1957年の日本シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗1957年の日本シリーズ
チーム 勝数(引分数)
西鉄ライオンズ() 4(1)
読売ジャイアンツ() 0(1)
ゲームデータ
試合日程 1957年10月26日-11月1日
最高殊勲選手 大下弘
敢闘選手 宮本敏雄
チームデータ
西鉄ライオンズ ()
監督 三原脩
シーズン成績 83勝44敗5分
(シーズン1位) 
読売ジャイアンツ()
監督 水原茂
シーズン成績 74勝53敗3分
(シーズン1位)
日本シリーズ
 < 1956 1958 > 

1957年の日本シリーズ(1957ねんのにっぽんシリーズ、1957ねんのにほんシリーズ)は、1957年10月26日から11月1日まで行われた第8回プロ野球日本選手権シリーズである。セ・リーグ優勝チームである読売ジャイアンツ(巨人 - 水原茂監督)とパ・リーグ優勝チームである西鉄ライオンズ(西鉄 - 三原脩監督)の対戦である。後楽園球場平和台球場で行われた。

概要[ソースを編集]

「水原巨人」と「三原西鉄」の対決は、1956年1958年の3年連続であったが、本シリーズは「2年目」にあたる。

西鉄が4勝0敗1引き分けで制したもので、その4勝はいずれも1点差であった。この「1点差4連勝」について、点差以上の力の差が両チームにあったという見方がなされている。なかでも、巨人の投手陣の不安定さ、広岡達郎が故障で欠場しがちであったことなどがあげられている[1][2]

本シリーズは、引き分けを挟むが、4勝無敗で制された初のシリーズとなる(シリーズ4連勝は引き分けを挟まないストレート勝ちの場合は、その後2016年時点で[3]5例)。引き分けを挟んでの4勝無敗優勝は、他に1975年阪急ブレーブスがある。なお、三原は、1960年大洋ホエールズ監督として、「1点差ストレート4連勝」で日本シリーズを制している。

試合結果[ソースを編集]

1957年 日本シリーズ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月26日(土) 第1戦 読売ジャイアンツ 2-3 西鉄ライオンズ 平和台球場
10月27日(日) 第2戦 読売ジャイアンツ 1-2 西鉄ライオンズ
10月28日(月) 移動日
10月29日(火) 第3戦 雨天中止 後楽園球場
10月30日(水) 西鉄ライオンズ 5-4 読売ジャイアンツ
10月31日(木) 第4戦 西鉄ライオンズ 0-0 読売ジャイアンツ
11月1日(金) 第5戦 西鉄ライオンズ 6-5 読売ジャイアンツ
優勝:西鉄ライオンズ(2年連続2回目)

第1戦[ソースを編集]

10月26日 平和台球場 入場者数:23992人

巨人 1 0 0 0 0 0 1 0 0 2
西鉄 0 0 0 1 0 1 1 0 X 3
(巨) 義原、藤田、●大友(1敗)、木戸、別所 - 藤尾、森
(西) ○稲尾(1勝) - 和田
本塁打
(西) 豊田1号ソロ(6回義原)

[審判]パ二出川(球)セ筒井、パ横沢三、セ円城寺(塁)パ角谷、セ小柴(外)

公式記録関係(日本野球機構ページ)

第2戦[ソースを編集]

10月27日 平和台球場 入場者数:24373人

巨人 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1
西鉄 0 0 0 0 0 0 0 0 2x 2
(巨) ●堀内(1敗)、藤田 - 藤尾、森
(西) ○河村(1勝)- 和田
本塁打
(巨) 宮本1号ソロ(9回河村)

[審判]セ(球)パ横沢三、セ筒井、パ角谷(塁)セ小柴、パ浜崎(外)

公式記録関係(日本野球機構ページ)

第3戦[ソースを編集]

10月30日 後楽園球場 入場者数:30484人

西鉄 0 0 0 0 0 2 2 1 0 5
巨人 2 0 0 0 0 0 0 2 0 4
(西) ○稲尾(2勝)- 和田
(巨) ●義原(1敗)、堀内、藤田 - 藤尾
本塁打
(西) 大下1号2ラン(6回義原)、関口1号ソロ(8回藤田)
(巨) 与那嶺1号ソロ(1回1点稲尾)、宮本2号2ラン(8回稲尾)

[審判]パ二出川(球)セ円城寺、パ角谷、セ小柴(塁)パ浜崎、セ筒井(外)

公式記録関係(日本野球機構ページ)

第4戦[ソースを編集]

10月31日 後楽園球場 入場者数:27649人(延長10回)

西鉄 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
巨人 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
(西) 河村、島原、- 日比野、和田
(巨) 木戸、堀内 - 藤尾、森

[審判]セ島(球)パ横沢三、セ小柴、パ二出川(塁)セ円城寺、パ角谷(外)

巨人、西鉄ともに無得点で延長10回引き分けに終わった。

公式記録関係(日本野球機構ページ)

第5戦[ソースを編集]

11月1日 後楽園球場 入場者数:30519人

西鉄 1 0 0 0 1 4 0 0 0 6
巨人 0 0 1 0 2 0 0 2 0 5
(西) 若生、西原、河村、○島原(1勝) - 和田
(巨) 別所、藤田、●木戸(1敗)、義原 - 森、藤尾
本塁打
(西) 和田1号ソロ(5回藤田) 和田2号3ラン(6回義原)
(巨) 十時1号ソロ(3回若生)、川上哲1号ソロ(8回河村)

[審判]パ浜崎(球)セ筒井、パ横沢三、セ円城寺(塁)パ角谷、セ小柴(外)

公式記録関係(日本野球機構ページ)

表彰選手[ソースを編集]

  • 最優秀選手賞 大下弘(西)
  • 首位打者賞 大下弘(西)
  • 最優秀投手賞 稲尾和久(西)
  • 技能賞 和田博実(西)
  • 優秀選手賞 豊田泰光(西)
  • 敢闘賞 宮本敏雄(巨)

テレビ・ラジオ中継[ソースを編集]

テレビ中継[ソースを編集]

  • 第1戦:10月26日
  • 第2戦:10月27日
  • NHKテレビ 実況:岡田実 解説:小西得郎
  • 日本テレビ大阪テレビ中部日本放送 実況:小林一繁(朝日放送) 解説:浜崎真二 ゲスト:山田穣
  • 第3戦:10月30日
  • 第4戦:10月31日
  • NHKテレビ 実況:志村正順 解説:小西得郎
  • 日本テレビ大阪テレビ中部日本放送 解説:中澤不二雄
  • 第5戦:11月1日
  • NHKテレビ 実況:岡田実 解説:石本秀一
  • 日本テレビ大阪テレビ中部日本放送 実況:越智正典(日本テレビ) 解説:中澤不二雄 ゲスト解説:南村侑広巨人を退団し引退)

1957年当時、福岡に民放テレビ局は開局していなかった。また、当時は東京以外には民放テレビ局が1つずつしかなかったため、現在のネットワーク系列とは異なる放送局(事実上、NTVとラジオ東京=KRT。現・TBSテレビとのクロスネット)で中継されていた。

ラジオ中継[ソースを編集]

  • 第1戦:10月26日
  • 第2戦:10月27日 
  • NHKラジオ第2 実況:志村正順 解説:石本秀一
  • 九州朝日放送ほか 実況:長谷川弘志 ゲスト解説:山本一人
  • 日本短波放送(録音)
  • 第3戦:10月30日
  • 第4戦:10月31日
  • 第5戦:11月1日
  • NHKラジオ第2 実況:志村正順 解説:小西得郎
  • 朝日放送ほか 実況:中村鋭一 解説:宇野光雄
  • 日本短波放送(録音) 実況:宮和夫 解説:飯島滋弥

脚注[ソースを編集]

参考文献[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]