大田垣耕造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
大田垣 耕造
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 日本の旗広島県尾道市
生年月日 (1949-11-08) 1949年11月8日(68歳)
選手情報
ポジション 投手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • 東芝

大田垣 耕造(おおたがき こうぞう、1949年11月8日 - )は、アマチュア野球指導者。元東芝硬式野球部監督。シドニーオリンピック野球日本代表監督。広島県尾道市出身。

来歴・人物[編集]

高校時代[編集]

尾道商ではエースとして、1966年の秋季中国大会決勝で倉敷工を降し優勝。翌1967年春の選抜に出場。1回戦で三田学園吉岡邦広投手と投げ合い、乱打戦の末6-10で敗退[1]。同年夏は県予選準決勝に進出するが、広陵の宇根洋介投手(近大電電中国)に抑えられ1-2で惜敗。広陵は甲子園で準優勝[2]。1学年下のチームメートに控え投手の井上幸信がいた。

広島商三村敏之、北川工(現府中東)・伊原春樹、福山電波工(現近大福山)・浅野啓司らは1学年上で、広島商・山本和行、福山電波工・村田兆治らが同期。

大学・社会人野球[編集]

高校卒業後は青山学院大学へ進学。東都大学リーグでは、エースとして二部リーグで2度優勝するが、入替戦で2回とも東洋大に敗れ、一部昇格はならなかった。二部リーグ通算68試合に登板。卒業後は社会人野球東芝入り。1974年都市対抗では2勝をあげ準決勝に進出するが、新日鐵八幡に敗退。1978年都市対抗野球ではエースを黒紙義弘崇徳亜大)に譲るが、準決勝で熊谷組に完投勝ち。決勝は黒紙が日本鋼管木田勇投手に投げ勝ち、チームは初優勝する。翌1979年現役を引退。

1981年からコーチ、助監督を経て1988年監督に就任すると、同年の都市対抗でチームを優勝に導き、日本選手権でも初優勝、二冠を達成する。さらに1991年にも杉山賢人丹波健二らを擁し都市対抗で優勝、1992年の日本選手権も制し東芝黄金時代を築いた。米国の野球技術書を選手に輪読させるなどで守りの野球を標榜、また勝負の流れを読む術に優れたアマ球界随一の知将と評された。

日本代表監督[編集]

こうした手腕を買われ1993年野球全日本代表コーチに就任し1996年アトランタオリンピックでの銀メダル獲得に貢献。翌1997年、全日本代表監督に就任。上原浩治高橋由伸福留孝介らを擁した第9回IBAFインターコンチネンタルカップではキューバを国際大会151連勝で止め世界一に導いた。

1998年、四カ国国際大会、ハーレム大会IBAF世界選手権バンコクアジア大会でも指揮を執り1999年、初のプロ・アマ混成チームの監督に就任。

2000年シドニーオリンピック本戦でも指揮を執った。

現在も全日本アマチュア野球連盟の役員などで活躍している。

脚注[編集]

  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年

関連項目[編集]