大橋晋也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大橋 晋也
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 山口県
生年月日 (1973-07-21) 1973年7月21日(44歳)
身長
体重
175 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 捕手一塁手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム 日本の旗 日本

大橋 晋也(おおはし しんや、1973年7月21日 - )は、山口県出身の元社会人野球の選手(内野手)。

来歴・人物[編集]

山口県立岩国商業高等学校を卒業後、駒澤大学に進む。2年の春には捕手のレギュラーとなり[1]リーグ戦に出場。3年時は浜岡武明が捕手となり一塁手を務め、春季リーグ戦で初のベストナインに選ばれる活躍で優勝に貢献した[2]。同年の大学選手権では4試合で5打点を挙げ、日米大学野球の日本代表にも選出されている[3]。4年になると再び捕手を務め[4]、春はリーグ8位の打率.340を記録し指名打者としてベストナインに選ばれた[5]。同年はユニバーシアード福岡大会の日本代表に入っている。

卒業後は社会人野球トヨタ自動車への入社が内定していた[6]が、1995年のドラフト会議ロッテが8位で強行指名した。11月28日に挨拶を受けたもののトヨタ入りの意思は固く、12月12日にロッテが獲得断念を発表している[7]1997年にはアジア選手権の日本代表に選ばれるなど活躍し、2004年に現役を引退した。

脚注[編集]

  1. ^ 朝日新聞、1993年4月6日付朝刊、P.21
  2. ^ 朝日新聞、1994年5月27日付朝刊、P.23
  3. ^ 朝日新聞、1994年6月22日付朝刊、P.23
  4. ^ 朝日新聞、1995年3月31日付朝刊、P.27
  5. ^ 朝日新聞、1995年5月26日付朝刊、P.25
  6. ^ 読売新聞、1995年12月13日付朝刊、P.23
  7. ^ 朝日新聞、1995年12月13日付朝刊、P.29

関連項目[編集]