山田和利

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
山田 和利
Yamada(carp)80.jpg
2018年3月13日・MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島にて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県名古屋市中村区
生年月日 (1965-06-03) 1965年6月3日(57歳)
身長
体重
178 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手外野手
プロ入り 1983年 ドラフト4位
初出場 1986年5月25日
最終出場 1995年8月26日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 中日ドラゴンズ (1997 - 2004)
  • 広島東洋カープ (2011, 2015 - 2021)
2015年5月5日 神戸第二サブ球場で撮影。

山田 和利(やまだ かずとし、1965年6月3日 - )は、愛知県名古屋市中村区出身の元プロ野球選手内野手外野手)、コーチ野球解説者

経歴[編集]

東邦高から、1983年プロ野球ドラフト会議中日ドラゴンズから4位指名を受け入団。

レギュラーには定着できなかったものの、1988年には立浪和義の控えではあるが、主に遊撃手として起用され82試合に出場した[1]。広島戦では津田恒実からプロ初のサヨナラ適時打を放った[2]

1991年長嶋清幸とのトレードで音重鎮と共に広島東洋カープに移籍。

1992年には、5月から三塁手一塁手として起用され、8月には故障欠場の正田耕三に代わり二塁手、二番打者に定着する。同年は82試合に先発出場を果たす。

その後は一時低迷するが、1995年には、開幕前に故障したルイス・メディーナに代わり一塁手の定位置を獲得。外野手も兼ねて活躍しチームの2位躍進に貢献するが、シーズン終盤には故障で離脱した。

1996年に中日で星野仙一が監督に復帰すると、若林隆信とのトレードで再び音重鎮とともに中日に復帰したが、故障によりその年限りで引退した。

1997年よりコーチに転身し、二軍打撃コーチに就任する。その後、1998年に一軍内野守備・走塁コーチ、1999年から2001年にかけては一軍打撃コーチ、2002年2003年は二軍内野守備・走塁コーチ、2004年は二軍野手総合チーフコーチを歴任した。

2005年からは中日のフロント入りとなった。

2011年は在籍経験のあった広島の二軍守備・走塁コーチを務めた[3]2012年からは広島のフロントに入り球団編成を担当していた。

2015年からは再び広島の二軍守備・走塁コーチを務めることになった。4年ぶりの現場復帰[4]。2021年まで務めた。

選手としての特徴・人物[編集]

中日時代は内野全ポジションを堅実に守り、さらに外野までこなすユーティリティープレイヤーとして活躍[1]。広島移籍後は持ち前の俊足・堅守に加え、小技と強打を兼ね備えた打者として変貌を遂げる活躍を見せた[1]

入団時の背番号は33であったが、30番を着けていた郭源治がリーグを代表する投手であった江川卓と同じ番号であることを拒んで交換することとなった[5]

夫人との間に一男一女がおり、長男は俳優の山田裕貴、長女はフリーランスモデルの山田麻生[6]。親子仲が良く、息子の裕貴が出演するテレビ番組はチェックしているという[7]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1986 中日 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1987 12 22 21 1 5 0 0 0 5 2 1 0 0 0 0 0 1 4 0 .238 .273 .238 .511
1988 82 177 153 28 41 5 4 2 60 7 10 8 14 0 9 0 1 33 0 .268 .313 .392 .705
1990 29 51 40 3 8 1 0 0 9 3 1 2 5 0 6 1 0 13 0 .200 .304 .225 .529
1991 広島 6 10 10 1 2 0 0 0 2 1 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .200 .200 .200 .400
1992 93 335 266 44 75 10 0 8 109 29 6 2 20 2 42 1 5 60 1 .282 .387 .410 .797
1994 49 87 70 11 14 2 0 0 16 7 1 0 6 1 10 1 0 18 2 .200 .296 .229 .525
1995 94 343 304 31 82 15 1 12 135 53 2 5 7 1 26 0 5 67 7 .270 .336 .444 .780
通算:8年 366 1026 865 119 227 33 5 22 336 102 21 17 52 4 93 3 12 197 10 .262 .341 .388 .729

記録[編集]

初記録

背番号[編集]

  • 33(1984年 - 1985年)
  • 30(1986年 - 1989年)
  • 16(1990年)
  • 25(1991年 - 1995年)
  • 7(1996年)
  • 95(1997年 - 2003年)
  • 85(2004年)
  • 81(2011年)
  • 80(2015年 - 2021年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c 山田和利” (日本語). VICTORY ALL SPORTS NEWS. 2021年8月11日閲覧。
  2. ^ 1988年優勝の軌跡 - 中日新聞
  3. ^ 2011年度 二軍、三軍コーチングスタッフについて - 2010年11月25日
  4. ^ 2015年度のコーチングスタッフが決定いたしました。 - 2014年10月29日
  5. ^ 日本プロ野球 背番号物語 ベースボールマガジン社
  6. ^ 山田裕貴の妹はモデルの麻生!情熱大陸出演で美人と話題に!芸能一家の山田家! - Hi My Life” (日本語). hi-mylife15.com (2021年5月10日). 2021年8月12日閲覧。
  7. ^ 山田裕貴 父でカープ山田和利コーチを超えるため俳優に…野球とは無縁の父子関係/デイリースポーツ online” (日本語). デイリースポーツ online. 2021年8月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]