1998年の日本シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 1998年の日本シリーズ
チーム 勝数(引分数)
横浜ベイスターズ() 4
西武ライオンズ() 2
ゲームデータ
試合日程 1998年10月18日-10月26日
最高殊勲選手 鈴木尚典
敢闘選手 大塚光二
チームデータ
横浜ベイスターズ ()
監督 権藤博
シーズン成績 79勝56敗1分
(シーズン1位)
西武ライオンズ()
監督 東尾修
シーズン成績 70勝61敗4分
(シーズン1位)
日本シリーズ
 < 1997 1999 > 

1998年の日本シリーズ(1998ねんのにっぽんシリーズ、1998ねんのにほんシリーズ)は、1998年10月18日から10月26日まで行われたセ・リーグ優勝チームの横浜ベイスターズと、パ・リーグ優勝チームの西武ライオンズによるプロ野球日本選手権シリーズ試合である。

概要[編集]

パ・リーグは東尾修監督率いる西武ライオンズ、セ・リーグは権藤博監督率いる横浜ベイスターズの対戦で、横浜が4勝2敗で勝利し、大洋ホエールズ時代の1960年以来38年ぶりの2度目の日本一となった。「マシンガン打線」と呼ばれる攻撃陣と、「中継ぎローテーション」と呼ばれた中継ぎ陣、そして「ハマの大魔神」こと佐々木主浩が最後に控える投手陣、機動力で西武をリードした横浜が圧倒。西武は横浜の勢いを止めることができなかった[1]。本シリーズでは、いずれの試合も先制点をあげたチームの勝利となり、試合途中の逆転もなく、淡白な試合が多かったとも言える[2]

両チームが予告先発を行った[1]、また、投手出身の監督同士のシリーズとしても位置づけられる[3]

試合結果[編集]

1998年 日本シリーズ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月17日(土) 第1戦 雨天中止 横浜スタジアム
10月18日(日) 西武ライオンズ 4 - 9 横浜ベイスターズ
10月19日(月) 第2戦 西武ライオンズ 0 - 4 横浜ベイスターズ
10月20日(火) 移動日
10月21日(水) 第3戦 雨天中止 西武ドーム
10月22日(木) 横浜ベイスターズ 2 - 7 西武ライオンズ
10月23日(金) 第4戦 横浜ベイスターズ 2 - 4 西武ライオンズ
10月24日(土) 第5戦 横浜ベイスターズ 17 - 5 西武ライオンズ
10月25日(日) 移動日
10月26日(月) 第6戦 西武ライオンズ 1 - 2 横浜ベイスターズ 横浜スタジアム
優勝:横浜ベイスターズ(38年ぶり2回目)

第1戦[編集]

第1戦は10月17日(土)開催の予定だったが、雨で1日順延された。

10月18日(日) 横浜スタジアム(試合開始 18:40~) 入場者29,025人

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
西武 0 0 0 0 0 2 2 0 0 4 9 3
横浜 1 0 3 3 0 1 0 1 X 9 14 0
  1. 西 : 西口竹下杉山デニー橋本 - 伊東中嶋
  2. 横 : 野村阿波野佐々木 - 谷繁
  3. : 野村(1勝)  : 西口(1敗)  
  4. :  西 – 高木大1号2ラン(6回・野村)
  5. 審判:球審…友寄、塁審…永見井野山本隆、外審…五十嵐
  6. 試合時間:3時間30分

横浜の一番打者石井琢朗の試合開始直後のセーフティバントと2盗塁が特にあげられる。石井は、第1打席で出塁して次打者の波留敏夫の3球目に二盗を成功させ、鈴木尚典の安打で先制の生還をした[4][2]。さらに横浜は3回、石井琢が四球で出塁、二盗すると、波留、鈴木尚、ロバート・ローズの3連打などで3点を追加した。4回には無死一・三塁から波留が適時打、さらに西武に失策暴投といったミスが重なってさらに3点を追加し、結局、横浜が1勝した。

なお、横浜の佐々木は、この試合、8回二死から登板し、1回1/3を無失点に抑えたが、シリーズ直前に高熱を出し、シリーズ期間中本調子に戻らなかったという[6]

公式記録関係(日本野球機構ページ)

第2戦[編集]

10月19日(月) 横浜スタジアム(試合開始 18:40~) 入場者29,076人

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
西武 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0
横浜 1 0 0 0 2 0 1 0 X 4 9 1
  1. 西 : 豊田、杉山、石井、竹下 - 伊東、和田
  2. 横 : 斎藤隆 - 谷繁
  3. : 斎藤隆(1勝)  : 豊田(1敗)  
  4. :  横 – 石井琢1号ソロ(5回・豊田)
  5. 審判:球審…五十嵐、塁審…谷・永見・井野、外審…藤本小林毅
  6. 試合時間:3時間8分

横浜が斎藤隆、西武が豊田清、ともに後年リリーフとして実績を残すこととなる両投手の先発。横浜は初回、安打で出塁の石井琢が二盗し、鈴木尚の適時打で先制という第1戦と同じパターン。5回には石井琢のソロ本塁打、ローズの適時二塁打で3対0とし、7回には再び鈴木尚の適時打で4対0とした。斎藤隆は初回に無死一・三塁のピンチを迎えたが、松井稼頭央を遊飛、鈴木健を三塁併殺打に仕留め、結局3安打完封勝利を飾った。日本シリーズ初登板完封勝利は1990年第3戦の渡辺智男以来8年ぶり、史上9人目[7]

公式記録関係(日本野球機構ページ)

第3戦[編集]

10月22日(木) 西武ドーム(試合開始 18:20~) 入場者31,599人

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
横浜 0 0 0 1 0 0 1 0 0 2 8 1
西武 0 2 2 0 3 0 0 0 X 7 8 0
  1. 横 : 三浦福盛戸叶関口横山 - 谷繁
  2. 西 : 潮崎、橋本、デニー、竹下、西崎 - 中嶋
  3. : 潮崎(1勝)  : 三浦(1敗)  
  4. :  横 – 谷繁1号ソロ(7回・潮崎)
  5. 審判:球審…小林毅、塁審…藤本・谷・永見、外審…友寄・山本隆
  6. 試合時間:3時間47分

再び雨で1日順延(屋根がつき全天候になったのは翌年の1999年から)。舞台を西武ドームに移した第3戦、西武がベテラン潮崎哲也、横浜が三浦大輔の先発。西武は、第1戦、第2戦で横浜の機動力に翻弄された伊東勤に代えて強肩の中嶋聡を捕手に起用した。横浜は先頭の石井琢が四球で3試合連続の第1打席出塁だったが、潮崎が波留を併殺打に仕留め、無失点で切り抜けた。シリーズ前に二段モーションを指摘されていた三浦は神経質になり、3回までに6四球を出す大乱調。三浦は3回1/3を4失点でKOとなった。さらに福盛和男戸叶尚も合わせて5四球と乱れ、西武打線は5回までに7点を奪い、試合を決めた。横浜の1試合11与四球はシリーズワースト記録。潮崎は初回以外は石井琢を1度も出塁させず、6回まで1失点の好投。7回一死から谷繁元信に本塁打を浴び、続く進藤達哉に安打を許したが、小刻みな継投で西武が逃げ切った。なお、横浜は大洋時代の前回、日本シリーズに出場時には4戦全勝だったので、この試合が日本シリーズで球団史上初の敗戦となった。

公式記録関係(日本野球機構ページ)

第4戦[編集]

10月23日(金) 西武ドーム(試合開始 18:20~) 入場者31,685人

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
横浜 0 0 0 2 0 0 0 0 0 2 4 0
西武 0 2 0 0 0 2 0 0 X 4 7 0
  1. 横 : 野村、島田、阿波野、横山 - 谷繁
  2. 西 : 石井、橋本、西崎 - 中嶋
  3. : 石井(1勝)  : 野村(1勝1敗)  S: 西崎(1S)  
  4. :  横 – 鈴木尚1号2ラン(4回・石井)  西 – 中嶋1号2ラン(2回・野村)、マルティネス1号2ラン(6回・野村)
  5. 審判:球審…山本隆、塁審…友寄・藤本・谷、外審…五十嵐・井野
  6. 試合時間:3時間15分

西武が石井貴、横浜が野村の先発。西武は2回、中嶋の2点本塁打で先制。しかし横浜も4回に鈴木尚の2点本塁打で同点に追いついた。6回、ヒットで出塁した高木大を一塁におき、4番マルティネスの2点本塁打で勝ち越し、野村をこの回でKOした。石井は9回途中まで2失点の好投。橋本、西崎幸広とつなぎ、第3戦に続いて西武が逃げ切り、対戦成績を2勝2敗の五分とした。

公式記録関係(日本野球機構ページ)

第5戦[編集]

10月24日(土) 西武ドーム(試合開始 18:20~) 入場者31,756人

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
横浜 1 1 2 3 0 0 0 3 7 17 20 0
西武 0 0 1 1 0 0 0 3 0 5 11 0
  1. 横 : 斎藤隆、五十嵐、佐々木 - 谷繁
  2. 西 : 横田、森、竹下、新谷 - 中嶋、和田
  3. : 斎藤隆(2勝)  : 横田(1敗)  
  4. :  横 – ローズ1号2ラン(9回・新谷)  西 – 鈴木健1号ソロ(8回・五十嵐)、ペンバートン1号2ラン(8回・五十嵐)
  5. 審判:球審…井野、塁審…五十嵐・友寄・藤本、外審…小林毅・永見
  6. 試合時間:4時間15分

先発は西武がシリーズ初登板の横田久則、横浜が第2戦で完封勝利の斎藤隆。横浜は初回から4イニング連続得点で7点を奪い、8回にも3点を追加して10対2とほぼ勝負を決めた。西武も8回に変わった五十嵐英樹から3点を返したが、横浜はさらに9回、代打の荒井幸雄のヒットを皮切りに集中打で7点を追加し、17対5で圧勝した。17点のうち、本塁打による得点は9回ローズの2ランによる2点だけで、あとはすべて連打で奪った得点だった。

横浜の1試合20安打、12長打、9二塁打はシリーズ新記録に[2]、2三塁打、17打点はタイ記録になった。

個人記録では佐伯の4長打がシリーズ新記録[2]、鈴木尚の4得点がシリーズタイ記録だった。

一方8、9回に集中打を浴びた西武の新谷博は、失点を重ねながら続投となり、1試合10失点[2]、10自責点、9回の1イニング7失点、7自責点、6被安打というシリーズワースト記録(但しイニング被安打はタイ記録)を作る破目になってしまった。また、試合時間4時間15分は9イニングの試合としてシリーズ史上最長だった。なお、横浜はシリーズ史上6度目の毎回残塁も記録している[要出典]

公式記録関係(日本野球機構ページ)

第6戦[編集]

10月26日(月) 横浜スタジアム(試合開始 18:40~) 入場者29,289人

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
西武 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 7 0
横浜 0 0 0 0 0 0 0 2 X 2 3 0
  1. 西 : 西口 - 中嶋
  2. 横 : 川村、阿波野、佐々木 - 谷繁
  3. : 阿波野(1勝)  : 西口(2敗)  S: 佐々木(1S)  
  4. 審判:球審…永見、塁審…小林毅・五十嵐・友寄、外審…山本隆・谷
  5. 試合時間:2時間59分

両チーム無得点で迎えた8回、横浜は、四球と二塁手高木浩之野選で迎えた好機に、駒田徳広の適時二塁打で2点を先制した。

9回表の西武の攻撃に対して、横浜はシーズン定石どおり佐々木をマウンドへ送り、佐々木は、大塚にシリーズ新(当時)の6打席連続安打[8]となる三塁打を打たれ(左翼手鈴木尚が照明の光で打球を見失って後逸したもの[9])、中嶋の三塁ゴロ野選の間に大塚に生還されて1点を失った。続く一死一・二塁の場面で代打金村義明を併殺打に打ち取り日本一を決めた[10]。8回途中に2番手で登板した阿波野が近鉄バファローズ時代の1989年第1戦以来の勝利投手で[12]、日本シリーズ史上2人目の両リーグ勝利投手となった。

公式記録関係(日本野球機構ページ)

表彰選手[編集]

最高殊勲選手賞
打率.480(25打数12安打)。第1戦・第2戦での先制適時打を含み8打点を記録。
敢闘選手賞
シリーズ新の6打席連続安打。打率.643(14打数9安打)。
優秀選手賞
日本一を決めた第6戦で決勝適時二塁打。
第2戦で完封、第5戦で7回2失点と好投し2勝0敗。防御率1.33。
打率.364(22打数8安打)、3盗塁で日本一に貢献。

テレビ・ラジオ中継[編集]

テレビ中継[編集]

  • 第1戦:10月18日(日)
実況:三宅正治 解説大矢明彦 ゲスト解説:石井一久ヤクルト) ゲスト:佐藤藍子(女優)
  • 第2戦:10月19日(月)
実況:松下賢次 解説:田淵幸一 ゲスト解説:工藤公康ダイエー)、川口和久巨人、この年をもって引退し、翌年からTBS野球解説者に就任)
  • 第3戦:10月22日(木)
実況:松井康真 解説:北別府学荒木大輔 ゲスト解説:野村克也(ヤクルト監督を辞任し、翌年阪神監督に就任[13]
  • 第4戦:10月23日(金)
    • TBSテレビ≪TBS系列(28局ネット)
実況:石川顕 解説:衣笠祥雄牛島和彦 ゲスト解説:川崎憲次郎(ヤクルト)
  • 第5戦:10月24日(土)
    • テレビ朝日≪テレビ朝日系列(24局ネット)
実況:国吉伸洋 解説:大下剛史、北別府学、荒木大輔 ゲスト解説:吉村禎章(巨人、この年をもって引退し、翌年から日本テレビ野球解説者に就任)
  • 第6戦:10月26日(月)
    • フジテレビ≪フジテレビ系列(26局ネット)
実況:野崎昌一 解説:高木豊水野雄仁

※なお、第7戦はTBSテレビが中継する予定だった。

このシリーズを通してNHK総合テレビ及び衛星第1テレビ)のテレビ中継(録画も含めて)がなかった。これはNHKにとって1953年日本シリーズテレビ中継開始以後、初めてのことだった。
旧アナログハイビジョン(アナログBS9ch)でも生放送。(地上波民放キー3局が試合中継の担当日に製作。実況・解説者は地上波とは別)
なお、日本ハムが優勝した場合、第4戦をテレビ東京とNHK BS1の並立で放送することが見込まれていた。


※関東地区での視聴率は(ビデオリサーチ調べ)、第1戦(フジテレビ系)は27.9%。第2戦(TBS系)は25.9%。 第3戦(テレビ朝日系)は20.9%。 第4戦(TBS系)は21.4%。 第5戦(テレビ朝日系)は24.7%。 第6戦(フジテレビ系)は29.9%だった。

ラジオ放送[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b マシンガン打線と大魔神”. 2016年3月18日閲覧。
  2. ^ a b c d e プロ野球70年史』p.p.678~679
  3. ^ 過去にもあった予告先発 権藤監督の仕掛けに乗った東尾監督”. 2016年3月18日閲覧。
  4. ^ 【10月18日】1998年(平10) 勝負は2球目で決まった 石井琢朗の三塁バントヒット
  5. ^ スポーツ・グラフィック・ナンバー編 (2008). 私のベストゲーム. 文藝春秋. ISBN 9784167713263. p.220
  6. ^ 古田(2016年)p.p.94~99。なお、佐々木自身は、リーグ優勝祝いのビールかけで風邪をひいたとしている[5]
  7. ^ 98年日本シリーズ 第2戦”. 朝日新聞社. 2016年5月8日閲覧。
  8. ^ 後に今江敏晃2005年に8打席連続安打の記録を出し塗り替える
  9. ^ 古田(2016年)p.p.94~100
  10. ^ 【10月26日】1998年(平10)10年ひと昔…横浜、駒田徳広の一撃で38年ぶりの日本一
  11. ^ Sports Graphic Number790. 文藝春秋. (2011). p.p.58~59
  12. ^ 1989年当時に阿波野が所属していた近鉄は、権藤が投手コーチであり、また西武と激しい優勝争いを繰り広げた。阿波野は後に「すべてが10.19からつながってるんですよ」と振り返っている[11]阿波野秀幸参照
  13. ^ 当初、翌年からNHKの野球解説者への就任が内定していたが、この後阪神球団からの監督就任要請があり受諾した。

参考文献[編集]

  • ベースボール・マガジン社 『プロ野球70年史』 ベースボール・マガジン社、2004年ISBN 978-4583038087
  • 古田敦也+NHK取材班 (2016). ベストゲーム プロ野球最高の名勝負. ヨシモトブックス. ISBN 9784847093142. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]