波留敏夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
波留 敏夫
中日ドラゴンズ コーチ #71
Doragons harutoshio 20160812.jpg
2016年8月12日 阪神鳴尾浜球場にて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 京都府京都市東山区
生年月日 (1970-05-25) 1970年5月25日(48歳)
身長
体重
174 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手遊撃手三塁手
プロ入り 1993年 ドラフト2位
初出場 1994年7月3日
最終出場 2004年5月9日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 横浜ベイスターズ
    横浜DeNAベイスターズ (2006 - 2013)
  • 中日ドラゴンズ (2014 - )

波留 敏夫(はる としお、1970年5月25日 - )は、京都府京都市出身の元プロ野球選手外野手内野手、右投右打)、コーチ2014年シーズンより中日ドラゴンズのコーチを務めている。現役時代は上位打線で闘志を剥き出しにしたプレーを見せ、「ハマの核弾頭」、「突貫小僧」の愛称を持った。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

大谷高等学校から、社会人野球熊谷組へ入部。1992年第63回都市対抗野球大会で準優勝。

1993年ドラフト会議横浜ベイスターズ逆指名し、2位で入団。

横浜時代[編集]

ルーキーイヤーの1994年内野手として登録され、シーズン中盤より一軍に定着。終盤には怪我で戦線離脱した進藤達哉に代わり遊撃手として多く出場する。内野では三塁手も守ったほか、中堅手も多く守り、最終的には53試合に出場した。

1995年は中堅手として多く出場。初めて規定打席に到達し、打率三割を記録。調子や相手先発投手の利き腕に合わせ、同い年の石井琢朗と入れ替わりで1、2番打者を務めた。

1996年は、開幕から1番打者に固定されるなど好調だったが、徐々に調子を落とす。鈴木尚典佐伯貴弘らとのし烈な外野のレギュラー争いに勝つことができず、規定打席未達に終わる。

1997年は開幕から好調を維持し、前年から石井が1番打者に定着したことにより、2番打者に固定された。打率.295の好成績を残し、自身二度目の規定打席到達を果たす。

しかし同年オフの11月にプロ野球脱税事件への関与が発覚し、1998年の開幕から6週間の出場停止処分を受ける。横浜球団独自の方針で謹慎中は二軍戦にも出られなかったが、5月16日中日戦で1番・中堅手で復帰する。調整不足からしばらく調子が出なかったが、7月には月間MVPを受賞するなど調子を取り戻し、マシンガン打線の2番打者として横浜の38年ぶりのリーグ優勝、日本一に貢献した[注 1]

1999年は打率.298を記録し、2番打者ながらキャリア・ハイとなる15本塁打、70打点、21盗塁を記録した。

2000年も開幕から好調をキープするも、足の怪我で戦線を離脱。以後閉幕まで一軍復帰できず60試合の出場にとどまった。

2001年には背番号1に変更し、新監督の森祇晶の方針により三塁手に再転向するも、シーズン途中に種田仁山田博士との交換トレードで中日へ移籍[注 2]

バイプレーヤー的な存在の内野手と先発中継ぎの両方ができる投手を求めていた横浜の森祇晶監督が、中日の星野仙一監督に無理を承知で直談判し、異例のシーズン中の同一リーグトレードが実現した[1]

中日・ロッテ時代[編集]

中日に移籍後も前年の故障の影響で成績は低迷し続け、翌2002年オフ、酒井忠晴との交換トレードでロッテへ移籍。

ロッテに移籍した2003年も打率1割台と不振が続いた。翌2004年西武との開幕戦(西武ドーム)で1番・中堅手として開幕スタメンを果たす。しかし不振を脱することはできず、オフに戦力外通告を受け、現役を引退した。

現役引退後[編集]

2005年は、主にJ SPORTSスカイ・Aテレビ神奈川解説者として活動。また、社会人野球・クラブチーム熊球クラブに外野手として所属。

2006年、横浜の一軍外野守備・走塁コーチに就任し、2007年には一軍打撃コーチに配置転換。2009年、一軍外野守備・走塁コーチに復帰。2010年、一軍打撃コーチに再び配置転換となったが、前年度から2年連続となるチーム打率12球団最下位を記録するなど打線は低迷した。2011年からは二軍打撃コーチを務め、2013年シーズンからは一軍打撃コーチにみたび復帰する。同年7月4日の対東京ヤクルトスワローズ戦前に、チーム状況の認識を巡って球団社長の池田純と口論になったと報じられた[2]。同年限りで横浜を退団[3]

2014年シーズンより中日の一軍外野守備・走塁打撃コーチを務める[4]山崎武司によると同年から選手兼任監督に就任した谷繁元信(横浜、中日時代の同僚)が唯一連れてきたコーチが同じ年の波留だという[5]2016年は二軍打撃コーチ、2017年は一軍打撃コーチを務める。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1994 横浜 53 187 168 26 50 12 2 3 75 10 7 3 1 0 13 0 5 33 1 .298 .366 .446 .812
1995 100 434 378 59 117 14 2 5 150 29 9 8 7 2 43 1 4 55 3 .310 .384 .397 .781
1996 114 373 332 32 88 14 2 2 112 21 4 5 12 0 24 0 5 57 4 .265 .324 .337 .661
1997 127 573 502 89 148 22 3 8 200 41 16 8 23 1 34 0 13 68 7 .295 .355 .398 .753
1998 106 487 428 69 117 23 1 2 148 39 12 2 11 4 39 1 5 57 5 .273 .338 .346 .684
1999 130 609 568 95 169 31 5 15 255 70 21 5 14 1 21 0 5 80 11 .298 .328 .449 .777
2000 60 237 219 30 66 14 0 8 104 17 3 4 1 1 13 0 3 31 10 .301 .347 .475 .822
2001 13 24 21 1 3 1 0 0 4 0 0 0 2 0 1 0 0 4 0 .143 .182 .190 .372
中日 92 307 275 21 66 8 0 1 77 20 2 3 15 2 13 1 2 37 8 .240 .277 .280 .557
'01計 105 331 296 22 69 9 0 1 81 20 2 3 17 2 14 1 2 41 8 .233 .271 .274 .544
2002 39 94 87 5 19 5 0 0 24 7 0 0 4 0 3 0 0 16 2 .218 .244 .276 .520
2003 ロッテ 50 144 111 15 22 4 0 0 26 5 1 1 10 2 19 0 2 22 6 .198 .321 .234 .555
2004 29 61 49 5 7 2 0 0 9 7 1 1 3 1 8 0 0 16 1 .143 .259 .184 .442
NPB:11年 913 3530 3138 447 872 150 15 44 1184 266 76 40 103 14 231 3 44 476 58 .278 .335 .377 .712
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

  • 月間MVP:1回 (野手部門:1998年7月)
  • JA全農Go・Go賞:2回 (最多二・三塁打賞:1999年8月 強肩賞:1999年9月)

記録[編集]

初記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 2 (1994年 - 2000年)
  • 1 (2001年 - 同年途中)
  • 8 (2001年途中 - 2004年)
  • 71 (2006年 - )

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 優勝後のビールかけの際、アマチュア時代勤めていた熊谷組のヘルメットを着用。テレビカメラに向かって、当時経営不振に陥り債権放棄問題に揺れていた同社に対し「がんばれ!熊谷組!」と連呼し、当時チーム38年ぶりの優勝だったことから「また38年後に会いましょう!」と叫んだ。
  2. ^ 中日へのトレードが決まった際、「逆指名で横浜に入団、このまま横浜で終わりたかった」と号泣した。トレード直後の試合では、ドラゴンズ仕様の青色のスパイクの用意が間に合わなかったため、横浜時代に使用していた白色のスパイクに青マジックで色を塗り、試合に出場した。

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]