長嶋清幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
長嶋 清幸
中日ドラゴンズ コーチ #78
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 静岡県小笠郡浜岡町(現:御前崎市
生年月日 (1961-11-12) 1961年11月12日(56歳)
身長
体重
170 cm
81 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1979年 ドラフト外
初出場 1980年5月17日
最終出場 1997年10月12日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 阪神タイガース (1998 - 2003)
  • 中日ドラゴンズ (2004 - 2006)
  • サムスン・ライオンズ (2009)
  • 千葉ロッテマリーンズ (2010 - 2013)
  • 中日ドラゴンズ (2014 - )

長嶋 清幸(ながしま きよゆき、1961年11月12日 - )は、静岡県小笠郡浜岡町(現:御前崎市)出身の元プロ野球選手外野手)、プロ野球コーチ1980年代の新聞報道では「長島」という表記もあった。

2014年からは、中日ドラゴンズでコーチを務める。

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学生時代に投手として静岡県大会準優勝し、浜岡町立浜岡中学校時代は一塁手となるも、自動車工業高では再び投手となり四番を打った[1]

高校2年時、練習試合を見に来ていたスカウト木庭教が、予告ホームランを打った長嶋の打撃力に目を留めた[1]。当時長嶋は阪神タイガースファンであり、阪神の田丸仁スカウトも目を付け、高校3年の夏に田丸が自宅を訪問し、下位指名の予定を伝えた[1]

しかし、阪神からのドラフト指名はなく、翌日も連絡がない間に、広島東洋カープ南海ホークスから獲得意向の連絡があり、連絡翌日に自宅を訪れた木庭が両親を説き伏せ、仮契約を済ませた[1]。この時、阪神は岡田彰布との交渉に手間取り、長嶋への連絡が遅れ、広島に先を越された田丸は悔しがった[1]

1979年オフに、ドラフト外で広島東洋カープに入団[1]

プロ入り後[編集]

1年目の1980年に一軍デビューを果たし、1983年にこれまでの66から、日本プロ野球の公式戦出場選手で初の背番号0を着用し、ダイヤモンドグラブ賞(現・ゴールデンクラブ賞)に輝く。監督の古葉竹識に重用され、チャンスに強いバッティングと安定した守備、また俊足ということもあり、山本浩二左翼手に追いやり、中堅手のレギュラーに定着し、合計4度のゴールデンクラブ賞を受賞する。

1984年9月15日9月16日には、巨人西本聖江川卓から、長嶋が2日連続サヨナラホームランを放ち、勢いに乗ったチームはリーグ優勝を果たす[1]1984年の日本シリーズでは7試合で3本塁打10打点の活躍で日本一に貢献し、日本シリーズMVPに輝いた。

1986年10月12日のリーグ優勝決定試合では、5打数4安打7打点をあげ、日本シリーズで対戦が決まっていた西武の監督森祇晶が「(打ちすぎて)参考にならん」と言うほど、異常な勝負強さを誇った[1]

1980年代黄金時代の一員として活躍していたが、1990年には前田智徳ら若手の台頭で監督の山本浩二の構想から外れた上に、当時ダイエーの監督だった田淵幸一が「長嶋と長内(孝)原(伸樹)がトレードに出される可能性がある」と口を滑らせてトレード要員であることが露呈。1991年音重鎮山田和利との交換トレードで中日ドラゴンズ1993年千葉ロッテマリーンズ1994年阪神タイガースに移籍。同年オフにはフリーエージェント(FA)を行使したが翌年も残留し、以後阪神では代打の切り札として活躍。1997年限りで現役引退。

引退後は1998年から2003年まで阪神の二軍打撃コーチ、一軍打撃コーチ補佐、一軍守備走塁コーチ(一塁ベースコーチャー)を務めた。中日では2004年から2005年までは一軍打撃・外野守備走塁コーチ(一塁ベースコーチャー)、2006年には一軍作戦・外野守備走塁コーチを歴任。2009年韓国プロ野球サムスン・ライオンズ打撃コーチを経て、2010年より広島時代のチームメイトであるロッテ二軍監督の高橋慶彦に請われ、ロッテ二軍打撃コーチに就任した[2]。2012年は一軍打撃コーチを務め、2013年からは再び二軍打撃コーチを務めた。同年10月20日、本人からの辞意申し出により退団する事が決まった[3]。2014年より中日ドラゴンズの一軍外野守備走塁打撃コーチに就任[4]。攻撃時には一塁ベースコーチも担当し、2015年は肩書が一軍チーフ打撃外野守備走塁コーチに変わった。2016年は二軍外野守備走塁コーチ、2017年からは一軍外野守備走塁コーチを務める。

人物[編集]

日本プロ野球史上初めて背番号0をつけた選手である(過去、練習生時代の西沢道夫ブルペン捕手がつけていた例はあったが、正選手としては初めて)。入団時の背番号は66だったが小さな背番号を望んでいたところ、1982年ナショナルリーグ首位打者、アル・オリバーが背番号0をつけていることを知り、0番着用を古葉竹識に相談したのがきっかけであった。広島の1983年のキャッチフレーズは「ゼロからの出発」であり、長嶋の背番号0がより一層注目を受けることになった。広島・中日・ロッテ・阪神の4球団に在籍して、背番号0をつけなかったのはわずか1年のみ在籍したロッテだけである(広島・中日・阪神では背番号0をつけて出場した期間が1年以上ある)。

小柄な体型から、愛称は「マメ」。現役の長嶋を象徴するシーンとして広島時代の1988年9月9日の対中日戦が挙げられる。長冨浩志の度重なるブラッシュボールに仁村徹が激高して乱闘が始まった。このとき長嶋は中日・岩本好広[5]の股間に飛び蹴りを決め、プロ野球珍プレー好プレーでナレーションのみのもんた「決まって金的~」とナレーションされるシーンがたびたび放送された。また、その時岩本に駆け寄ったのが元広島でその時中日の1軍コーチだった池田英俊[6]である。

不満会見騒動[編集]

2004年から中日において、落合博満の右腕としてチームを支えていたが、2006年10月28日に球団から3年契約の満了を持って更新しないことを通告された。このため球団内で緊急で記者会見を開き、「(落合監督と親しい)高代さんと、(自分が)仲悪いのは皆、知ってると思う」、「仲良しチームにしないって、言ってたのに、今はどうなの?公私混同もはなはだしい」と落合と野手総合コーチの高代延博を批判した。この「不満会見」は球団側が許可しており、また落合は長嶋に解雇の理由を「口が裂けても言えない。墓まで持っていく」と告げたとのことである。さらに後日、この年の9月の試合中に監督室にあった落合のバッグが盗難にあい試合後落合が警察から事情聴取される事件があったことから、東京スポーツの記者にこの件と絡めた発言をしたところ、翌日の紙面に「俺は落合監督のバッグ 絶対盗んでいない」と大きく報道される事態となった。同年12月8日より、日刊ゲンダイにて「さらば落合中日」と題した長嶋本人による落合批判コラムを連載した。なお落合がゼネラル・マネージャーとして中日に復帰した2014年シーズンからは、再び外野守備走塁打撃コーチとして復帰している。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1980 広島 10 11 11 1 4 1 0 1 8 1 0 0 0 0 0 0 0 2 1 .364 .364 .727 1.091
1981 36 35 32 1 9 0 0 0 9 3 0 0 0 1 2 0 0 6 1 .281 .314 .281 .596
1982 79 178 167 17 44 8 1 2 60 15 1 0 1 1 7 0 2 24 9 .263 .299 .359 .659
1983 130 514 464 46 137 24 3 13 206 57 12 4 16 5 22 4 6 58 1 .295 .332 .444 .776
1984 125 388 341 48 94 26 2 13 163 43 11 10 13 0 33 3 1 76 3 .276 .341 .478 .819
1985 130 529 453 66 132 19 4 15 204 55 14 7 13 4 58 3 1 69 3 .291 .370 .450 .820
1986 130 527 482 62 129 29 3 12 200 54 24 7 8 2 35 2 0 92 6 .268 .316 .415 .731
1987 128 507 462 54 133 20 5 15 208 53 5 6 12 0 30 0 1 80 5 .288 .333 .450 .783
1988 117 437 378 46 87 19 0 9 133 29 5 7 14 1 42 1 1 71 6 .230 .308 .352 .660
1989 125 377 332 35 86 18 1 6 121 43 12 5 5 3 35 5 2 85 5 .259 .331 .364 .695
1990 115 322 285 37 79 18 1 7 120 39 5 4 7 1 29 0 0 62 2 .277 .343 .421 .764
1991 中日 52 180 154 16 44 9 2 4 69 12 3 2 5 1 17 2 0 32 1 .286 .355 .448 .803
1992 78 194 175 19 42 5 1 5 64 14 1 0 1 1 17 0 0 32 5 .240 .306 .366 .671
1993 ロッテ 40 80 68 7 11 2 0 1 16 5 0 0 5 0 7 1 0 18 0 .162 .240 .235 .475
1994 阪神 70 132 113 13 35 5 1 4 54 16 0 2 2 1 15 0 1 25 5 .310 .392 .478 .870
1995 67 88 74 8 18 1 0 0 19 4 1 0 0 1 13 0 0 18 2 .243 .352 .257 .609
1996 39 38 34 1 7 3 0 1 13 5 0 0 0 0 4 1 0 10 0 .206 .289 .382 .672
1997 6 6 6 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
通算:18年 1477 4543 4031 477 1091 207 24 108 1667 448 94 54 102 22 366 22 15 762 55 .271 .332 .414 .746
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録
  • 1000試合出場:1989年9月30日、対阪神タイガース23回戦(阪神甲子園球場)、7番・中堅手として先発出場 ※史上290人目
  • 1000本安打:1992年6月10日、対阪神タイガース9回戦(阪神甲子園球場)、2回表に御子柴進から
  • 100本塁打:1992年7月31日、対ヤクルトスワローズ15回戦(ナゴヤ球場)、9回裏に岡林洋一からソロ ※史上172人目

背番号[編集]

  • 66 (1980年 - 1982年)
  • 0 (1983年 - 1990年、1992年、1994年 - 1997年)
  • 4 (1991年)
  • 31 (1993年)
  • 73 (1998年 - 2000年、2009年)
  • 85 (2001年 - 2003年)
  • 72 (2004年 - 2006年)
  • 86 (2010年 - 2013年)
  • 78 (2014年 - )

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 澤宮優『ドラフト外』河出文庫、2013年、ISBN 9784309412603
  2. ^ http://www.marines.co.jp/news/detail/3553.html
  3. ^ 長嶋清幸2軍打撃コーチの退団について - 千葉ロッテマリーンズ・オフィシャルサイト 2013年10月20日
  4. ^ 【中日】佐伯、達川氏ら来季コーチ陣発表 - nikkansports.com 2013年10月22日
  5. ^ 後に中日でコーチと選手の間柄になる。
  6. ^ 長嶋の広島時代は、横浜大洋ホエールズの投手コーチや中国放送(RCC)の野球解説者を務めていたため、一緒に広島に在籍した経験がない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]