1979年の日本シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗1979年の日本シリーズ
チーム 勝数(引分数)
広島東洋カープ() 4
近鉄バファローズ() 3
ゲームデータ
試合日程 1979年10月27日-11月4日
最高殊勲選手 高橋慶彦
敢闘選手 井本隆
チームデータ
広島東洋カープ ()
監督 古葉竹識
シーズン成績 67勝50敗13分
(シーズン1位) 
近鉄バファローズ()
監督 西本幸雄
シーズン成績 74勝45敗11分
(前期1位・PO優勝)
日本シリーズ
 < 1978 1980 > 

1979年の日本シリーズ(1979ねんのにっぽんシリーズ、1979ねんのにほんシリーズ)は、1979年10月27日から11月4日まで行われたセ・リーグ優勝チームの広島東洋カープパ・リーグ優勝チームの近鉄バファローズによる第30回プロ野球日本選手権シリーズである。

概要[編集]

1975年以来2度目の出場となった古葉竹識監督率いる広島東洋カープと、プレーオフで阪急ブレーブスに3連勝し初出場となった西本幸雄監督率いる近鉄バファローズの対決は、広島が4勝3敗で球団創設以来初の日本一。MVPは7戦全試合で安打を放ち4割4分4厘、1本塁打、2得点の好成績を挙げた高橋慶彦[1]

第6戦までは全てホームチームが勝利という「内弁慶シリーズ」だったが[2]、第7戦では後に「江夏の21球」と語り継がれる9回裏の攻防で球史に残る名場面を生んだ。山本浩二栗橋茂ら主力打者が不振だった一方[3]、先発陣は山根和夫井本隆がそれぞれ2勝、鈴木啓示も1勝止まりながら防御率0.95を記録した。

近鉄主管は日生球場または藤井寺球場で開くところだが、日生は収容人数が30,000人に満たず、藤井寺も当時はナイター設備がなかったため、当時南海ホークスの本拠地だった大阪球場を借りて行われた(プレーオフも同様)。同球場での日本シリーズは1973年以来6年ぶり。

試合結果[編集]

1979年 日本シリーズ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月27日(土) 第1戦 広島東洋カープ 2-5 近鉄バファローズ 大阪球場
10月28日(日) 第2戦 広島東洋カープ 0-4 近鉄バファローズ
10月29日(月) 移動日
10月30日(火) 第3戦 近鉄バファローズ 2-3 広島東洋カープ 広島市民球場
10月31日(水) 第4戦 近鉄バファローズ 3-5 広島東洋カープ
11月1日(木) 第5戦 近鉄バファローズ 0-1 広島東洋カープ
11月2日(金) 移動日
11月3日(土) 第6戦 広島東洋カープ 2-6 近鉄バファローズ 大阪球場
11月4日(日) 第7戦 広島東洋カープ 4-3 近鉄バファローズ
優勝:広島東洋カープ(初優勝)

第1戦[編集]

10月27日 大阪 入場者25121人

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
広島 0 1 0 0 0 0 0 0 1 2 4 1
近鉄 2 0 0 1 0 2 0 0 X 5 7 0
  1. 広 : 北別府、大野、福士、渡辺秀
  2. 近 : 井本
  3. : 井本(1勝)  : 北別府(1敗)  
  4. 審判:球審…斎田、塁審…久保田・岡田哲・岡田和、外審…前川・山本文
  5. 試合時間:3時間7分

近鉄の先発は井本隆。広島は北別府学

1回裏近鉄の先頭打者平野光泰のショートゴロを高橋慶彦がエラーしこれをきっかけに2死満塁のチャンスを作ると、羽田耕一が中前打を放ち2点先制。広島は2回に水谷実雄の適時打で1点を返す。4回裏近鉄は永尾泰憲の適時打で1点を追加。6回にも2番手の大野豊を攻め2死満塁とすると、代わった福士明夫から石渡茂が2点適時打を放ち[4]5-1。井本は9回に1点を失ったが結局完投し[5]、近鉄が1勝を挙げる。

第2戦[編集]

10月28日 大阪 入場者27848人

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
広島 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 6 2
近鉄 0 0 0 0 0 0 4 0 X 4 4 0
  1. 広 : 山根、江夏、渡辺秀
  2. 近 : 鈴木
  3. : 鈴木(1勝)  : 山根(1敗)  
  4. :  近 – 有田修1号2ラン(7回・江夏)
  5. 審判:球審…山本文、塁審…前川・久保田・岡田哲、外審…福井・藤本
  6. 試合時間:3時間1分

近鉄の先発は鈴木啓示。広島は山根和夫。

試合は鈴木と山根の投手戦となる。山根は5回まで近鉄打線をパーフェクトに抑えるが、対する攻撃陣が3回・4回・5回と立て続けにバント失敗→併殺打の拙攻でチャンスを作れない。7回裏、近鉄は小川亨が山根からチーム初安打を放ち、次打者のチャーリー・マニエルはツーボールとなり、ここで広島ベンチは山根に代えて江夏を投入する[6]。近鉄ベンチは打者走者の小川に変えて藤瀬史朗を代走に送る。マニエルは江夏から安打を放ち無死1、3塁とする。マニエルの代走に阿部成宏。近鉄は続く栗橋茂の代打クリス・アーノルドが中犠飛を放って1点先制。続く羽田が適時打でもう1点を追加。さらに有田修三が江夏から中越え2ランを放ち4-0[7]

第2戦の先発に回された鈴木は、エースの意地で広島打線を4安打に抑えて完封勝利[8]

第3戦[編集]

10月30日 広島 入場者29032人

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
近鉄 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2 6 0
広島 0 1 0 0 0 0 2 0 X 3 7 0
  1. 近 : 村田、柳田、山口
  2. 広 : 池谷、江夏
  3. : 池谷(1勝)  : 柳田(1敗)  S: 江夏(1S)  
  4. :  広 – 水谷1号ソロ(2回・村田)
  5. 審判:球審…藤本、塁審…福井・前川・久保田、外審…斎田・岡田和
  6. 試合時間:3時間8分

先発は広島が池谷公二郎、近鉄は村田辰美。広島は不振の衣笠祥雄エイドリアン・ギャレットがスタメン落ち。

近鉄は1回表に1死満塁から押し出し四球と併殺崩れで2点を先制。しかし広島は2回に水谷の本塁打で1点を返す。池谷も3回から立ち直り近鉄に追加点を許さない。広島は7回裏先頭の山崎隆造が二塁打を放つ。ライトルの2塁ゴロで1死3塁となり、続く代打萩原康弘がカウント2-0と追い込まれるが続く3球目の内角球を死球[9]。1死1・3塁から代打内田順三の適時打で同点に追いつく。ここで近鉄はストッパーの山口哲治を投入するが、途中出場のギャレットが適時打を放ち逆転[10]。このシリーズ初めてリードを奪った広島は8回から江夏を投入。江夏は8回のピンチを三振併殺で切り抜けると9回も抑え、広島がシリーズ通算9戦目で初勝利を挙げた。

第4戦[編集]

10月31日 広島 入場者29057人

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
近鉄 0 0 2 0 0 0 0 0 1 3 6 2
広島 0 0 0 3 0 0 2 0 X 5 7 0
  1. 近 : 井本、村田、山口、橘
  2. 広 : 福士
  3. : 福士(1勝)  : 井本(1勝1敗)  
  4. :  近 – マニエル1号2ラン(3回・福士)、有田修2号ソロ(9回・福士)  広 – 水谷2号2ラン(4回・井本)、高橋1号2ラン(7回・山口)
  5. 審判:球審…岡田和、塁審…斎田・福井・前川、外審…山本文・岡田哲
  6. 試合時間:2時間46分

近鉄は第1戦完投勝利の井本、一方広島はこの年、松原明夫から改名した福士。シリーズでの先発は南海時代の1973年第3戦以来。近鉄はここまで無安打の平野がスタメン落ち、石渡も腰痛で戦線離脱。

近鉄は3回にマニエルの2ランで先制。しかし広島は4回裏、無死1・3塁から山本浩二が右翼への浅い飛球を放つも、マニエルの本塁送球が逸れて山崎が生還。さらにこの送球の間に1塁走者の三村敏之も2塁へ。これで楽になった次打者の水谷は左越えに逆転2ランを放つ。7回裏、連投の村田が2死3塁のピンチを招くと西本監督は山口を連日のリリーフ起用。しかしその代わり端を高橋が叩き右越え2ランで突き放す。福士は9回に有田修にソロ本塁打を浴びるも完投勝利。シーズン途中から日本シリーズを見据えて調整を続けており、この日の投球を「100点満点の1000点」と自賛した[11]

第5戦[編集]

11月1日 広島 入場者29090人

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
近鉄 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0
広島 0 0 0 0 0 1 0 0 X 1 7 0
  1. 近 : 鈴木、柳田
  2. 広 : 山根
  3. : 山根(1勝1敗)  : 鈴木(1勝1敗)  
  4. 審判:球審…岡田哲、塁審…山本文・斎田・福井、外審…藤本・久保田
  5. 試合時間:2時間52分

先発は広島山根、近鉄鈴木と第2戦と同じ顔合わせ。試合は第2戦同様投手戦となった。広島は6回裏、先頭の山根が中前打で出塁、その後2死2塁とすると三村は右方向へ大飛球を打ち上げる。マニエルは懸命に追ったが打球はその頭上を越え山根が生還[12]。山根は近鉄打線を2安打に抑え完封、第2戦の雪辱を果たした。広島が2連敗の後地元で3連勝し、日本一に王手をかけた。なおこの試合、衣笠の出番はなかった[13]

第6戦[編集]

11月3日 大阪 入場者27813人

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
広島 1 0 0 0 0 0 0 0 1 2 6 0
近鉄 0 1 3 1 0 1 0 0 X 6 9 0
  1. 広 : 池谷、大野、渡辺秀、北別府
  2. 近 : 井本
  3. : 井本(2勝1敗)  : 池谷(1勝1敗)  
  4. :  広 – 三村1号ソロ(1回・井本)、山本浩1号ソロ(9回・井本)  近 – 梨田1号2ラン(3回・大野)
  5. 審判:球審…久保田、塁審…藤本・山本文・斎田、外審…岡田和・前川
  6. 試合時間:2時間48分

近鉄は第4戦でKOされた井本が志願の中2日での先発[14]。一方広島の先発は池谷。近鉄は4番にアーノルド、5番に梨田昌崇を起用、石渡がスタメンに復帰。

広島が1回表に三村の右越え本塁打で先制。近鉄は2回裏に1死1・3塁から平野の一ゴロで同点とすると、3回にもマニエルの適時打と梨田の2ランで3点を勝ち越した。4回にも平野の犠飛で1点を追加すると、6回には無死1・3塁から平野がスクイズで6-1とした。平野はこの試合で先発出場するも3打席無安打でシリーズ新記録となる20打席連続無安打となったが、3打点を挙げ活躍。井本は9回に山本にソロ本塁打を浴びるも気迫で完投勝利、シリーズを3勝3敗のタイに持ち込んだ。

第7戦[編集]

11月4日 大阪 入場者24376人

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
広島 1 0 1 0 0 2 0 0 0 4 10 1
近鉄 0 0 0 0 2 1 0 0 0 3 9 1
  1. 広 : 山根、福士、江夏
  2. 近 : 鈴木、柳田、山口
  3. : 山根(2勝1敗)  : 柳田(2敗)  S: 江夏(2S)  
  4. :  広 – 水沼1号2ラン(6回・柳田)  近 – 平野1号2ラン(5回・山根)
  5. 審判:球審…前川、塁審…岡田和・藤本・山本文、外審…岡田哲・福井
  6. 試合時間:3時間29分

第7戦は広島が山根、近鉄は鈴木。両者とも中2日での先発。

広島は1回表、高橋の右前打をマニエルが後逸、無死3塁とするとスタメン復帰の衣笠が適時打を放ち先制。さらに3回にも水谷の適時打で2-0とする。近鉄は5回裏、1死2塁から21打席連続無安打の平野がシリーズ初安打となる1号2ランを放ち同点。しかし広島は6回表、2死から萩原が安打で出塁すると続く水沼四郎が左越え2ランを放ち4-2と勝ち越し。近鉄は6回裏1死2・3塁から羽田の三ゴロで1点を返す。その後、広島は7回2死から江夏を投入、近鉄も1点ビハインドの8回から山口を登板させる総力戦。

そして9回裏、近鉄は先頭の羽田が中前打で出塁。アーノルドの打席で代走の藤瀬が盗塁を試みると、捕手水沼の送球が逸れ無死3塁。その後アーノルドが四球で出塁し、代走の吹石徳一が盗塁。広島は満塁策を取り、平野を敬遠して無死満塁となる。近鉄は代打に佐々木を起用するが三振。続く石渡の打席で近鉄ベンチはスクイズを敢行するが、江夏はスローカーブでこれを外し藤瀬が本塁手前で憤死。その後石渡も空振り三振に倒れ、ここに広島の初の日本一が決定した。

表彰選手[編集]

なお、本来MVP受賞者にはトヨタ自動車協賛の乗用車が贈られるが、カープの資本関係上東洋工業協賛のものが贈呈された。

翌年からは優秀選手賞に一本化されたため、日本シリーズでの打撃賞、最優秀投手賞、技能賞の表彰はこの年が最後となった。

テレビ・ラジオ中継[編集]

テレビ中継[編集]

ラジオ中継[編集]

出典[編集]

  1. ^ 報知新聞1979年11月5日1面「やったぜ車と百万円 高橋慶 『最高の年です』一流の階段かけ上がる」
  2. ^ 日刊スポーツ1979年11月4日15面「あなたの社会部 なんでこうなるの!?近・広決戦 変ですネ 内弁慶シリーズ」
  3. ^ 日刊スポーツ1979年11月3日3面「どん底シリーズ 山本浩 衣笠 栗橋 平野 4人で1安打!」
  4. ^ 読売新聞1979年10月28日17面「言葉うわずる石渡」読売新聞縮刷版1979年10月p1063
  5. ^ 読売新聞1979年10月28日17面「SBO 山口の助け借りぬ!」読売新聞縮刷版1979年10月p1063
  6. ^ 読売新聞1979年10月29日17面「広島いぜん片目開かず」読売新聞縮刷版1979年10月p1095
  7. ^ 読売新聞1979年10月29日17面「SBO あの球を打つとは・・必ずお返しを 江夏」読売新聞縮刷版1979年10月p1095
  8. ^ 読売新聞1979年10月29日「アングル オレはエース、勝負だ 鈴木“セの主砲”山本浩を仕とめる」読売新聞縮刷版1979年10月p1095
  9. ^ 読売新聞10月31日17面「SBO 若ゴイ山崎、起爆の長打 プロ3年目、スイッチ実る」読売新聞縮刷版1979年10月p1175
  10. ^ 読売新聞1979年10月31日17面「右投手攻略はボクの役割ネ G砲ニンマリ」読売新聞縮刷版1979年10月p1175
  11. ^ 中国新聞1979年11月1日14面「福士 一球入魂の快投 自分で『満点です』初戦の屈辱 見事晴らす」
  12. ^ 報知新聞1979年11月2日2面「不安的中 一番弱いところマニエルへ球が・・」
  13. ^ 報知新聞1979年11月2日3面「衣笠ついに出番なし」
  14. ^ 報知新聞1979年11月4日1面「日本一へ燃える男の詩 井本隆 大舞台・救援(初出場)の経験実る」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]