伊藤芳明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
伊藤 芳明
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 静岡県浜名郡北浜村貴布祢(現:浜松市浜北区貴布祢)
生年月日 (1933-12-30) 1933年12月30日(83歳)
身長
体重
175 cm
71 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1959年
初出場 1959年4月11日
最終出場 1969年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 読売ジャイアンツ (1980)

伊藤 芳明(いとう よしあき、1933年12月30日 - )は、静岡県浜名郡北浜村貴布祢(現:浜松市浜北区[1]出身の元プロ野球選手投手)・コーチ

経歴[編集]

中学時代に野球を始めて投手となり、興誠商業高校では2年生からエースとして活躍[1]1952年中央大学へ進学すると、1年の春季から東都大学リーグで登板。1953年春季のリーグ優勝に貢献し、同年の日本選手権では決勝で立大に敗れ準優勝。1954年秋季リーグの対東農大戦でリーグ史上4人目のノーヒットノーランを達成[1]。リーグ通算57試合登板、21勝13敗。大学同期に鈴木隆穴吹義雄がいる。卒業後は日本生命に入社し、1957年から2年連続で都市対抗に出場[1]

1959年読売ジャイアンツへ入団すると、同じ新人の王貞治と同部屋になる[2]。オープン戦から好調で[3]、前年度29勝を挙げて最優秀選手となった藤田元司を差し置いて、新人ながら開幕投手を務めるなど、36試合に投げ7勝9敗防御率2.98を記録する[1]1960年10勝、1961年13勝と、堀本律雄中村稔に次ぐチーム2位の勝ち星を挙げた。特に、1961年は勝率.684で最高勝率のタイトルを獲得するとともに、防御率2.11もリーグ3位と好成績をあげ、川上哲治監督の初優勝に貢献している。1962年は不本意な救援投手への転向によりわずか4勝に終わる[3]。しかし、1963年には再び先発投手に復帰して10完封を含む19勝8敗防御率1.90(リーグ2位)とチームの勝ち頭となり、2年ぶりのリーグ優勝に貢献、沢村賞のタイトルにも輝いた[1]1964年は左足の肉離れから投球フォームを崩して11勝と勝ち星を減らし[3]、翌1965年の故障により2勝に終わると[4]、同年オフに池沢義行久保田治島田雄二との1対3のトレード東映フライヤーズへ移籍。東映ではしばしば先発投手も務めたが、4シーズンでわずか5勝と不本意な成績に終わり、1969年を最後に引退した。新人の年を含め開幕投手を3回、オールスターゲームにも3度出場している[1]

引退後は巨人に戻り、1970年からスカウトになり[5]1979年まで務め、1981年から2000年まで再びスカウト、1980年のみ二軍投手コーチを務めた。

選手としての特徴[編集]

威力のある重い球質の速球ドロップを得意とした[4]。ピッチングは力強かったが、投球フォームはコックンコックンしてリズム感に乏しかったという[2]

人物[編集]

巨人に入団した当初から新人離れした風貌で、おっちゃんニックネームで呼ばれた[4]。他人の悪口を決して言わず、誰からも好かれる誠実な人柄であった[3]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1959 巨人 36 26 6 4 1 7 9 -- -- .438 627 154.0 115 16 64 0 2 131 1 0 58 51 2.98 1.16
1960 53 26 5 1 0 10 9 -- -- .526 747 187.2 150 20 58 5 1 157 4 0 76 67 3.21 1.11
1961 51 19 1 1 0 13 6 -- -- .684 778 187.2 146 9 83 0 3 166 2 1 49 44 2.11 1.22
1962 39 16 3 1 0 4 5 -- -- .444 520 123.0 108 9 55 4 2 96 5 1 44 37 2.71 1.33
1963 39 32 18 10 2 19 8 -- -- .704 917 236.1 153 12 78 1 1 166 3 0 56 50 1.90 0.98
1964 44 31 9 2 1 11 12 -- -- .478 847 206.2 173 21 75 2 4 130 1 2 84 79 3.43 1.20
1965 23 13 0 0 0 2 5 -- -- .286 277 66.2 41 10 31 1 0 55 0 0 33 31 4.16 1.08
1966 東映 37 10 2 0 0 1 3 -- -- .250 363 90.2 75 7 31 0 1 59 0 0 34 28 2.77 1.17
1967 38 4 0 0 0 1 0 -- -- 1.000 313 72.1 74 4 26 3 0 67 1 0 26 24 3.00 1.38
1968 34 16 1 0 1 3 5 -- -- .375 404 90.0 93 12 42 1 3 50 1 0 49 39 3.90 1.50
1969 17 2 0 0 0 0 1 -- -- .000 120 28.1 28 4 11 1 0 16 0 0 12 10 3.21 1.38
通算:11年 411 195 45 19 5 71 63 -- -- .530 5913 1443.1 1156 124 554 18 17 1093 18 4 521 460 2.87 1.18
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 21 (1959年 - 1965年)
  • 12 (1966年 - 1969年)
  • 73 (1980年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、56ページ
  2. ^ a b 『巨人軍の男たち』217ページ
  3. ^ a b c d 『ジャイアンツ栄光の70年』54頁
  4. ^ a b c 『日本プロ野球 歴代名選手名鑑』109ページ
  5. ^ 内外タイムス1970年4月1日(31日発行)10面「ただいま"スカウト"一年生 四年ぶりに古巣の巨人に帰った伊藤芳明氏」

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]