谷佳知

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
谷 佳知
Taniyoshitomo bs 20150505.JPG
2015年5月5日 神戸第二サブ球場で撮影。
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府東大阪市
生年月日 1973年2月9日(43歳)
身長
体重
173 cm
77 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手一塁手
プロ入り 1996年 ドラフト2位
初出場 1997年5月11日
最終出場 2015年10月3日
年俸 2,250万円(2015年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム 日本の旗 日本
五輪 1996年2004年
オリンピック
男子 野球
1996 野球
2004 野球

谷 佳知(たに よしとも、1973年2月9日 - )は、元プロ野球選手外野手内野手)。大阪府東大阪市出身。

妻は参議院議員で、シドニー(2000年)アテネ(2004年)オリンピックで金メダルを獲得した元・柔道競技者の谷亮子

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

高校は香川県尽誠学園高等学校に野球留学。2年生時に一学年上の宮地克彦と共に第71回全国高等学校野球選手権大会に出場し、1番右翼手として本塁打を放つなどチームのベスト4進出に貢献した[1]。卒業後は大阪商業大学に進学。関西六大学リーグ通算83試合出場、282打数104安打、打率.369、7本塁打、44打点。3年秋に打率.565、26安打のリーグ新記録を樹立し関西六大学リーグ三冠王になり最優秀選手に選ばれた。ベストナイン3度受賞。三菱自動車岡崎では1995年第66回都市対抗野球大会で若獅子賞を受賞、同年のオリンピック予選でMVPを獲得。翌1996年アトランタオリンピック野球日本代表に選ばれ銀メダル。

同年のドラフト会議オリックス・ブルーウェーブから2位指名を受けて入団。背番号は10に決まった。

オリックス時代(前期)[編集]

1997年は、開幕一軍入りこそ果たせなかったもののシーズン序盤に登録され、5月11日の対近鉄バファローズ戦で8番・中堅手としてスタメン起用されプロ入り初出場を果たす。5月25日の対千葉ロッテマリーンズ戦でプロ初ヒットを、8月1日の対近鉄戦でプロ初本塁打を記録した。規定打席到達はならなかったが、ルーキーながらシーズンを通して101試合に出場した。翌1998年には132試合に出場し、規定打席にも到達。打率.284、10本塁打を記録し、プロ2年目ながらセンターのレギュラーを勝ち取った。

1999年には134試合に出場、リーグ5位となる打率.291を記録するなどし、初のベストナインにも選出された。また、前年1盗塁ながら同年は24盗塁を記録。盗塁死はわずか2で高い成功率を収めた。この年は一塁手として出場することも多かった。2000年には134試合に出場、打率、本塁打ともに前年より成績を落とすが、自己最多の73打点を記録。前年より成功率は下げたが23盗塁を記録した。前年に引き続き、度々一塁手として起用された。2001年には136試合に出場、プロ入り初の打率3割(.325、リーグ5位)を記録し、打点、本塁打、盗塁、いずれも自己最高を記録した。また、シーズンを通して52本の二塁打を放ち、日本記録を樹立。初のゴールデングラブ賞を受賞した。2002年には138試合に出場、1998年からのレギュラー定着後以降最少の5本塁打に終わったが、前年を上回る打率.326(リーグ4位)を記録。自己最多の41盗塁を記録し、松井稼頭央との競り合いを制し、初の盗塁王を獲得[2]。盗塁成功率も盗塁王では2015年シーズン終了時点で歴代1位の.911を記録した[3]

2003年シドニー五輪柔道金メダリスト田村亮子と結婚。シーズンでは137試合に出場し、9月には自身初の月間MVPを受賞した。また、シーズンを通して189安打を放ち最多安打のタイトルを獲得し、パ・リーグの右打者としての安打数記録を更新。リーグ2位となる打率.350を記録し、本塁打も自己最多の21本を放つ好成績を上げる。センターの守備では、自己最多補殺と二桁失策を同時に記録した。

2004年中堅手のポジションを福岡ダイエーホークスからFA移籍してきた村松有人に譲り、守備負担の少ない左翼手で安定した成績を残す。アテネオリンピック野球日本代表に選ばれ、銅メダルを獲得するも、最後の打者となった準決勝戦で一塁に駆け抜けた際に転倒し右足を負傷してしまう。残りシーズンはほとんど試合に出場できなかったが、規定打席には到達。4年連続で打率3割を達成する。2004年末の分配ドラフトを経てオリックス・バファローズへ。

2005年には打順は主に1番と3番、守備位置はセンターで起用される。しかし腰の怪我の影響もあり、規定打席には到達したものの111試合の出場にとどまり、打率は.248で2000年以来5年ぶりに3割に届かず、盗塁においても盗塁数より盗塁死のほうが上回ってしまった。12月31日には長男が誕生。2006年には肘の故障などもあり、規定打席には到達したものの118試合の出場にとどまり、打率.267、6本塁打、30打点と2年連続で不本意な成績に終わった。とくに打点、盗塁はプロ入り最少であった。同年11月7日鴨志田貴司長田昌浩との交換トレード読売ジャイアンツへ移籍。背番号は仁志敏久が着用していた8に決まった。推定年俸は前年の2億8000万円から1億5000万円へ。1億3000万円の大幅ダウンとなった。

巨人時代[編集]

2007年は開幕から不動の2番・左翼手として活躍。自己最多の141試合に出場し、シーズンを通して高打率を維持してリーグ3位、チームトップの打率.318をマークし、自身3年ぶりの打率3割、3年ぶりの二桁本塁打(10本)を記録。得点圏打率は3割7分を超えた。盗塁も二桁にのせるなど過去2年の不振から完全に復活した。9月1日の対横浜ベイスターズ19回戦(横浜スタジアム)で7回表二死満塁の場面で、遊ゴロを放った際、一塁アウトの判定に激怒。一塁塁審有隅昭二の胸を突き飛ばし、人生初の退場処分を受けた。この年の契約更改ではチーム最高打率を残した活躍を評価され、1億1000万円アップに加え2年の複数年契約が提示されるも、FA権を行使せず2億6000万円の1年契約でサイン。シーズン終了後に肘の遊離軟骨除去手術を受けた。

2008年東京ヤクルトスワローズから左翼手のアレックス・ラミレスが加入したため、中堅手へ再コンバートされる。守備の負担が多くなったためか打撃不振に陥り、オープン戦から打撃好調の亀井義行らにレギュラーを奪われるものの、代打で起用されるうちに徐々に本来の打撃を取り戻した。高橋由伸や亀井の怪我による離脱後はスタメンに復帰し、安定した成績を残している。終盤は亀井と右翼手で併用されることが多かった。6月3日の対オリックス戦の9回表に加藤大輔から本塁打を放った事で、13球団から本塁打の記録を達成した。

2009年、前年終盤に続いて右翼手での起用が主となる。開幕当初は相手投手の左右によって左打者の亀井と併用されていたが、シーズン中盤に正一塁手だった李承燁の打撃不振に伴い亀井が一塁手にコンバートされ、谷の出場機会も増加。6番・右翼手(交流戦などでは、左翼を守るラミレスが指名打者に入るため、谷が左翼の守備に就く)に定着するとともに打撃の調子も上げ、8月は月間打率.375、9月は.456と打ちまくり、優勝に向けたラストスパートに貢献した。亀井や松本哲也ら若手外野手が台頭したため、出場試合数こそ巨人移籍後最少だったが、打率は.331の高水準をマークし、得点圏打率は4割に達した。10月24日に行われた中日とのクライマックスシリーズ2ndステージ第4戦では、中田賢一からプロ入り初となる満塁本塁打を放った。

2010年、高橋由伸の復帰や新人長野久義が加入し外野手ポジション争いが激戦となる。出場機会を求め春季キャンプから、外野と並行して一塁手の守備練習にも取り組んだ。5月9日の横浜ベイスターズ主催試合(ハードオフ新潟)にて6番ファーストでスタメン出場、約10年ぶりの一塁手での公式戦出場だった。だが谷自身「ブランクの長さ」を理由に、一塁守備に不安を覗かせていた(月刊ジャイアンツ2010年7月号より)。4月24日木村拓也の追悼試合では8回裏に代打で登場し(木村の急死については木村拓也参照)、レギュラーシーズン初となる満塁本塁打を高橋建から放った。その後のヒーローインタビューでは涙ながらに木村拓也への思いを語った。しかし以降は調子が上がらず、結果的に84試合出場とプロ入り後最少の出場に留まり、去年高い数字を残した打率は.238、得点圏打率は.176と移籍後最低の成績に終わった。

2011年、前年と変わらない激しい外野手ポジション争いだったこともあり、代打での起用が多くなる。幾多の場面で出場を重ねるも、打率は安定せず9月28日に登録抹消となる。10月8日に再び出場登録されてからはヒットを重ね、最終的には打率を.274にまで上げるも、プロ入り初となるシーズン0本塁打に終わった。2012年はオープン戦で矢野謙次がフェンスにぶつかって負傷したことや、新外国人のジョン・ボウカーや松本の前年度から続く不振により、序盤は2番で起用されるなどスタメン出場の機会も多く、5月10日の対横浜DeNAベイスターズ戦では二年ぶりに本塁打も放った。しかし、松本の復調や矢野の復帰、西武から移籍してきた石井義人が代打の切り札として起用されこの年驚異的な打率を残すと、出番は次第に少なくなっていった。それでも9月4日の阪神戦で代打で出場して勝ち越しタイムリーを放つなど、随所で活躍を見せた。最終的には打率以外は前年の成績を上回る活躍を見せ、チームの3年ぶりのリーグ優勝に貢献した。クライマックスシリーズと日本シリーズでは、代打で出場した。12月3日に契約更改が行われ、現状維持の8000万で契約更新した。2013年はキャンプ、シーズン共に二軍スタートとなり、二軍で一時期は4割を超える驚異的な打率を残していたが、腰痛もあって昇格は遅れていた。6月下旬に昇格し、6月30日の対ヤクルト戦でシーズン初安打、初打点を記録した。しかし、その後は二軍に降格し、それ以降は昇格がないままレギュラーシーズンを終えた。リーグ戦終了に一軍に合流した。クライマックスシリーズではベンチ入りはしていたが出番はなかったが、日本シリーズでは代打で出場した。日本シリーズ終了の翌日の11月4日に球団から戦力外通告を受ける[4]。同年12月10日、オリックス・バファローズが谷の獲得を発表した。背番号は前回在籍時と同じ10に決まった。2006年のシーズン終了後に巨人へ移籍してから8年ぶりの復帰になる[5]

オリックス時代(後期)[編集]

2014年は、3月28日の対北海道日本ハムファイターズ戦の開幕戦において(5番・左翼手)として先発出場し、巨人時代の2008年以来6年ぶりの開幕スタメン出場を果たした。3月30日の対日本ハム戦で、4回表に武田勝から、左線二塁打を放ち移籍後初安打を記録した。しかしその後打撃不振から4月20日に出場選手登録を抹消[6]され、そのまま最後まで昇格はないままシーズンを終えた。チームは6年ぶりに2位と躍進したものの、最終的に9試合の出場でわずか2安打に終わり、打点を記録することはできないなどオリックス復帰1年目は不本意な成績で終えた。

2015年9月16日京セラドーム大阪で会見を開き、今季限りでの現役引退を発表した[7][8]10月3日に、京セラドーム大阪で行われた引退試合(対ソフトバンク戦)で、7回1死1塁で代打で登場。武田翔太が投げた初球を打ち、現役最終打席を通算1928本目の安打(日本プロ野球名球会への入会基準である通算2000本安打まで残り72)で締めくくった[9]。12月2日付で、日本野球機構(NPB)から自由契約選手として公示された[10]

現役引退後[編集]

2016年からは、NHK野球解説者や、デイリースポーツ野球評論家として活動する。

選手としての特徴[編集]

打撃[編集]

早いカウントから打ちにいく積極性を持ちながら、追い込まれた後でもミートできるバットコントロールを持ち味とし[11][12]、三振が少ない[13]。2003年には2ストライク後打率.351を記録[14]。カウントによっては狙い打ってスタンドまで運ぶ長打力も兼ね備え[15]、得点機にも強く[16]巨人移籍後2010年までの通算得点圏打率.332を誇る。

巧みなバットコントロールで球種に関わらず打球を広角に打ち分ける技術を持ち[17][18]、特に右方向へ流し打つ技術は球界屈指と言われる[19][20][21]。内角球への対応にも優れ[22]、左足に軸足を置いた最初から外側を向いている体勢で打席に立ち、右足を引くような独特のフォームで内角球に対応する[23][24]

守備・走塁[編集]

外野守備では俊足を生かした広い守備範囲と強肩を誇り[25][26]、2001年から2004年にかけて4年連続でゴールデングラブ賞を獲得する活躍を見せるなど、オリックス時代にはイチロー田口壮とともに鉄壁の外野陣を形成していた[27]。巨人移籍後以降は年齢や腰の持病もあって代打または左翼手での起用が主となり、交流戦においてはDHでの出場も多かった。

右打者ながら一塁到達3.9秒台を記録する俊足を生かした内野安打も多い[28][26][27]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1997 オリックス 101 341 309 36 84 21 4 1 116 33 5 4 4 2 25 0 1 45 5 .272 .326 .375 .702
1998 132 532 476 59 135 19 1 10 186 45 1 3 7 5 41 0 3 36 11 .284 .341 .391 .732
1999 134 594 532 81 155 17 4 11 213 62 24 2 8 4 48 4 2 40 13 .291 .350 .400 .750
2000 134 584 529 78 150 26 3 9 209 73 23 9 1 7 43 0 4 71 14 .284 .338 .395 .733
2001 136 619 547 99 178 52 3 13 275 79 27 7 1 3 65 2 3 49 15 .325 .398 .503 .901
2002 138 579 524 49 171 31 1 5 219 39 41 4 0 4 47 4 4 44 12 .326 .383 .418 .801
2003 137 606 540 86 189 37 1 21 291 92 9 2 0 7 58 3 1 41 18 .350 .409 .539 .948
2004 96 431 378 58 120 27 1 15 194 63 10 4 2 5 44 3 2 42 11 .317 .387 .513 .900
2005 111 461 435 41 108 18 1 6 146 36 3 4 0 0 24 0 2 48 11 .248 .291 .336 .626
2006 118 469 434 45 116 16 0 6 150 30 1 2 0 3 30 1 2 41 15 .267 .316 .346 .661
2007 巨人 141 595 541 63 172 31 0 10 233 53 10 2 20 1 30 0 3 48 10 .318 .357 .431 .787
2008 120 373 349 33 103 17 0 10 150 45 5 1 6 0 17 0 1 43 6 .295 .330 .430 .759
2009 101 316 287 35 95 23 1 11 153 48 3 1 3 1 22 1 3 44 4 .331 .383 .533 .916
2010 84 195 176 16 42 6 0 2 54 10 2 3 4 1 13 1 1 32 4 .239 .293 .307 .600
2011 83 142 135 9 37 4 1 0 43 7 2 1 1 2 4 0 0 30 3 .274 .291 .319 .610
2012 89 255 229 19 59 5 0 3 73 22 1 2 11 1 14 2 0 48 5 .258 .299 .319 .618
2013 13 31 28 2 7 2 0 0 9 1 0 0 1 0 2 0 0 4 2 .250 .300 .321 .621
2014 オリックス 9 20 16 1 2 2 0 0 4 0 0 0 0 0 3 0 1 5 0 .125 .250 .300 .550
2015 11 32 27 5 5 1 0 0 6 3 0 0 0 0 4 0 1 2 0 .185 .313 .222 .535
NPB:19年 1888 7175 6492 815 1928 355 21 133 2724 741 167 51 69 46 534 20 34 713 159 .297 .351 .420 .773
  • 各年度の太字はリーグ最高、赤太字はNPBにおける歴代最高

年度別守備成績[編集]


一塁 外野
試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率
1997 - 96 167 3 3 2 .983
1998 - 127 248 5 3 2 .988
1999 51 265 12 0 23 1.000 120 194 3 5 0 .975
2000 26 144 15 3 12 .981 123 241 4 0 0 1.000
2001 - 136 255 3 3 0 .989
2002 - 123 250 2 0 0 1.000
2003 - 121 274 4 11 0 .962
2004 - 88 167 9 2 1 .989
2005 - 82 126 2 2 0 .985
2006 - 97 137 3 1 0 .993
2007 - 139 171 2 1 0 .994
2008 - 109 154 6 2 1 .988
2009 - 85 98 5 3 0 .972
2010 3 9 1 0 2 1.000 49 56 3 1 0 .983
2011 2 4 0 0 0 1.000 43 36 3 2 0 .951
2012 - 66 66 5 3 0 .959
2013 - 10 7 0 1 0 .875
2014 - 5 9 0 0 0 1.000
2015 - 8 8 0 0 0 1.000
通算 82 422 28 3 37 .993 1627 2664 62 43 6 .984

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録
その他の記録
大阪近鉄バファローズを含むセ・パ13球団から本塁打は、史上4人目

背番号[編集]

  • 10 (1997年 - 2006年、2014年 - 2015年)
  • 8 (2007年 - 2013年)

脚注[編集]

  1. ^ 『日本プロ野球偉人伝 vol.14 2000→2005編』 ベースボール・マガジン社、2014年、71頁。ISBN 978-4-583-62118-0
  2. ^ 谷佳知を自然と変えた「夜中の素振り」 緊張を楽しめた現役生活を振り返る スポーツナビ(週刊ベースボールONLINE)(2015年11月14日) 2015年12月4日閲覧
  3. ^ 来季40盗塁も十分視野に。歴代トップクラス、東京ヤクルト・山田哲人の盗塁成功率 ベースボールチャンネル(2015年11月29日) 2015年12月4日閲覧
  4. ^ 谷選手ら支配下選手の来季契約について巨人球団公式サイト2013年11月4日配信
  5. ^ 【オリックス】谷の復帰を発表日刊スポーツ2013年12月10日配信
  6. ^ オリックス谷、不振で登録抹消 今季16打数2安打 - スポーツニッポン
  7. ^ 谷佳知選手引退会見”. オリックス・バファローズ オフィシャルサイト (2015年9月16日). 2015年9月16日閲覧。
  8. ^ 谷佳知選手が引退会見 今後は「指導者として選手を育てたい」”. ORICON (2015年9月16日). 2015年9月16日閲覧。
  9. ^ 亮子夫人「感動をありがとう」 オリ谷 1928本目の安打で別れ - スポーツニッポン(2015年10月4日 05:30配信)
  10. ^ 2015年度 自由契約選手 - 2015年12月2日閲覧
  11. ^ 『野球小僧 世界野球選手名鑑2003』 白夜書房、2003年、130頁。ISBN 4-89367-854-X
  12. ^ 『野球小僧 世界野球選手名鑑2009』 白夜書房、2009年、89頁。ISBN 978-4-86191-508-6
  13. ^ 『野球小僧 世界野球選手名鑑2007』 白夜書房、2007年、116頁。ISBN 978-4-86191-246-7
  14. ^ 『野球小僧 世界野球選手名鑑2004』 白夜書房、2004年、70頁。ISBN 4-89367-928-7
  15. ^ 小関順二、西尾典文、泉直樹 『プロ野球スカウティングレポート2010』 アスペクトムック、2010年、40頁。ISBN 978-4-7572-1744-7
  16. ^ 吉田健城 『MASADA スーパースカウティングレポート'02-'03』 ザ・マサダ、2002年、280頁。ISBN 4-88397-011-6
  17. ^ 二宮清純、江川卓 『江川卓 スカウティングレポート2000』 ザ・マサダ、2000年、269頁。ISBN 4-88397-011-6
  18. ^ 『野球小僧 世界野球選手名鑑2010』 白夜書房、2010年、24頁。ISBN 978-4-86191-595-6
  19. ^ 小関順二、西尾典文、泉直樹 『プロ野球スカウティングレポート2007』 アスペクト、2007年、362頁。ISBN 978-4-7572-1338-8
  20. ^ 小関順二、西尾典文、泉直樹 『プロ野球スカウティングレポート2008』 アスペクト、2008年、42頁。ISBN 978-4-7572-1439-2
  21. ^ 『野球小僧 世界野球選手名鑑2006』 白夜書房、2006年、50頁。ISBN 4-86191-134-6
  22. ^ 『野球小僧 世界野球選手名鑑2008』 白夜書房、2008年、25頁。ISBN 978-4-86191-374-7
  23. ^ 小関順二、西尾典文、泉直樹 『プロ野球スカウティングレポート2009』 アスペクト、2009年、270頁。ISBN 978-4-7572-1628-0
  24. ^ 『野球小僧 世界野球選手名鑑2005』 白夜書房、2005年、61頁。ISBN 4-86191-015-3
  25. ^ 二宮清純、江川卓 『江川卓 スカウティングレポート'99』 ザ・マサダ、1999年、273頁。ISBN 4-915977-84-6
  26. ^ a b 小関順二、泉直樹、荒井太郎 『プロ野球スカウティングレポート2006』 アスペクト、2006年、120-121頁。ISBN 978-4-7572-1246-6
  27. ^ a b 二宮清純、江川卓 『江川卓 スカウティングレポート'98』 ザ・マサダ、1998年、260頁。ISBN 4-915977-57-9
  28. ^ 二宮清純、江川卓 『江川卓 スカウティングレポート2000』 ザ・マサダ、2000年、297頁。ISBN 4-88397-011-6
  29. ^ 過去20年で最高の外野手は誰だ?~記録で見る真実の「守備力」~プロ野球 - Number Web - ナンバー、2016年3月17日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]