1966年の日本シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 1966年の日本シリーズ
チーム 勝数(引分数)
読売ジャイアンツ() 4
南海ホークス() 2
ゲームデータ
試合日程 1966年10月12日-10月19日
最高殊勲選手 柴田勲
敢闘選手 渡辺泰輔
チームデータ
読売ジャイアンツ ()
監督 川上哲治
シーズン成績 89勝41敗4分
(シーズン1位) 
南海ホークス()
監督 鶴岡一人
シーズン成績 79勝51敗3分
(シーズン1位)
日本シリーズ
 < 1965 1967 > 

1966年の日本シリーズ(1966ねんのにっぽんシリーズ、1966ねんのにほんシリーズ)は、1966年10月12日から10月19日まで行われたセ・リーグ優勝チームの読売ジャイアンツパ・リーグ優勝チームの南海ホークスによる第17回プロ野球日本選手権シリーズである。後楽園球場大阪球場で行われた。

試合結果[編集]

1966年 日本シリーズ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月12日(水) 第1戦 南海ホークス 5-12 読売ジャイアンツ 後楽園球場
10月13日(木) 第2戦 南海ホークス 5-2 読売ジャイアンツ
10月14日(金) 移動日
10月15日(土) 第3戦 雨天中止 大阪球場
10月16日(日) 読売ジャイアンツ 3-2 南海ホークス
10月17日(月) 第4戦 読売ジャイアンツ 8-1 南海ホークス
10月18日(火) 第5戦 読売ジャイアンツ 3-4 南海ホークス
10月19日(水) 第6戦 南海ホークス 0-4 読売ジャイアンツ 後楽園球場
優勝:読売ジャイアンツ(2年連続8回目)

第1戦[編集]

10月12日 後楽園球場 入場者数:27145人 試合開始13:00 試合時間2時間52分

南海 0 0 0 2 0 1 0 0 2 5
巨人 2 0 2 0 4 0 1 3 X 12
(南) ●渡辺(1敗)、村上、皆川、森中、三浦、合田 - 野村、鈴木孝、高橋博
(巨) ○城之内(1勝)、高橋明 - 森
本塁打
(南) 堀込1号(4回、城之内)、国貞1号(9回2ラン、高橋明)
(巨) 長島1号(3回2ラン、村上)

[審判]セ筒井(球)パ小島、セ岡田、パ川瀬(塁)パ久喜、セ田代(外)


公式記録関係(日本野球機構ページ)

第2戦[編集]

10月13日 後楽園球場 入場者数:27395人 試合開始13:00 試合時間2時間39分

南海 2 0 0 0 0 0 2 0 1 5
巨人 0 0 0 0 0 0 0 1 1 2
(南) ○渡辺(1勝1敗) - 野村
(巨) ●堀内(1敗)、益田、渡辺、種部 - 森
本塁打
(南) 中島1号(7回、渡辺)、小池1号(7回、渡辺)
(巨) 柴田1号(8回、渡辺)

[審判]パ小島(球)セ竹元、パ田川、セ岡田(塁)セ田代、パ久喜(外)


公式記録関係(日本野球機構ページ)

第3戦[編集]

10月16日 大阪球場 入場者数:29978人 試合開始13:00 試合時間2時間8分

巨人 0 0 0 0 1 1 1 0 0 3
南海 0 0 0 0 1 0 1 0 0 2
(巨) ○城之内(1勝1敗) - 森
(南) ●渡辺(1勝2敗)、村上 - 野村
本塁打
(巨) 王1号(6回、渡辺)

[審判]セ竹元(球)パ川瀬、セ筒井、パ田川(塁)パ久喜、セ田代(外)


公式記録関係(日本野球機構ページ)

第4戦[編集]

10月17日 大阪球場 入場者数:30178人 試合開始13:00 2時間35分

巨人 0 2 0 3 1 0 0 0 2 8
南海 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1
(巨) ○金田(1勝) - 森
(南) ●皆川(1敗)、村上、合田、杉浦、林 - 野村
本塁打
(巨) 王2号(4回3ラン、村上)、柳田1号(5回、村上)
(南) 穴吹1号(5回、金田)

[審判]パ川瀬(球)セ岡田、パ小島、セ筒井(塁)セ田代、パ久喜(外)


公式記録関係(日本野球機構ページ)

第5戦[編集]

10月18日 大阪球場 入場者数:19791人 試合開始12:59 試合時間3時間50分(延長14回)

巨人 0 0 0 0 0 0 0 2 0 0 0 0 0 1 3
南海 0 0 0 0 0 0 0 2 0 0 0 0 0 2X 4
(巨) 中村、●城之内(2勝1敗) - 森
(南) 渡辺、三浦、杉浦、村上、○合田(1勝)- 野村
本塁打
(巨) 長島2号(8回2ラン、杉浦)
(南) 小池2号(8回2ラン、中村)、ハドリ1号(14回2ラン、城之内)

[審判]セ岡田(球)パ田川、セ竹元、パ小島(塁)パ久喜、セ田代(外)


公式記録関係(日本野球機構ページ)

第6戦[編集]

10月19日 後楽園球場 入場者数:29112人 試合開始13:00 試合時間2時間14分

南海 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
巨人 0 0 0 3 0 1 0 0 X 4
(南) ●皆川(2敗)、三浦、村上、新山 - 野村
(巨) ○益田(1勝) - 森
本塁打
(巨) 柴田2号(4回、皆川)、黒江1号(6回、村上)

[審判]パ田川(球)セ筒井、パ川瀬、セ竹元(塁)セ田代、パ久喜(外)


公式記録関係(日本野球機構ページ)

表彰選手[編集]

  • 最優秀選手賞(MVP)・・・柴田勲(巨人)
  • 最優秀投手賞・・・城之内邦雄(巨人)
  • 打撃賞・・・柴田勲(巨人)
  • 技能賞・・・王貞治(巨人)
  • 優秀選手賞・・・長島茂雄(巨人)
  • 敢闘賞・・・渡辺泰輔(南海)

テレビ・ラジオ中継[編集]

テレビ中継[編集]

  • 第2戦:10月13日
  • 第3戦:10月16日
  • 第4戦:10月17日
  • 第5戦:10月18日
  • よみうりテレビ≪日本テレビ系列≫ 解説:佐々木信也 ゲスト解説:水原茂、村山実
  • NHK総合 解説:小西得郎、加藤進
  • 第6戦:10月19日
  • 日本テレビ 解説:戸倉勝城 ゲスト解説:稲尾和久、江藤愼一
  • NHK総合 実況:岡田実 解説:松木謙治郎、加藤進

※第7戦は日本テレビで中継される予定だった。

ラジオ中継[編集]

  • 第1戦:10月12日
  • 第2戦:10月13日
  • NHKラジオ第1 解説:松木謙治郎
  • TBSラジオ(JRN) 解説:田宮謙次郎 ゲスト解説:稲尾和久
  • 文化放送(NRN) 解説:堀本律雄
  • ニッポン放送(NRN) 解説:関根潤三
  • ラジオ関東 解説:千葉茂
  • 第3戦:10月16日
  • 第4戦:10月17日
  • NHKラジオ第1 解説:小西得郎
  • TBSラジオ(JRN・毎日放送制作) 解説:大島信雄 ゲスト解説:中西太
  • 文化放送(NRN・朝日放送制作) 解説:芥田武夫 ゲスト解説:小山正明
  • ニッポン放送(NRN) 解説:関根潤三 ゲスト解説:稲尾和久
  • ラジオ関東 解説:飯島滋弥
  • 第5戦:10月18日
  • NHKラジオ第1 実況:岡田実 解説:松木謙治郎
  • TBSラジオ(JRN・毎日放送制作) 解説:永井正義 ゲスト解説:中西太
  • 文化放送(NRN・朝日放送制作) 解説:堀本律雄 ゲスト解説:山内一弘阪神
  • ニッポン放送(NRN・朝日放送制作) 解説:笠原和夫 ゲスト解説:小山正明
  • ラジオ関東 解説:宇野光雄
  • 第6戦:10月19日
  • NHKラジオ第1 実況:斎藤政男 解説:小西得郎
  • TBSラジオ(JRN) 解説:大和球士 ゲスト解説:水原茂
  • 文化放送(NRN) 解説:堀本律雄
  • ニッポン放送(NRN) 解説:関根潤三、永井正義
  • ラジオ関東 解説:千葉茂

外部リンク[編集]