広島国際学院中学校・高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
広島国際学院中学校・高等学校
Kokusaigakuin.jpg
過去の名称 広島電機高等学校
広島電機大学附属高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人広島国際学院
理念 教育は愛なり
設立年月日 1927年
創立者 鶴虎太郎
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
設置学科 普通科
総合学科
学期 3学期制
高校コード 34513A
中学校コード 341027[1]
所在地 736-0003
広島県安芸郡海田町曽田1-5

北緯34度22分23.2秒 東経132度32分49.9秒 / 北緯34.373111度 東経132.547194度 / 34.373111; 132.547194座標: 北緯34度22分23.2秒 東経132度32分49.9秒 / 北緯34.373111度 東経132.547194度 / 34.373111; 132.547194
外部リンク 公式ウェブサイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

広島国際学院中学校・高等学校(ひろしまこくさいがくいんちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、広島県安芸郡海田町曽田に所在する私立中学校高等学校

年表[編集]

  • 1927年昭和2年)- 鶴虎太郎が広島市国泰寺町に広島高等予備校を創立
  • 1938年(昭和13年)- 広島高等予備校に広島電気学校を併設
  • 1945年(昭和20年)- 広島市への原子爆弾投下により全施設を焼失、翌年に安芸郡海田町の現校地に移転
  • 1948年(昭和23年)- 学制改革に伴い広島電機高等学校を開校
  • 1965年(昭和40年)- 船越町に女子部を開校(1973年に海田町へ移転統合)[2]
  • 1967年(昭和42年)- 広島電機大学開学に伴い、広島電機大学附属高等学校に改称
  • 1994年平成6年)- 商業科を廃止
  • 1997年(平成9年)- 総合システム科を新設
  • 1999年(平成11年)- 広島国際学院高等学校に改称
  • 2010年(平成22年)- 総合学科を新設
  • 2012年(平成24年)- 総合システム科を廃止
  • 2013年(平成25年)- 普通科に進学コースを新設。特進コースと進学コースの2コースになる
  • 2016年(平成28年)- 新校舎建造開始
  • 2018年(平成30年)- 新校舎完成
  • 2019年(平成31年)- 新グラウンド完成(人工芝)
  • 2019年(平成31年)- 高校に普通科国際教養コース新設
  • 2019年(平成31年)- 広島国際学院中学校が開校
  • 2020年(令和2年)- 高校に普通科難関コース・選抜進学コース・総合進学コースを新設

年間行事[編集]

  • 4月 - 入学式
  • 5月 - 集団合宿
  • 6月 - 体育祭
  • 7月 - クラスマッチ
  • 10月 - 修学旅行
  • 11月 - 文化祭
  • 12月 - 献血
  • 2月 - マラソン大会
  • 3月 - 卒業式

部活動[編集]

  • 硬式野球部
  • サッカー部
  • 陸上競技部
  • ゴルフ部
  • レスリング部
  • バレーボール部
  • 吹奏楽部
  • 剣道部
  • 柔道部
  • 空手道部
  • ダンス部
  • 卓球部
  • ソフトボール部
  • 茶道部
  • 理学研究部

出身者[編集]

スポーツ[編集]

芸能[編集]

最寄駅[編集]

系列校[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 広島県所属中学コード表 - 教育開発ONLINE (PDF)”. 2020年10月10日閲覧。
  2. ^ 当時の校舎は、その後『船越町役場』に転用。広島市と合併し『船越支庁』、初代『安芸区役所』として使われた。2013年現在も『安芸区役所別館』として使われている。

外部リンク[編集]