隠善智也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
隠善 智也
YG-Tomoya-Inzen.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県東広島市
生年月日 (1984-06-05) 1984年6月5日(34歳)
身長
体重
174 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手一塁手
プロ入り 2006年 育成選手ドラフト4巡目
初出場 2008年3月30日
年俸 1,000万円(2015年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

隠善 智也(いんぜん ともや、1984年6月5日 - )は、広島県東広島市出身の元プロ野球選手外野手)。

2007年育成選手として読売ジャイアンツへ入団した後に、2008年から2015年の現役引退まで、支配下登録選手として同球団でプレー。現役時代の愛称は「インリン」だった。

来歴・人物[編集]

プロ入り前[編集]

東広島市立志和堀小学校3年の時、礒部公一(現在は東北楽天ゴールデンイーグルスコーチ)の父が監督を務めるチームでソフトボールを始める。礒部と同じ小学校、中学校に通っていた。志和中学校では投手兼外野手で3番を打った。広島国際学院高等学校時代は3番一塁手外野手で控え投手も務め、左投げながら3年の春季大会準決勝でショートを守ったこともある。2年夏の県大会ベスト8、2年秋季県大会ベスト4、3年春季県大会ベスト4、3年夏は県大会ベスト8。

広島国際学院大学への進学後は、大学通算で13本塁打を放つなど、広島六大学リーグ屈指の好打者として注目された。リーグ戦では、ベストナインに4回選ばれるとともに、3年生の春季にMVPを獲得。その一方で、チームに投手が不足していたことから、投手も兼ねていた。

2006年の育成ドラフトで読売ジャイアンツ(巨人)から4巡目指名を受けたことを機に、育成選手として入団した。12月14日に東京都内のホテルで行われた入団会見では、「名前が珍しいので、早くアピールできればと思っています。憧れは高橋由伸選手」とコメント。広島国際学院大学出身のプロ野球選手は、山口和男(前身の広島電機大学から三菱自動車岡崎を経てオリックスブルーウェーブへ入団)に次いで2人目であった。

プロ入り後[編集]

2007年には、シーズン後半のイースタン・リーグ公式戦で活躍。巧打や好守を披露するとともに、打率.284を記録した。二軍の同リーグ優勝で迎えたファーム日本選手権では、出場機会こそなかったものの、育成選手から鈴木誠と共にベンチ登録を果たした。

2008年には、オープン戦や教育リーグでの活躍を経て、3月21日支配下選手登録へ移行。背番号も99に変更した。3月30日の対東京ヤクルトスワローズ戦(神宮球場)9回表に代打で一軍デビューを果たすと、左中間を破る二塁打で一軍初安打も記録した。さらに、5月11日の対中日ドラゴンズ戦(東京ドーム)で一軍初のスタメンに起用されると、3安打3打点でチームの大勝に貢献した[1]。なお、この年から、シーズン終了後には高橋の自主トレーニングに参加している[2]

2009年には、背番号を69に変更するとともに、一軍公式戦3試合に出場。その一方で、2010年には一軍公式戦への出場機会がなかった。

2011年には、イースタン・リーグの打率部門で、首位と5厘差の3割2分5厘という好成績を残した。7月に自身2年振りの一軍昇格を果たすと、シーズン終了後の11月に元・タレントの麻由と結婚した。

2012年は、打率3割2分7厘でイースタン・リーグの首位打者を獲得。一軍公式戦には22試合に出場したが、2安打、1打点、打率0割9分5厘という成績にとどまった。

2013年には、高橋の左足負傷を受けて、公式戦開幕直後の4月5日にシーズン初の出場選手登録[3]。しかし、一軍公式戦1試合(代打で1打席)に出場しただけで、同月8日の登録抹消後は二軍生活に終始した[4]

2014年には、フレデリク・セペダが右肘の違和感を訴えたことを受けて、セベダに代わって8月22日に急遽シーズン初の出場選手登録。当日の対中日戦(東京ドーム)にスタメンで2安打を放ったこと[5]を皮切りに、一軍公式戦11試合の出場で打率.321を記録した。

2015年には、8月30日の対中日戦(東京ドーム)3回裏2死満塁からの代打でシーズン初打席を迎えると、若松駿太からの内野安打で2打点を記録した[6]。しかし、9月2日の対ヤクルト戦(石川県立野球場)での出塁中に左肩を負傷。後に亜脱臼が判明したため、戦線離脱を余儀なくされた[7]。一軍公式戦には3試合の出場ながら、通算2打席で2打数2安打(打率1.000)2打点を記録。一軍のセントラル・リーグ優勝で迎えたクライマックスシリーズ中にも、バックアップメンバーとして練習を続けていた[2]。しかし、シリーズ終了後の10月18日に球団から戦力外通告を受けたこと[8]を機に、現役引退を表明した[9]。隠善によれば、通告当初は他球団での現役続行を望んでいたものの、妻や2歳(当時)の長女との生活を考えたうえで引退を決断したという[2]11月5日付で、NPBから任意引退選手として公示[10]

現役引退後[編集]

巨人から戦力外通告の際に球団職員への転身を打診されたことから、2016年1月1日付で球団広報に就任した[11]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2008 巨人 36 63 62 4 18 2 0 0 20 4 2 1 0 0 1 0 0 19 1 .290 .302 .323 .624
2009 3 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
2011 3 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
2012 22 25 21 0 2 0 0 0 2 1 0 0 0 0 4 0 0 4 0 .095 .240 .095 .335
2013 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
2014 11 29 28 1 9 0 0 0 9 0 1 0 1 0 0 0 0 5 2 .321 .321 .321 .643
2015 3 2 2 0 2 0 0 0 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1.000 1.000 1.000 2.000
NPB:7年 79 123 117 5 31 2 0 0 33 7 3 1 1 0 5 0 0 30 3 .265 .295 .282 .577

年度別守備成績[編集]


一塁 外野
























2008 1 4 0 0 0 1.000 26 19 0 1 0 .950
2009 - 1 0 0 0 0 .000
2011 - 1 0 0 0 0 .000
2012 1 2 0 0 1 1.000 11 5 0 0 0 1.000
2014 - 10 12 0 1 0 .923
2015 - 1 0 0 0 0 .000
通算 2 6 0 0 1 1.000 50 36 0 2 0 .960

記録[編集]

背番号[編集]

  • 107 (2007年 - 2008年3月20日)
  • 99 (2008年3月21日 - 同年終了)
  • 69 (2009年 - 2011年)
  • 52 (2012年 - 2015年)

脚注[編集]

  1. ^ “ハツラツ隠善 初スタメンで3安打3打点”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2008年5月12日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2008/05/12/kiji/K20080512Z00001570.html 2013年5月12日閲覧。 
  2. ^ a b c ““打率10割”で現役生活に幕 巨人・隠善、かなわなかった高橋由の“後釜””. Full-Count. (2015年11月3日). http://full-count.jp/2015/11/03/post21564/ 2015年11月6日閲覧。 
  3. ^ “由伸左足痛め交代 原監督「軽くはない」”. nikkansports.com (日刊スポーツ). (2013年4月5日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20130405-1107760.html 2015年11月6日閲覧。 
  4. ^ “【巨人】隠善の一軍登録を抹消”. nikkansports.com (日刊スポーツ). (2013年4月8日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20130408-1109585.html 2015年11月6日閲覧。 
  5. ^ “巨人隠善、昇格即スタメンに2安打回答”. nikkansports.com (日刊スポーツ). (2014年8月23日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20140823-1355640.html 2015年11月6日閲覧。 
  6. ^ “巨人隠善「結果がほしかった」今季初打席で適時打”. nikkansports.com (日刊スポーツ). (2015年8月31日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1530740.html 2015年11月6日閲覧。 
  7. ^ “左肩亜脱臼の巨人隠善が練習「もう少し時間かかる」”. nikkansports.com (日刊スポーツ). (2015年9月10日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1536054.html 2015年11月6日閲覧。 
  8. ^ “巨人隠善が戦力外 今季は1軍3試合出場”. nikkansports.com (日刊スポーツ). (2015年10月18日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1554435.html 2015年11月6日閲覧。 
  9. ^ “巨人隠善が引退表明「すごい経験をした9年」”. nikkansports.com (日刊スポーツ). (2015年10月23日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1556425.html 2015年11月6日閲覧。 
  10. ^ “2015年度 任意引退選手”. 日本野球機構(NPB). (2015年11月5日). http://www.npb.or.jp/players/2015pn_retired.html 2015年11月6日閲覧。 
  11. ^ 【巨人】木佐貫氏がスカウト正式契約 転身で意欲「一からやる」スポーツ報知 2015年12月15日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]