伊集院峰弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
伊集院 峰弘
YG-Takahiro-Ijyuin20100828.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 鹿児島県鹿児島市
生年月日 (1988-06-04) 1988年6月4日(30歳)
身長
体重
177 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手一塁手捕手
プロ入り 2006年 高校生ドラフト4巡目
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
派遣歴

伊集院 峰弘(いじゅういん たかひろ、1988年6月4日 - )は、日本の元プロ野球選手内野手)。

経歴[編集]

大竜小1年の時、ソフトボールを始める。長田中では「吉野バッファロー」で硬式野球を始め、中3のとき4番捕手として全国大会に出場した。

鹿児島実業高では、1年でレギュラーの座をつかみ、6番三塁手として2004年夏の甲子園出場。1年の秋から捕手を務めた。2006年夏は鹿児島県大会3回戦で敗退したが、高校通算31本塁打を記録した。

2006年高校生ドラフト4巡目で読売ジャイアンツから指名を受け入団。背番号は96

高校通算31本塁打の打撃を期待されて入団したものの、1年目の2007年は2軍で打率1割台、長打なしと活躍できなかった。しかし、フューチャーズでは第2捕手として6試合に出場し、打率.412、本塁打1と活躍を見せた。

2009年11月12日、来季から育成選手として契約する事が発表された[1]内野手に転向することが決まり、11月上旬の秋季練習から主に二塁の練習に取り組んだ[2]

2010年は、主にフューチャーズシリウスで試合に出場し、長打力のあるバッティングで活躍した。二塁守備の練習をしていると言われていたが[2]、三塁と一塁を守っており、二塁手としての出場はない。10月に行われたフェニックスリーグではチーム最多の3本塁打を記録した。同年10月29日、自由契約選手公示がなされたが、11月10日に育成選手として再契約した。その時の背番号は007で、日本プロ野球史上でこの番号を付けたのは、伊集院が初めてだった[3]

2012年10月2日、球団から来季の契約を結ばないことが発表された[4]。2013年よりジャイアンツアカデミー講師を勤めている。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 96 (2007年 - 2009年)
  • 114 (2010年)
  • 007 (2011年 - 2012年)
  • 216 (2014年 - )

脚注[編集]

  1. ^ 巨人、竹嶋、伊集院と林イー豪と育成契約
  2. ^ a b 巨人・伊集院、捕手→内野手で再び支配下登録目指す
  3. ^ 1993年に、二村忠美が古巣の日本ハムに復帰する際に、『ジェームズ・ボンドのような危険な雰囲気の選手になりたい』とこの番号を希望するも、パ・リーグに「背番号を興味本位で扱われてはならない」と却下された過去があった。
  4. ^ “朝井投手ら10選手に戦力外通告”. 読売ジャイアンツ公式ホームページ. (2012年10月2日). http://www.giants.jp/G/gnews/news_396369.html 2012年10月2日閲覧。 

関連項目[編集]