宮本敏雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
宮本 敏雄
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ハワイ準州マウイ島
生年月日 (1933-04-26) 1933年4月26日(84歳)
身長
体重
178 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1955年
初出場 1955年
最終出場 1964年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

宮本 敏雄(みやもと としお、Andrew Toshio Miyamoto1933年4月26日 - )は、アメリカ合衆国ハワイ準州Territory of Hawaiiマウイ島出身の元プロ野球選手外野手)。アメリカ名がアンドリューであったことからエンディ宮本とも呼ばれた 。

経歴[編集]

ハワイのボールドウィン高校卒業。ハワイ陸軍選抜チームでは五番打者を務め、メジャーリーグと対戦して本塁打を打ったことが評判となり、1955年読売ジャイアンツに入団する[1]

1年目から外野の控えとして51試合に出場する。2年目の1956年には南村侑広に替わって右翼手のレギュラーに定着してクリーンアップを打ち、打率.263(リーグ8位)、19本塁打、69打点を記録し打点王タイトルを獲得。翌1957年も打率.259(リーグ9位)、21本塁打、78打点と二年連続で打点王に輝いた。同年にはリーグ最多の109三振も記録している。

を痛めて1958年以降成績が急激に落ち込み[1]1959年を除いて毎年2割4分に満たない低打率にあえぐ。一方で大舞台に強く、オールスターゲームでは1957年の第2戦、1958年の第1戦と最優秀選手を2回獲得。日本シリーズでも、1961年の日本シリーズではシリーズ首位打者になるとともに、第3戦の逆転タイムリー安打、第4戦の9回裏二死満塁からの逆転サヨナラ安打が評価され、最優秀選手を獲得した。なお1957年の日本シリーズでも敢闘賞を受賞している。

1963年北川芳男との交換トレードで、高林恒夫とともに国鉄スワローズに移籍。国鉄では五番打者を務め、打率.252、11本塁打を記録する。1964年は代打要員となり、1965年に球団の経営権が国鉄からサンケイに譲渡される中での経営立て直し策の結果、町田行彦土屋正孝とともに退団し、現役を引退した[2]。引退後はハワイ・ヒッカム空軍基地に勤務し[3]、のち実業家となった[1]

大正製薬栄養ドリンクリポビタンD』の初代CMキャラクターでもあった(2代目が王貞治)。

選手としての特徴[編集]

丸太ん棒のような腕っ節でバットを力一杯振り回すパワーヒッター[1]三振も多かったが、三振しても必要以上に悪びれることなく、笑顔で戻ってくるところがかえって新鮮な魅力となり、その笑顔は「百万ドルのエクボ」とも呼ばれ、女性ファンからアイドル的な人気があった[4]

人物[編集]

巨人在籍当時、『七光会』を結成していた水谷良重東郷たまみ朝丘雪路と親交があり、宮本が楽屋を訪ねたり、3人が球場に応援に来ることがあったという。なお、夫人は巨人のチームメイトであった内藤博文の実妹で、女優の内藤貴美子[5]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1955 巨人 51 201 183 23 48 3 1 6 71 22 4 4 1 1 13 0 3 40 7 .262 .322 .388 .710
1956 113 438 392 55 103 12 5 19 182 69 8 6 6 3 34 0 3 70 11 .263 .326 .464 .791
1957 129 520 459 65 119 20 6 21 214 78 6 6 5 3 49 4 4 109 10 .259 .336 .466 .802
1958 107 323 302 23 66 6 1 6 92 23 10 3 3 3 13 1 2 58 7 .219 .256 .305 .560
1959 78 214 197 18 56 2 1 8 84 24 1 3 2 0 15 0 0 34 7 .284 .335 .426 .761
1960 112 333 290 32 66 11 2 8 105 25 2 5 5 2 29 2 7 41 11 .228 .313 .362 .675
1961 112 326 290 29 69 12 2 7 106 41 6 4 4 1 27 0 4 48 6 .238 .312 .366 .677
1962 115 388 350 24 83 14 2 4 113 24 4 3 3 2 30 1 3 61 9 .237 .303 .323 .626
1963 国鉄 118 392 357 37 90 13 1 11 138 47 7 2 5 2 26 0 2 46 13 .252 .306 .387 .693
1964 72 112 97 3 26 5 0 0 31 6 1 1 1 1 10 0 3 17 3 .268 .355 .320 .674
通算:10年 1007 3247 2917 309 726 98 21 90 1136 359 49 37 35 18 246 8 31 524 84 .249 .314 .389 .703
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 40(1955年 - 1964年)

脚註[編集]

  1. ^ a b c d 『日本プロ野球 歴代名選手名鑑』303頁
  2. ^ 『日本プロ野球トレード大鑑』92頁
  3. ^ 『プロ野球人名事典』481頁
  4. ^ 『ジャイアンツ栄光の70年』52頁
  5. ^ 『巨人軍の男たち』183頁

参考文献[編集]

  • 『ジャイアンツ栄光の70年』ベースボールマガジン社、2004年
  • 『日本プロ野球 歴代名選手名鑑』恒文社、1976年
  • 『日本プロ野球トレード大鑑』ベースボールマガジン社、2001年
  • 坂本邦夫『プロ野球データ事典』PHP研究所、2001年
  • 千葉茂『巨人軍の男たち』東京スポーツ新聞社、1984年
  • 森岡浩『プロ野球人名事典』日外アソシエーツ、1999年

関連項目[編集]