1995年の日本シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 1995年の日本シリーズ
チーム 勝数(引分数)
ヤクルトスワローズ() 4
オリックス・ブルーウェーブ() 1
ゲームデータ
試合日程 1995年10月21日-10月26日
最高殊勲選手 トーマス・オマリー
敢闘選手 小林宏
チームデータ
ヤクルトスワローズ ()
監督 野村克也
シーズン成績 82勝48敗
(シーズン1位)
オリックス・ブルーウェーブ()
監督 仰木彬
シーズン成績 82勝47敗1分
(シーズン1位)
日本シリーズ
 < 1994 1996 > 

1995年の日本シリーズ(1995ねんのにっぽんシリーズ、1995ねんのにほんシリーズ)は、1995年10月21日から10月26日まで行われたセ・リーグ優勝チームのヤクルトスワローズパ・リーグ優勝チームのオリックス・ブルーウェーブによる第46回プロ野球日本選手権シリーズである。

概要[編集]

1995年の日本シリーズは1995年のセ・リーグを制したヤクルトスワローズ野村克也監督)と1995年のパ・リーグを制したオリックス・ブルーウェーブ仰木彬監督)の対決となり、ヤクルトが4勝1敗で勝利し2年ぶり3度目の日本一に輝いた。この顔合わせは1978年の日本シリーズ以来17年ぶり(オリックスは当時の前身・阪急ブレーブス)。なお、このシリーズは31年ぶりに全試合ナイターで開催された(以降毎年通例となる。尚これによりヤクルトは神宮球場での開催にあたり東京六大学野球との日程の調整をする必要がなくなった)。

このシリーズは「野村ID野球と仰木マジック」の対決と言われた[1]。実際にシリーズ開幕前から両監督は、マスコミや監督会議を通して舌戦(心理戦)を展開し、対決ムードが大いに盛り上がった[2]

ヤクルトのデータ分析、経験の多さも一枚上手で、ヤクルトの要である捕手の古田敦也は、高めのストレートを効果的に使って打球を詰まらせるという戦略で投手をリードし、当時「高め弱点」と言われたイチローを封じることに成功した[3]

4勝1敗という結果だが、このシリーズは第2、3、4戦では3試合連続で延長戦にもつれ込んでいる。

試合結果[編集]

1995年 日本シリーズ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月21日(土) 第1戦 ヤクルトスワローズ 5-2 オリックス・ブルーウェーブ グリーンスタジアム神戸
10月22日(日) 第2戦 ヤクルトスワローズ 3-2 オリックス・ブルーウェーブ
10月23日(月) 移動日
10月24日(火) 第3戦 オリックス・ブルーウェーブ 4-7 ヤクルトスワローズ 明治神宮野球場
10月25日(水) 第4戦 オリックス・ブルーウェーブ 2-1 ヤクルトスワローズ
10月26日(木) 第5戦 オリックス・ブルーウェーブ 1-3 ヤクルトスワローズ
優勝:ヤクルトスワローズ(2年ぶり3回目)

第1戦[編集]

10月21日 グリーンスタジアム神戸 入場者32486人

ヤクルト 0 1 0 0 2 0 0 2 0 5
オリックス 0 0 0 1 0 1 0 0 0 2

(ヤ)○ブロス(1勝)、S高津(1S)-古田

(オ)●佐藤(1敗)、伊藤清原渡辺中嶋

【本塁打】

(ヤ)大野1号2ラン(8回清原)

[審判]パ前田(球)セ井野 パ山本隆 セ小林毅(外)パ永見 セ久保田(外)

オリックスはチームの精神的支柱である大ベテラン佐藤義則、ヤクルトは戦前肩痛が伝えられていたテリー・ブロスが登板、レギュラーシーズンにノーヒットノーランを達成した両投手のノーヒッター対決となった。2回表にヤクルトが飯田哲也のタイムリーで先制すると、オリックスも4回にトロイ・ニールのタイムリーで追い付く。しかし5回表にヤクルトが池山隆寛の2点タイムリーで勝ち越し、オリックスも6回にニールの2打席連続タイムリーで追いすがるが、8回表、ヤクルトは代打の切り札・大野雄次の2ランで突き放す。ブロスは150km/h台の高めの直球を有効に使ってイチローを始めオリックス打線を抑え、最後は守護神・高津が締めて、ヤクルトが先勝。

公式記録関係(日本野球機構ページ)

第2戦[編集]

10月22日 グリーンスタジアム神戸 入場者32475人(延長11回)

ヤクルト 0 0 0 0 0 0 0 2 0 0 1 3
オリックス 0 1 0 0 1 0 0 0 0 0 0 2

(ヤ)石井宮本賢加藤伊東、○山部(1勝)-古田

(オ)野田野村鈴木、●平井(1敗)-中嶋

【本塁打】

(ヤ)トーマス・オマリー1号ソロ(11回平井)

(オ)D・J1号ソロ(2回石井)

[審判]セ久保田(球)パ永見 セ井野 パ山本隆(塁)セ パ前川(外)

公式記録関係(日本野球機構ページ)

第3戦[編集]

10月24日 神宮 入場者32915人(延長10回サヨナラ)

オリックス 0 0 0 0 1 0 3 0 0 0 4
ヤクルト 1 0 0 0 1 0 0 1 1 3x 7

(オ)星野小林、清原、鈴木、伊藤、野村、●平井(2敗)-中嶋

(ヤ)吉井、加藤、宮本賢、山部、伊東、○高津(1勝1S)-古田

【本塁打】

(ヤ)ミューレン1号ソロ(9回平井)、池山1号3ラン(10回平井)

[審判]パ前川(球)セ谷 パ永見 セ井野(塁)パ前田 セ小林毅(外)

先発は星野伸之吉井理人。ヤクルトは初回にオマリーのタイムリーで先制。オリックスは5回表、この試合3番に入ったイチローの犠飛で追い付くが、すかさずその裏、代打稲葉篤紀の犠飛でヤクルトが再びリード。7回表、オリックスは山部を攻め、この試合1番の田口壮と4番D・Jのタイムリーで3点を挙げ逆転。しかし8回裏、ヤクルトは2死満塁のチャンスをつかむと、古田の放った当たりはショートへの高いバウンドのゴロであったが、2塁ベースカバーが一瞬遅れてセーフの判定となる内野安打で1点差。この判定に激昂した仰木監督が、退場覚悟の猛抗議で10分間中断。平井投入で逃げ切りを計るオリックスだったが、9回裏にミューレンが起死回生の同点ホームランを放ち、第2戦に続いて延長戦へ突入した。

延長10回裏、ヤクルトはオマリー四球・古田2塁打で2、3塁のチャンスをつかむと、オマリーに代走を送るなど勝利への執念を見せ、続く池山が劇的なサヨナラホームランで3連勝。シーズンで成績が低迷し、忸怩たる思いでこのシリーズに臨んだ池山は、お立ち台で「本当に、夢のようです」のセリフを残した。ヤクルトの日本シリーズでのサヨナラ勝ちは1992年・対西武第6戦(秦真司の本塁打)以来3年ぶり3度目。また、オリックスのサヨナラ負けは阪急時代の1977年・対巨人第3戦以来18年ぶり3度目である。

公式記録関係(日本野球機構ページ)

第4戦[編集]

10月25日 神宮 入場者32911人(延長12回)

オリックス 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 2
ヤクルト 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1

(オ)長谷川、鈴木、野村、野田、○小林(1勝)-三輪、中嶋

(ヤ)川崎、山部、●伊東(1敗)-古田

【本塁打】

(オ)小川1号ソロ(9回川崎)、D・J2号ソロ(12回伊東)

[審判]セ小林毅(球)パ前田 セ谷 パ永見(塁)セ久保田 パ山本隆(外)

オリックスは佐藤、野田、星野で1つも勝てずに、王手をかけられて第4戦を迎えた先発は長谷川滋利。一方のヤクルトは、この年5月以降、怪我で登板のなかった川崎憲次郎がシリーズで復活登板。5回裏、守備の乱れから飯田のタイムリーでヤクルトが1点を先制。そのまま最終回を迎えたヤクルトは、ここでストッパー高津をつぎ込まずに川崎を続投させたが、オリックスは先頭の小川博文の本塁打で同点に追いつき、その裏のサヨナラのピンチでは第2戦に先発した野田をつぎ込む執念の継投でしのぎ、このシリーズ3試合連続の延長戦に突入した。

オリックスは、このシーズン15勝27セーブのストッパー平井正史が、第2戦・第3戦と敗戦投手となってベンチを外れており、第5戦で先発予定だった小林宏を延長10回から投入。その小林は11回裏に代打荒井幸雄の四球と土橋の左前打による1死1、2塁で4番オマリーを迎えるという大ピンチを招く。ここで「小林-オマリーの14球」と呼ばれることになる12分強にわたったこの勝負は、14球目の低めのボール球の直球にオマリーのバットが空を切り、小林に軍配。続く古田も抑え、この回を無得点で切り抜ける。延長12回表、オリックスは、先頭のD・Jがヤクルト3番手の伊東から、値千金の勝ち越し本塁打を放ち、遂にオリックスがこの試合初めてリードを奪うと、続投した小林は12回裏もそのまま無失点に抑え、オリックスが一矢報いて4タテを阻止した。

公式記録関係(日本野球機構ページ)

第5戦[編集]

10月26日 神宮 入場者33112人

オリックス 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1
ヤクルト 0 2 0 0 1 0 0 0 X 3

(オ)●高橋功(1敗)、星野、伊藤、野田-三輪
(ヤ)○ブロス(2勝)、S高津(1勝2S)-古田
【本塁打】
(オ)イチロー1号ソロ(1回ブロス)
(ヤ)オマリー2号ソロ(5回伊藤)

[審判]パ山本隆(球)セ久保田 パ前田 セ谷(塁)パ前川 セ井野(外)


公式記録関係(日本野球機構ページ)

表彰選手[編集]

テレビ・ラジオ中継[編集]

テレビ中継[編集]

  • 第1戦:10月21日
  • 第2戦:10月22日
  • 第3戦:10月24日
ネット裏球種解説:松沼雅之 ゲスト解説:佐々木主浩横浜) ゲスト:田村亮子(現姓・谷)
  • 第4戦:10月25日[4]
ゲスト解説:小宮山悟千葉ロッテ) ゲスト:和久井映見岸谷五朗[5]
  • 第5戦:10月26日

※第6戦は毎日放送、第7戦は関西テレビで中継される予定だった。

※関東地区での視聴率は(ビデオリサーチ調べ)、第1戦(フジテレビ系)は32.4%。 第2戦(TBS系)は30.5%。第3戦(テレビ朝日系)は29%。第4戦(フジテレビ系)は35.2%。第5戦(フジテレビ系)は32.8%だった。

ラジオ中継[編集]

  • 第1戦:10月21日
  • 第2戦:10月22日
  • 第3戦:10月24日
  • 第4戦:10月25日
  • 第5戦:10月26日

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 勝負を決めた野村メモ~日本シリーズ・頭脳戦の舞台裏~”. 2016年3月5日閲覧。
  2. ^ 収蔵品紹介”. 野球体育博物館. 2016年3月5日閲覧。このページは、両監督がともに1935年生まれということにも着目している。
  3. ^ プロ野球2世代写真展 「日本シリーズ」”. 2016年3月5日閲覧。
  4. ^ この日は中継が2時間30分も伸びたため、21:00のドラマ正義は勝つ』は23:30開始で番組の中盤で日付が翌10月26日にまたいで放送され、22:00の『タモリのSuperボキャブラ天国』に至っては、日付が翌10月26日に変わった24:30開始となった。
  5. ^ フジテレビが製作に関わった映画『バースデイプレゼント』(光野道夫監督、1995年10月28日公開)の宣伝で出演。