1998年の横浜ベイスターズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
横浜ベイスターズ > 1998年の横浜ベイスターズ
1998年の日本プロ野球 > 1998年の横浜ベイスターズ
1998年の横浜ベイスターズ
成績
日本一
4勝2敗(対西武[1]
セントラル・リーグ優勝
79勝56敗1分 勝率.585[2]
本拠地
都市 神奈川県横浜市中区
球場
横浜スタジアム
Yokohama Stadium 2007 -3.jpg
球団組織
オーナー 中部慶次郎
経営母体 マルハ
監督 権藤博
« 1997
1999 »

1998年の横浜ベイスターズでは、1998年の横浜ベイスターズの動向をまとめる。

この年の横浜ベイスターズは、権藤博監督の1年目のシーズンである。

前年の後半戦以降、首位ヤクルトを猛追して、7年ぶりのAクラス入りとなる2位となった横浜ベイスターズ[3]は、このシーズン序盤は波に乗りきれず、5月終了時点で貯金3の3位であった。しかし、6月後半から「マシンガン打線」が爆発するようになり、16日から8連勝して首位に立ち、7月8日から引き分け、オールスター戦を挟んで10連勝をして首位を固めた[4]。8月後半になると負けが続く日も出てきたが、2位中日との直接対決を落とさず、38年ぶりのセ・リーグ優勝を飾った[5]。日本シリーズでは西武を4勝2敗で破り、日本一に輝いた[6]

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
選手名 年数 年齡
1 井上純 10年目 27歳
2 石井琢朗 10年目 27歳
3 鈴木尚典 8年目 25歳
4 ローズ 6年目 31歳
5 マラベ 1年目 26歳
6 駒田徳広 18年目 35歳
7 進藤達哉 11年目 28歳
8 谷繁元信 10年目 27歳
9 川村丈夫 2年目 25歳
1998年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 広島 -- 広島 -- 横浜 -- 横浜 -- 横浜 -- 横浜 --
2位 中日 0.5 中日 1.0 巨人 2.0 中日 3.5 中日 2.0 中日 4.0
3位 横浜 3.0 横浜 1.5 中日 3.0 巨人 8.0 巨人 8.0 巨人 6.0
4位 巨人 3.5 巨人 1.5 広島 6.5 ヤクルト 10.5 ヤクルト 9.0 ヤクルト 13.0
5位 阪神 阪神 6.0 ヤクルト 8.5 広島 11.5 広島 15.5 広島 19.0
6位 ヤクルト 7.5 ヤクルト 8.0 阪神 10.0 阪神 17.5 阪神 22.5 阪神 27.0
1998年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 横浜ベイスターズ 79 56 1 .585 -
2位 中日ドラゴンズ 75 60 1 .556 4.0
3位 読売ジャイアンツ 73 62 0 .541 6.0
4位 ヤクルトスワローズ 66 69 0 .489 13.0
5位 広島東洋カープ 60 75 0 .444 19.0
6位 阪神タイガース 52 83 0 .385 27.0

日本シリーズ[編集]

1998年 日本シリーズ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月17日(土) 第1戦 雨天中止 横浜スタジアム
10月18日(日) 西武ライオンズ 4 - 9 横浜ベイスターズ
10月19日(月) 第2戦 西武ライオンズ 0 - 4 横浜ベイスターズ
10月20日(火) 移動日
10月21日(水) 第3戦 雨天中止 西武ドーム
10月22日(木) 横浜ベイスターズ 2 - 7 西武ライオンズ
10月23日(金) 第4戦 横浜ベイスターズ 2 - 4 西武ライオンズ
10月24日(土) 第5戦 横浜ベイスターズ 17 - 5 西武ライオンズ
10月25日(日) 移動日
10月26日(月) 第6戦 西武ライオンズ 1 - 2 横浜ベイスターズ 横浜スタジアム
優勝:横浜ベイスターズ(38年ぶり2回目)

[1]

個人成績[編集]

投手成績[編集]

色付きは規定投球回数(136イニング)以上の選手

選手















































W
H
I
P
 
のむら/野村弘樹 28 27 3 0 1 13 8 0 -- .619 728 177.2 183 20 29 0 2 100 2 2 70 66 3.34 1.19
みうら/三浦大輔 25 24 2 1 0 12 7 0 -- .631 656 158.2 138 12 60 3 3 119 4 0 64 56 3.18 1.25
かわむら/川村丈夫 26 24 1 1 0 8 6 0 -- .571 610 146.1 139 23 46 0 2 97 3 0 60 54 3.32 1.26
さいとう/斎藤隆 34 18 1 0 0 13 5 1 -- .722 572 143.2 131 9 23 1 2 101 2 0 49 47 2.94 1.07
とかの/戸叶尚 23 23 0 0 0 7 8 0 -- .467 539 123.2 140 15 39 1 5 79 3 0 79 71 5.17 1.45
せきくち/関口伊織 42 8 1 1 0 4 5 0 -- .444 312 74.2 72 9 32 1 0 51 0 0 38 34 4.10 1.39
よこやま/横山道哉 53 0 0 0 0 4 4 0 -- .500 286 70.0 62 5 22 1 0 59 3 1 28 24 3.09 1.20
しまた/島田直也 54 0 0 0 0 6 2 1 -- .750 262 61.0 59 5 24 2 5 33 0 0 18 16 2.36 1.36
ささき/佐々木主浩 51 0 0 0 0 1 1 45 -- .500 212 56.0 32 1 13 0 1 78 1 1 7 4 0.64 0.80
あわの/阿波野秀幸 50 1 0 0 0 4 1 0 -- .800 237 54.0 50 6 22 1 4 44 3 2 29 28 4.67 1.33
まほむす/マホームズ 10 8 0 0 0 0 4 0 -- .000 210 43.2 61 4 29 1 0 24 3 0 30 29 5.98 2.06
いからし/五十嵐英樹 40 0 0 0 0 5 2 1 -- .714 170 41.1 40 4 9 0 2 28 1 0 14 12 2.61 1.19
かわはら/河原隆一 30 0 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 113 24.2 21 5 21 0 1 21 2 0 15 15 5.47 1.70
にし/西清孝 22 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 109 24.1 32 2 6 1 0 9 1 0 13 11 4.07 1.56t;
ふくもり/福盛和男 3 3 0 0 0 1 2 0 -- .333 82 18.2 20 1 6 0 1 13 3 0 8 6 2.89 1.39
もりなか/森中聖雄 6 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 19 4.2 1 0 3 0 1 4 0 0 0 0 0.00 0.86
おおか/大家友和 2 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 10 2.0 2 0 2 0 0 1 0 0 2 2 9.00 2.00

主な打撃成績[編集]

色付きは規定打席(422打席)以上の選手

選手











































O
P
S
 
いしい/石井琢朗 135 630 555 103 174 34 5 7 239 48 39 10 2 2 63 0 7 69 4 .314 .389 .431 .820
こまた/駒田徳広 136 586 551 63 155 25 1 9 209 81 0 2 0 8 27 1 0 86 21 .281 .311 .379 .690
すすき/鈴木尚典 131 583 514 92 173 30 6 16 263 87 3 7 0 4 61 2 4 96 10 .337 .408 .512 .920
ろす/ローズ 124 545 468 70 152 29 4 19 246 96 2 3 0 4 68 6 5 79 25 .325 .413 .526 .938
たにしけ/谷繁元信 134 538 461 50 117 23 1 14 184 55 1 2 6 4 62 7 5 83 13 .254 .346 .399 .745
はる/波留敏夫 106 487 428 69 117 23 1 2 148 39 12 2 11 4 39 1 5 57 5 .273 .338 .346 .684
しんとう/進藤達哉 124 456 390 50 94 19 1 14 157 54 0 0 8 3 52 5 2 75 14 .241 .331 .403 .734
さえき/佐伯貴弘 108 341 304 44 88 20 2 9 139 55 1 2 2 2 31 1 2 54 2 .289 .357 .457 .814
なかね/中根仁 70 205 176 25 53 15 1 4 82 31 2 1 1 5 22 0 0 38 6 .301 .369 .466 .835
いのうえ/井上純 71 117 109 10 36 7 1 0 45 9 0 3 2 0 6 0 0 29 1 .330 .365 .413 .778
まんえい/万永貴司 47 114 105 20 28 3 0 1 34 5 2 1 2 0 7 2 0 19 1 .267 .313 .324 .636
はたやま/畠山準 49 107 95 7 25 1 0 2 32 8 1 0 2 1 8 0 1 23 1 .263 .324 .337 .661
まらへ/マラベ 33 92 87 5 19 4 0 1 26 12 0 0 0 2 3 0 0 21 2 .218 .239 .299 .538
かわはた/川端一彰 43 63 54 5 12 2 0 0 14 1 0 2 5 0 4 0 0 11 0 .222 .276 .259 .535
あらいゆきお/荒井幸雄 50 50 46 7 12 1 0 1 16 5 0 0 0 0 4 1 0 10 1 .261 .320 .348 .668
あきもと/秋元宏作 18 29 26 0 4 2 0 0 6 3 0 0 0 0 3 0 0 9 0 .154 .241 .231 .472
みやかわ/宮川一彦 8 14 12 2 3 1 0 0 4 1 0 0 0 1 1 0 0 5 0 .250 .286 .333 .619
あらいきよし/新井潔 13 13 12 2 2 1 0 0 3 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 .167 .231 .250 .481
きしかわ/岸川勝也 7 7 6 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 0 2 0 .167 .286 .167 .452
かわさき/川崎義文 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000

オールスターゲーム1998[編集]

  • 選出選手及びスタッフ
ポジション 名前 選出回数
コーチ 権藤博
投手 川村丈夫
佐々木主浩 6
捕手 谷繁元信 3
内野手 石井琢朗 3
外野手 鈴木尚典 2

できごと[編集]

10月[編集]

  • 10月8日 - 対阪神戦(甲子園)に勝ち、大洋ホエールズ時代の1960年以来38年ぶり2度目のセ・リーグ優勝達成。
  • 10月26日 - 日本シリーズ第6戦が横浜スタジアムで行われ、西武に2対1で勝利し、4勝2敗で38年ぶり2度目の日本一達成。

入団・退団[編集]

シーズン開幕前[編集]

本節では、前シーズン終了後から本シーズン開幕までの入退団について記述する。

入団[編集]

選手名 背番号 前所属 備考
投手
関屋智義 33 愛知高 ドラフト3位
谷口邦幸 46 町野高 ドラフト1位
阿波野秀幸 49 読売ジャイアンツ 永池恭男とトレード
足利豊 64 福岡ダイエーホークス 自由契約
渡辺伸彦 65 オリックス・ブルーウェーブ 自由契約
捕手
新沼慎二 29 仙台育英学園高 ドラフト2位
内野手
宮内洋 58 住友金属 ドラフト5位
外野手
中根仁 6 近鉄バファローズ 盛田幸妃とトレード
マラベ 9 ボストン・レッドソックス 新外国人
田中充 51 西京商業高 ドラフト4位
岸川勝也 55 読売ジャイアンツ 自由契約
荒井幸雄 60 近鉄バファローズ 無償トレード

退団[編集]

選手名 去就
投手
盛田幸妃 中根仁とトレードで近鉄に移籍
田辺学 球団関連企業に就職
キャンベル 米・独立リーグと契約
捕手
葉室太郎 打撃コーチ補佐に就任
永池恭男 阿波野秀幸とトレードで巨人に移籍
内野手
セルビー 米・インディアンスと契約
藤田正大 現役引退
外野手
宮里太 球団職員に転向
石本豊 現役引退
岩本守道 現役引退

選手・スタッフ[編集]

  • 背番号変更
  • 日程・試合結果[編集]

    1998年の日程・試合結果[7]

    先発出場選手[編集]

    1998年

    表彰選手[編集]

    リーグ・リーダー
    選手名 タイトル 成績 回数
    佐々木主浩 最優秀選手 初受賞
    最優秀救援投手 46SP 4年連続5度目
    鈴木尚典 首位打者 .337 2年連続2度目
    石井琢朗 最多安打 174本 初受賞
    盗塁王 39個 5年ぶり2度目
    その他
    選手名 タイトル
    斎藤隆 カムバック賞
    ベストナイン
    選手名 ポジション 回数
    佐々木主浩 投手 初受賞
    谷繁元信 捕手 初受賞
    駒田徳広 一塁手 初受賞
    ローズ 二塁手 2年連続4度目
    石井琢朗 遊撃手 2年連続2度目
    鈴木尚典 外野手 2年連続2度目
    ゴールデングラブ賞
    選手名 ポジション 回数
    谷繁元信 捕手 初受賞
    駒田徳広 一塁手 6年連続9度目
    ローズ 二塁手 初受賞
    進藤達哉 三塁手 2年連続2度目
    石井琢朗 遊撃手 初受賞[注 1]

    ドラフト[編集]

    順位 選手名 ポジション 所属 結果
    1位 古木克明 内野手 豊田大谷高 入団
    2位 矢野英司 投手 法政大学 入団
    3位 金川直樹 内野手 山陽高 入団
    4位 福本誠 内野手 法政大学 入団
    5位 金城龍彦 投手 住友金属 入団
    6位 小池正晃 外野手 横浜高 入団

    脚注[編集]

    [ヘルプ]

    注釈[編集]

    1. ^ 三塁手部門で3度受賞しており、通算4度目。

    出典[編集]

    1. ^ a b 1998年度日本シリーズ”. 2015年10月26日閲覧。
    2. ^ 年度別成績 1998年 セントラル・リーグ”. 2015年10月26日閲覧。
    3. ^ 1997年順位表 セントラル・リーグ 日本野球機構 2014年4月17日閲覧
    4. ^ 【7月15日】1998年(平10) マシンガン炸裂! MKT砲に打ち勝ち34年ぶり首位折り返し スポーツニッポン 2014年4月17日閲覧
    5. ^ 1998年順位表 セントラル・リーグ 日本野球機構 2014年4月17日閲覧
    6. ^ 【10月26日】1998年(平10) 10年ひと昔…横浜、駒田徳広の一撃で38年ぶりの日本一 スポーツニッポン 2014年4月17日閲覧
    7. ^ 日程・試合結果表は下記の資料・記録をもとに作成
      * 『1998年 セントラル・リーグ 公式記録』日本野球機構 1998年
      * 『第49回日本シリーズ 公式プログラム』日本野球機構 1998年
      * 『緊急速報 横浜優勝 週刊Gallop サンケイスポーツ 特別版 横浜ベイスターズ優勝への軌跡 11月20日号』 産業経済新聞社 1998年10月10日発行
      * 『sports graphic Number 1998 Special Issue 「横浜ベイスターズ」-Stars Go To the Top 優勝までの全軌跡。- ナンバー 10月29日増刊号』 第19巻23号文藝春秋 1998年10月29日発行
      * 『月刊 ベイスターズ 1998年11月号』 通巻198号 横浜ベイスターズ 1998年11月1日発行
      * 『週刊ベースボール 11月7日増刊号 「第49回日本シリーズ決算号」』第53巻第47号 ベースボール・マガジン社 1998年11月7日発行
      * 『日刊スポーツグラフ '98日本シリーズ速報 「'98ベイスターズ日本一」』 日刊スポーツ新聞社 1998年12月4日発行
      * 『緊急速報 横浜日本一 週刊Gallop サンケイスポーツ 特別版 12月25日号』 産業経済新聞社 1998年10月28日発行
      * 『sports graphic Number 457 ナンバー 11月19日号』 第19巻25号 文藝春秋 1998年10月29日発行
      * 1998年度日本シリーズ 試合結果 日本野球機構

    関連項目[編集]