松本哲也 (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
松本 哲也
読売ジャイアンツ #31
Giants matsumoto.JPG
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 山梨県山梨市
生年月日 (1984-07-03) 1984年7月3日(32歳)
身長
体重
168 cm
66 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 2006年 育成選手ドラフト3巡目
初出場 2008年5月31日
年俸 2,400万円(2017年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

松本 哲也(まつもと てつや、1984年7月3日 - )は、読売ジャイアンツに所属するプロ野球選手外野手)。

来歴・人物[編集]

プロ入り前[編集]

1984年、山梨県生まれ。父親が社会人ラグビー選手、叔父の松本純也がラグビー日本代表スクラムハーフ)だった影響で、中学時代は野球部とラグビー部を掛け持ちしていた。しかし体の小ささに悩んだ結果、ラグビーを諦めて高校から本格的に野球を始める。

山梨学院大学附属高等学校時代には1年夏に全国高等学校野球選手権大会に出場。高校の2年先輩に玉山健太、1年先輩に大島崇行、1年後輩に明石健志内村賢介がいた。

東都大学野球専修大学へ進学。4年時には主将を務め、東都大学野球連盟で9季ぶりの1部復帰に貢献した[2]。同期に長谷川勇也、宮田慧(BREATHE)、1年後輩に後にプロでもチームメートになる土本恭平がいた。2006年ドラフト会議読売ジャイアンツから育成ドラフト3位指名を受け入団。

プロ入り後[編集]

2007年の春季キャンプで[3]、巨人の育成選手から初めて支配下登録される。背番号は「47」。オープン戦には一軍メンバーとして帯同したが、公式戦では一軍出場無し。

背番号64時代(2009年9月16日、東京ドーム)

2008年から山口鉄也が背番号を「47」に変更するのに伴い、自身の背番号を「64」に変更。5月28日の対楽天戦で一軍初出場。5月31日ソフトバンク戦でプロ初先発出場したが、初打席で一塁を駆け抜けた際に右くるぶしを剥離骨折[4]。実戦復帰は2ヵ月を要し、その後の昇格はなかった。イースタンリーグでは打率.276、チームトップの10盗塁を記録した。

2009年第2回WBCが開催され、派遣されていた亀井義行の代わりにオープン戦などでレギュラー出場を多く獲得。3月1日に行われた日本代表との強化試合でもセンターで出場し、イチローのヒット性の当たりをダイビングキャッチする[5]。結果、初の開幕1軍入りを果たし[6]4月5日広島戦でプロ初安打[7]5月6日横浜戦では初めて2番打者で先発出場し、トム・マストニーから三塁打を放ってプロ初打点を記録した。規定打席にはわずかに届かなかったが[8]、チーム最多の27犠打を記録。[9]、育成枠出身選手初となるゴールデングラブ賞、育成枠出身の野手初の新人王を受賞した。[10]。本塁打0本で新人王に選ばれた野手は、久慈照嘉以来、史上2人目。オフには前年比で5倍となる年俸3000万(推定)で契約更改した[11]

2010年は背番号を「31」に変更。開幕戦に2番・中堅手でスタメン出場。4割を超える打率で首位打者を走っていたが、4月25日広島戦で左太腿裏の筋膜炎を発症し登録抹消[12]。約2ヶ月後の7月2日阪神戦で戦列復帰した[13]オールスターゲームにファン投票で選出され、育成出身野手として初出場。第2戦で育成出身選手初安打を放った。しかし、クライマックスシリーズではスタメンを外れた。

前年怪我をしたこともあって、2011年は背番号を「32」に変更[14]。春季キャンプでは一軍に入ったものの[15]、開幕一軍を逃す。6月3日に一軍昇格するが、出場は20試合にとどまり19打数1安打で打率.053。2軍でも打率2割1分台であった。オフに結婚を発表[16]

2012年から背番号を「31」に戻す。代名詞となっていた天秤打法を捨て、すり足打法へ打撃フォーム改造[17]7月13日にシーズン二度目の一軍昇格。8月2日の中日戦から「2番・中堅」に座ると、同月8日の阪神戦で決勝打とファインプレーを見せた。[18]。ヒーローインタビューでは家族への感謝を述べた[19]。スタメンを確保するには至らなかったが、7月以降は打率.278、出塁率.338の成績を残した。日本シリーズでは、第3戦で猛打賞、盗塁、ファインプレーと活躍[20]。また、シリーズタイ記録となる6犠打(失敗なし)を決めた[21]

2013年は開幕戦に「2番・中堅」で先発出場。4月7日の中日戦で試合を締める好守をみせるなど72年ぶりの開幕7連勝に貢献[22]。しかし、6月に入るとスタメンから外され、橋本到の台頭もあって3度の二軍落ち。持ち味の守備走塁をいかして91試合に出場したものの、シーズン打率.237、日本シリーズでは2割を切り打撃が不振だった[23]

2014年10月21日に、「日本プロ野球80周年記念試合」の阪神・巨人連合チームに選出された事が発表された[24]

選手としての特徴[編集]

2012年シーズン序盤まで右手と左手を離して構える天秤打法を採用していた[25]。専修大学野球部監督の江崎久は「大学時代は普通に構えて打っていた。ギリギリで巨人に取ってもらって、必死にプロのレベルに対応しようとする中で生まれた打法でしょう」と語っている[26]。長打はないがセンターに返す打撃を基本とし[27]、2009年から2010年までの通算対右打率.289に対し対左打率.293と左右の違いも苦にしない。一方で犠打の確実性を課題としている[28]

走塁面では一塁到達3.85秒の俊足を備え[29]、2009年には盗塁成功率が64%と低かったが、翌2010年には81%と成功率が上昇。通算では約75%を記録している。守備では2010年に中堅守備でUZR4.9を記録した広い守備範囲を誇る[30]。ダイビングキャッチやフェンスにぶつかりながらの捕球を積極的に試みるなど、怪我も恐れぬ積極的なプレーが持ち味。

同じ松本姓で、同じく俊足の外野手であった松本匡史の異名に引っかけて「青い稲妻二世」と呼ばれることもあり、松本哲也自身も青いバッティンググローブを愛用している。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2008 巨人 3 1 1 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
2009 129 424 372 55 109 11 1 0 122 15 16 9 27 0 21 0 4 59 8 .293 .338 .328 .665
2010 94 350 317 49 91 13 2 0 108 22 17 4 12 0 17 0 4 56 4 .287 .331 .341 .672
2011 20 19 19 2 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 4 1 .053 .053 .053 .106
2012 83 229 198 29 51 7 2 0 62 11 12 2 12 2 17 0 0 34 4 .258 .313 .313 .626
2013 91 222 190 24 45 4 0 0 49 5 11 5 9 1 21 0 1 34 2 .237 .315 .258 .573
2014 75 90 80 14 22 1 0 0 23 3 3 1 4 0 4 0 2 12 0 .275 .326 .288 .614
2015 44 37 34 8 5 1 0 0 6 0 3 0 1 0 2 0 0 10 0 .147 .194 .176 .371
NPB:8年 539 1372 1211 181 324 37 5 0 371 56 63 21 65 3 82 0 11 209 19 .268 .319 .306 .626
  • 2015度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]


外野
試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率
2008 2 2 0 0 0 1.000
2009 122 182 6 2 1 .989
2010 91 149 5 1 0 .994
2011 11 5 0 0 0 1.000
2012 81 104 3 2 0 .982
2013 86 108 1 1 0 .991
2014 59 41 0 0 0 1.000
2015 36 18 1 1 0 .950
通算 488 609 16 7 1 .989
  • 2015年度シーズン終了時

表彰[編集]

記録[編集]

その他記録
  • 日本シリーズ最多犠打(6犠打):2012年(2012年現在)。6試合の日本シリーズではシリーズ最多。6試合以外でのものを含めると最多タイ(2006年の田中賢介以来4人目)
  • オールスターゲーム出場:1回(2010年)

背番号[編集]

  • 105 (2007年 - 2007年2月24日)
  • 47 (2007年2月25日 - 同年終了)
  • 64 (2008年 - 2009年)
  • 31 (2010年、2012年 - )
  • 32 (2011年)

登場曲[編集]

▪ゆず「かける」 (2016年‐)

代表歴[編集]

関連情報[編集]

テレビ出演[編集]

  • アスリート頂上決戦 - 2013年1月1日TBS

CM[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 巨人 - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2016年12月2日閲覧。
  2. ^ 2006年度ニュース一覧 | 専修大学
  3. ^ 読売巨人軍・清武代表に聞く 「人材育成の新戦略、成功までの舞台裏」(4/5) Number Web 2009年11月16日
  4. ^ 【巨人】初スタメン松本右足くるぶし骨折 nikkansports.com 2008年5月31日
  5. ^ イチロー、松本に“恨み節”「捕らないでよね」 スポニチ Sponichi Annex 2009年12月18日
  6. ^ 巨人の育成出身松本が開幕1軍入り nikkansports.com 2009年4月1日
  7. ^ 【巨人】松本が初安打「ボールは両親に」 nikkansports.com 2009年4月5日
  8. ^ 【巨人】新人王の松本も定位置に危機感 nikkansports.com 2010年1月30日
  9. ^ 巨人・松本哲也の辞書に「慢心」の二文字は無い。~'09年の新人王は向上心の塊~ Number Web 2010年1月15日
  10. ^ 今年は巨人松本だ!育成が2年連続新人王 nikkansports.com 2009年11月19日
  11. ^ 巨人松本、年俸240万円が月給250万円 nikkansports.com 2009年12月2日
  12. ^ 首位打者の巨人松本が筋膜炎で抹消へ nikkansports.com 2010年4月26日
  13. ^ 【巨人】松本1軍復帰「歓声うれしい」 nikkansports.com 2010年7月3日
  14. ^ 巨人・松本が新背番号で心機一転だ デイリースポーツオンライン 2010年12月18日
  15. ^ 【巨人】沢村も須永も キャンプ1軍発表 nikkansports.com 2011年1月19日
  16. ^ 巨人松本も結婚!28歳菅野美穂似美女 nikkansports.com 2011年11月25日
  17. ^ “平成の青い稲妻”松本哲 涙のお立ち台!V打&美技 Sponichi Annex 2012年8月9日
  18. ^ 松本哲、泣けた!不動の2番だ、鉄壁守備&V二塁打! スポーツ報知 2012年8月9日
  19. ^ 巨人・松本哲、涙のV打「家族に支えられた」 sanspo.com 2012年8月8日
  20. ^ 【巨人】松本哲打って!守って!走って! 日刊スポーツ 2012年10月31日
  21. ^ 絶対に失敗しない男・松本哲也。日本シリーズで見せた小兵の意地。(1/3) Number Web 2012年11月7日
  22. ^ 【巨人】松本哲が超スーパーキャッチ 日刊スポーツ 2013年4月7日
  23. ^ 松本哲、定位置取りへ早くも始動!「打撃を何とかしないと」 2013年11月7日 スポーツ報知
  24. ^ 2014 SUZUKI 日米野球シリーズ 阪神・巨人連合チーム出場選手発表 阪神タイガース公式サイト (2014年10月21日) 2015年5月26日閲覧
  25. ^ 洗川広二“つなぐ思い”が掴んだレギュラーポジション 読売ジャイアンツ・松本哲也 - OCNスポーツ、2010年4月22日閲覧。
  26. ^ 「平成の天秤打法」…巨人育成から昇格の2番・松本-zakzak記事
  27. ^ 小関順二、西尾典文、石川哲也、場野守泰 『プロ野球スカウティングレポート2011』 廣済堂出版、2011年、350頁。ISBN 978-4-331-51519-8
  28. ^ 小関順二、西尾典文、泉直樹 『プロ野球スカウティングレポート2010』 アスペクト、2010年、45頁。ISBN 978-4-7572-1744-7
  29. ^ 右打ちの革命者『野球小僧』2010年6月号、白夜書房、雑誌18801-6、178-181頁。
  30. ^ Baseball Lab守備評価~Center FielderSMR Baseball Lab
  31. ^ CMライブラリ 松本哲也・大きな記事篇[リンク切れ] - 日本生命、2010年5月8日閲覧。
  32. ^ 人々に勇気と感動…30秒間の“松本物語”スタート - スポニチ、2010年3月26日、2010年5月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]