連項目[編集]

外部リンク[編集]