1956年の日本シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗1956年の日本シリーズ
チーム 勝数(引分数)
西鉄ライオンズ() 4
読売ジャイアンツ() 2
ゲームデータ
試合日程 1956年10月10日-10月17日
最高殊勲選手 豊田泰光
敢闘選手 稲尾和久
チームデータ
西鉄ライオンズ ()
監督 三原脩
シーズン成績 96勝51敗7分
(シーズン1位) 
読売ジャイアンツ()
監督 水原茂
シーズン成績 82勝44敗4分
(シーズン1位)
日本シリーズ
 < 1955 1957 > 

1956年の日本シリーズ(1956ねんのにっぽんシリーズ、1956ねんのにほんシリーズ)は、1956年10月10日から10月17日まで行われた第7回プロ野球日本選手権シリーズである。2年連続セ・リーグを制した水原茂監督率いる読売ジャイアンツと2年ぶりパ・リーグを制した三原脩監督率いる西鉄ライオンズとの対決となり、10月に後楽園球場平和台球場で行われた。

概要[編集]

日本シリーズ前、水原監督と三原監督は出身が香川県と同郷である事、中等学校(現・高等学校)、大学、プロ野球を通じ、長い間お互いライバル関係であった事から、メディアは魔術師・三原と勝負師・水原の2人の戦いは剣豪・宮本武蔵佐々木小次郎を例えた『巌流島の決闘』と称された[1]

この両チームの対戦は、本シリーズの後、1957年1958年と続いた。

試合結果[編集]

第1戦[編集]

10月10日 後楽園球場 入場者数 24,632人

西鉄 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
巨人 2 2 0 0 0 0 0 0 X 4
(西) ●川崎(1敗)、西村、島原、稲尾 - 日比野、和田、久保山
(巨) ○大友(1勝) - 藤尾

[審判]セ(球)パ上田、セ円城寺、パ苅田(塁)セ津田、パ横沢三(外)

後楽園球場で迎えた第1戦、巨人打線が西鉄の先発、川崎徳次の立ち上がりを攻めて2点先制した。2回裏西鉄は、リリーフの西村貞朗が登板したが、連打で2点奪った。対する西鉄は巨人の先発大友の前に打線が沈黙し、4-0と巨人が初戦を制した。

公式記録関係(日本野球機構ページ)

第2戦[編集]

10月11日 後楽園球場 入場者数 19108人

西鉄 0 0 0 3 0 2 0 1 0 6
巨人 1 0 0 0 1 1 0 0 0 3
(西) 稲尾、○島原(1勝)- 日比野、和田、久保山
(巨) ●別所(1敗)、堀内、安原、中尾 - 藤尾
本塁打
(西) 関口1号2ラン(4回別所)、中西1号ソロ(8回安原)
(巨) 別所1号ソロ(5回稲尾)、川上ソロ1号(6回島原)

[審判]パ二出川(球)セ津田、パ横沢三、セ金政(塁)パ上田、セ円城寺(外)

公式記録関係(日本野球機構ページ)

第3戦[編集]

10月13日 平和台球場 入場者数:23528人

巨人 0 4 0 0 0 0 0 0 0 4
西鉄 0 0 0 0 0 1 0 4 X 5
(巨) 堀内、●別所(2敗)、大友 - 広田、藤尾
(西) 西村、河村、○稲尾(1勝)- 和田、日比野
本塁打
(巨) 広岡1号3ラン(2回西村)
(西) 豊田1号2ラン(8回別所)

[審判]セ島(球)パ上田、セ金政、パ二出川(塁)セ津田、パ苅田(外)

公式記録関係(日本野球機構ページ)

第4戦[編集]

10月14日 平和台球場 入場者数:24459人

巨人 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
西鉄 0 0 0 0 2 0 0 2 X 4
(西) 島原、○稲尾(2勝)- 日比野、和田
(巨) ●大友(1勝1敗)、中尾 - 藤尾
本塁打
(西) 中西2号2ラン(8回中尾)

[審判]パ横沢三(球)セ金政、パ二出川、セ津田(塁)パ上田、セ円城寺(外)

公式記録関係(日本野球機構ページ)

第5戦[編集]

10月15日 平和台球場 入場者数:19042人

巨人 0 0 0 0 5 0 0 5 2 12
西鉄 0 1 1 0 0 3 2 0 0 7
(巨) 堀内、別所、大友、中尾、○義原(1勝)- 藤尾
(西) 河村 、稲尾、島原、●西村(1敗)、川崎 - 日比野、和田、久保山、田辺
本塁打
(西) 関口2号ソロ(2回堀内) 関口3号ソロ(6回別所)

[審判]セ円城寺(球)パ苅田、セ金政、パ上田(塁)セ島、パ横沢三(外)

公式記録関係(日本野球機構ページ)

第6戦[編集]

10月17日 後楽園球場 入場者数:22695人

西鉄 4 0 1 0 0 0 0 0 0 5
巨人 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1
(西) ○稲尾(3勝) - 日比野
(巨) ●別所(3敗)、堀内、義原、大友 - 藤尾
本塁打
(西) 関口4号ソロ(3回堀内)
(巨) 岩本1号ソロ(6回稲尾)

[審判]パ二出川(球)セ津田、パ横沢三、セ円城寺(塁)パ苅田、セ金政(外)

公式記録関係(日本野球機構ページ)

表彰選手[編集]

  • 最優秀選手賞 豊田泰光(西)
  • 首位打者賞 豊田泰光(西)
  • 最優秀投手賞 稲尾和久(西)※6試合シリーズ唯一の全試合登板を記録
  • 技能賞 関口清治(西)※4本塁打はシリーズタイ記録
  • 敢闘賞 稲尾和久(西)※敢闘賞が設けられた1953年以後、唯一のシリーズ優勝チームからの選出

テレビ・ラジオ中継[編集]

テレビ中継[編集]

  • 日本テレビ
  • NHK総合
  • KRテレビ

ラジオ中継[編集]

  • NHKラジオ第2 実況:古谷アナウンサー 解説:小西得郎

脚注[編集]

  1. ^ [1] 香川県、2015年3月21日閲覧。

外部リンク[編集]