義原武敏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
義原 武敏
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 島根県安来市
生年月日 1937年7月29日
没年月日 2010年?月?日
身長
体重
174 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
初出場 1956年
最終出場 1962年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

義原 武敏(よしはら たけとし、1937年7月29日 - 2010年[1])は、島根県安来市出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

安来中学校から進学した米子東高校では、学制改革で戦力が手薄となっていたため1年春から先発として起用される。2年時には阪神軍でプレー経験がある大橋棣監督の下、1954年第36回全国高等学校野球選手権大会に出場。1回戦は滝川高に延長11回サヨナラ勝ち。2回戦に進出するが、榎本喜八らのいた早稲田実に敗れる[2]。翌年は持病の肋間神経痛のため精彩を欠き、夏の県予選は準決勝で倉吉東に敗退した。中学、高校の1級後輩に、海外からの引き揚げによる年齢超過が認められ、1956年に19歳で夏の甲子園に出場した長島康夫投手(富士鉄広畑)がいる。

1956年読売ジャイアンツへ入団。1年目は6勝を挙げてチームはリーグ優勝。この年の西鉄ライオンズとの日本シリーズには第5戦に負けている場面でリリーフ登板し、チームが8回に逆転して勝利し義原に勝ち星が付いた。第6戦もリリーフで登板し無失点で抑えるがチームは負けてシリーズ優勝を逃した。翌年の1957年は7勝を挙げ、この年もチームはリーグ優勝。日本シリーズは2年連続で西鉄が相手。第1戦で先発し3回までは一人も走者を出さない投球だったが4回に連打を喰らい失点。6回には豊田泰光本塁打を打たれこの回で降板。第3戦も先発で登板し5回まで1安打ピッチングだったが6回に突如崩れ失点し負け投手となった。3年目の1958年も3年連続で日本シリーズで登板するがまたチームは優勝できなかった。1959年は初の2桁勝利となる10勝を記録。日本シリーズでは57年以来となる第1戦に先発したが初回から乱調となり負け投手。第3戦は延長10回に登板するが決勝点を奪われまたも負け投手となりチームは4年連続でシリーズ優勝を逃した。1960年からは成績も振るわず、1962年近鉄バファローズへ移籍するが結果は残せずこの年に引退した。ドロップ、2種類のカーブ、シュートを武器とした。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1956 巨人 34 12 1 1 0 6 3 -- -- .667 408 97.0 81 2 50 2 2 66 1 2 36 23 2.13 1.35
1957 26 15 3 1 1 7 3 -- -- .700 423 110.1 75 7 25 1 2 59 1 0 21 18 1.46 0.91
1958 38 9 0 0 0 7 5 -- -- .583 543 134.1 104 11 35 2 6 111 2 0 47 40 2.67 1.03
1959 39 8 4 2 1 10 4 -- -- .714 470 117.2 86 4 36 0 4 70 4 1 31 24 1.83 1.04
1960 27 8 2 0 0 2 6 -- -- .250 298 75.1 69 4 16 2 3 34 0 0 23 20 2.37 1.13
1961 21 3 0 0 0 1 2 -- -- .333 181 45.0 35 0 17 2 0 13 0 0 10 8 1.60 1.16
1962 近鉄 4 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 18 3.2 6 0 2 0 0 2 0 0 1 0 0.00 2.18
通算:7年 189 55 10 4 2 33 23 -- -- .589 2341 583.1 456 28 181 9 17 355 8 3 169 133 2.05 1.09

背番号[編集]

  • 34 (1956年 - 1961年)
  • 36 (1962年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ http://yonagohigashi.blog129.fc2.com/blog-entry-45.html
  2. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年