山根和夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山根 和夫
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岡山県真庭郡勝山町(現:真庭市
生年月日 (1955-08-02) 1955年8月2日(63歳)
身長
体重
184 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1975年 ドラフト2位
初出場 1977年8月25日
最終出場 1989年10月12日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

山根 和夫(やまね かずお、1955年8月2日 - )は、岡山県真庭郡勝山町(現・真庭市)出身の元プロ野球選手投手)・コーチ解説者評論家

実兄は都市対抗に20年連続出場を果たした鈴木政明投手(勝山高校※1967年のドラフト会議で広島から9位指名も入団せず→大昭和製紙※1969年のドラフト会議でアトムズから12位指名も入団せず→ヤマハ発動機プリンスホテル、和夫と同じく結婚して改姓)。

経歴[編集]

勝山高校卒業後、社会人野球日本鋼管福山に入社。エース・田村忠義(山根と同年のドラフトでヤクルトから2位指名も入団せず)の控え投手であったが、右の本格派として早くから注目されていた。1975年ドラフト広島東洋カープから2位指名されるも、会社に慰留されたこともあり、1976年都市対抗に出場[1]。翌1977年に入団した。

入団当時はチームで一番球が速く、150km/hほど出ていたが、コントロールが悪く、入団当初はその投球を問題視されていた。しかし投手コーチに選手生命をかけてフォーム改造を直訴すると、フォームをノーワインドアップのスリー・クォーターにしてコントロールが安定した。直球のスピードは落ちたが、新しく覚えた浅い握りの高速フォーク(今で言うSFF)が武器となった1979年には先発陣の一角を占め8勝を記録、その後も主力投手として活躍する[2]1984年にはチーム最多の16勝を挙げ、4年ぶりのリーグ優勝に貢献した。また日本シリーズに弱かったエース・北別府学に代わり、シリーズの主戦投手として活躍。特に1984年の日本シリーズで3試合に先発し、この年打撃三冠王を獲った阪急ブレーブスブーマーを鋭いシュートで完璧に抑えチームに3度目の日本一をもたらした。

その後は右肩痛のため1985年から未勝利に終わり、1986年オフに西武ライオンズへ移籍。フォームをサイド気味に変えて1988年に中継ぎ、抑えとして4年ぶりの勝利(5勝2セーブ)をあげて西武の日本一に貢献した。翌1989年にも6勝4セーブを記録するが、1990年には登板機会がなくなり同年限りで引退。

引退後は、ラジオ日本ジャイアンツナイター解説者日刊スポーツ評論家1991年 - 1996年)を経て、日本ハムファイターズで二軍投手コーチ(1997年)・一軍投手コーチ(1998年 - 1999年)を務めた。

人物[編集]

  • 達川光男が正捕手になるきっかけを作ったのは山根である(詳細は達川の項を参照)。
  • 結婚の際に婿養子に入ったため、現在の本姓は「清水」である。だが、「野球に関わる仕事をしている時は『山根』の方が通りがいいだろう」ということで、選手・コーチとしてユニフォームを着ている間は「山根和夫」の名でリーグに登録していた他、野球評論家・解説者としても「山根」姓を使用していた。
  • 1984年の日本シリーズで優勝のかかった第7戦に先発。そのまま完投勝利で日本シリーズ胴上げ投手となったが、試合が終了した瞬間にマウンドに駆け寄った捕手の達川がそのまま山根に飛び付き、投手の山根が受け止めて喜びを表現した。広島はこのシリーズを最後に日本一になってないため今のところ(2016年現在)広島最後の日本シリーズ胴上げ投手となっている。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1977 広島 9 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 52 12.0 11 2 7 0 0 8 1 0 7 3 2.25 1.50
1978 2 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 3 0.1 2 0 0 0 0 0 0 0 1 1 27.00 6.00
1979 27 14 5 2 1 8 4 0 -- .667 537 130.1 129 12 23 6 2 83 2 0 48 42 2.91 1.17
1980 35 33 14 2 3 14 13 0 -- .519 958 230.2 233 24 53 6 1 112 2 0 90 76 2.96 1.24
1981 29 28 14 3 6 12 11 0 -- .522 794 195.1 199 18 28 5 3 94 0 1 80 67 3.09 1.16
1982 30 29 10 1 2 7 12 0 -- .368 823 191.2 209 19 43 6 4 66 3 2 84 72 3.38 1.31
1983 34 29 9 1 3 10 13 2 -- .435 884 207.2 212 27 53 2 4 67 0 0 100 88 3.81 1.28
1984 32 32 13 3 2 16 8 0 -- .667 920 222.0 224 25 50 1 4 102 4 0 90 84 3.41 1.23
1985 10 4 0 0 0 0 2 0 -- .000 88 18.2 31 6 5 0 0 8 0 0 20 20 9.64 1.93
1986 1 1 0 0 0 0 0 0 -- ---- 11 2.0 3 0 2 0 0 0 0 0 1 1 4.50 2.50
1987 西武 6 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 33 7.0 5 1 7 0 1 4 0 0 2 2 2.57 1.71
1988 32 0 0 0 0 5 0 2 -- 1.000 199 49.1 36 4 17 5 0 39 0 0 8 7 1.28 1.07
1989 31 0 0 0 0 6 1 4 -- .857 228 53.1 54 7 16 3 1 29 0 0 25 23 3.88 1.31
通算:13年 278 170 65 12 17 78 64 8 -- .549 5530 1320.1 1348 145 304 34 20 612 12 3 556 486 3.31 1.25
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
  • 初登板:1977年8月25日、対読売ジャイアンツ21回戦(広島市民球場)、7回表1死に4番手で救援登板、1回2/3を無失点
  • 初奪三振:同上、7回表に河埜和正から
  • 初勝利:1979年7月12日、対読売ジャイアンツ15回戦(広島市民球場)、2回表に2番手で救援登板、6回2/3を無失点
  • 初先発:1979年7月31日、対読売ジャイアンツ16回戦(広島市民球場)、5回0/3を2失点
  • 初先発勝利・初完投勝利・初完封勝利:1979年8月5日、対ヤクルトスワローズ17回戦(明治神宮野球場
  • 初セーブ:1983年10月3日、対読売ジャイアンツ25回戦(浜松球場)、6回裏2死に3番手で救援登板・完了、3回1/3を1失点
その他の記録

背番号[編集]

  • 35 (1977年 - 1979年)
  • 17 (1980年 - 1990年)
  • 84 (1997年 - 1999年)

脚注[編集]

  1. ^ 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年
  2. ^ 『昭和55年 写真生活』p28-29(2017年、ダイアプレス)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]