里谷多英

半保護されたページ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

里谷 多英
名前
本名 里谷 多英
愛称 テディベア、タエ
カタカナ サトヤ タエ
ラテン文字 Tae Satoya
基本情報
国籍 日本の旗 日本
種目 スキー・フリースタイル(モーグル)
所属 フジテレビジョンスキーチーム
使用メーカー 板:サロモン
ブーツ:サロモン
生年月日 (1976-06-12) 1976年6月12日(46歳)
生誕地 北海道札幌市
ワールドカップ戦歴
デビュー年 1991-1992
引退年 2011-2012
表彰台 7回
最高成績 1位
通算成績 2勝
世界選手権・最高成績
1995年 12位(モーグル)
1997年 15位(モーグル)
2001年 7位(モーグル)
10位(デュアルモーグル)
2003年 14位(モーグル)
6位(デュアルモーグル)
2009年 9位(モーグル)
4位(デュアルモーグル)
オリンピック・最高成績
1994年 11位
1998年 1位
2002年 3位
2006年 15位
2010年 19位
獲得メダル
1998 モーグル
2002 モーグル
最終更新日:2022年2月3日

里谷 多英(さとや たえ、1976年6月12日 - )は、日本の元フリースタイル・スキーモーグル選手。長野オリンピック金メダリスト・ソルトレイクシティオリンピック銅メダリスト(共に女子モーグル)。現在はフジテレビジョンに所属している。

来歴

北海道札幌市北区出身。札幌市立新陽小学校札幌市立北陽中学校東海大学付属第四高等学校(現:東海大学付属札幌高等学校)体育コースを経て北海道東海大学(現:東海大学札幌キャンパス)を卒業。

モーグルは、小学校5年生で始める。同シーズンに札幌市のばんけいスキー場で初めて大会に出場した。

1989年度全日本選手権大会に6年生で出場し優勝[1]。これは全日本スキー選手権史上最年少記録となる快挙である[2]。中学生になるとFSS少年団に所属し、1年生の1990年度大会は2位[3]だったものの、その後1991年度から6連覇[1]を達成した。

1992年(1991年度)2月29日、猪苗代で開催されたFISワールドカップに初参戦した(16位[4])。

1994年2月、リレハンメルオリンピックに出場し11位となった[5]。その後、スティーブ・フェアリングコーチの指導を2006年まで受けた[6]
およそ3週間後にフィンランドで開催された国際ユース選手権[注釈 1]に参戦して優勝し[4]、翌年の大会(豪州マウントブラー英語版)でも優勝し[4]連覇を果たした。

1995年2月18日、フランスで開催された世界選手権大会に初出場した(12位[4])。

1996年3月7日にノルウェーで開催されたワールドカップで初めて表彰台(3位[4])に上った。

1997年7月に父親の昌昭さんを亡くし競技引退も考えたが[7][5]、父の残した「成績よりも、よいすべりを」の言葉を胸に[8]、翌1998年の長野オリンピックに出場し日本人女子選手として冬季オリンピック史上初の金メダルを獲得した。決勝でのスコアは当時のオリンピック記録を塗り替える[4]好成績であった。さらに、決勝当日の年齢21歳244日は日本の女子金メダリストとしては冬季オリンピック史上最年少であり、2018年の平昌オリンピックスピードスケート佐藤綾乃が21歳73日で金メダルを獲得するまで記録として残った。
その約1か月後となる1998年3月9日にスウェーデンで開催されたワールドカップでは初優勝[4]している。

1999年2月17日、猪苗代で開催されたワールドカップで二回目の優勝[4]をし、同年4月、フジテレビジョンに入社。

その後は成績が低迷し、さらに左足首骨折という大けがをした[5]。しかし、怪我によって一時滑れなくなったことで、スキーをしたいという意欲が増す。2002年のソルトレイクシティオリンピックで、冬季オリンピック3大会連続出場となり、2大会連続のメダルとなる銅メダルを獲得した[5]。冬季オリンピックで日本の女子選手が2つ目のメダルを獲得したのは史上初であった。

2003年11月に建設会社に勤める一般男性と結婚した[9]

2005年2月、酒に酔って暴行事件を起こした[10]。刑事事件としては起訴猶予処分となったものの自ら全日本スキー連盟に強化選手から外してもらうよう申し出をして、2005年10月に了承された[11]。その後、フリースタイルスキー・ワールドカップには個人参加で出場を続け、2006年のトリノオリンピックへ4大会連続となる冬季五輪に出場。しかし、エアーの着地失敗が響いて決勝15位に終わった[12]。同年3月に離婚している[9]

2006年から2007年にかけてのシーズンは、ワールドカップ等には出場せず腰の治療に専念した[13]。翌2007年9月、故障からの回復が認められて、強化C指定選手に認定された[14]2008年3月22日、全日本選手権に出場し、12年ぶり8度目の優勝を果たした[10][15]

2009年2月に行われたバンクーバーオリンピックのテスト大会は、航空券の手配ができずに欠場したが[16]、同月に、3年ぶりとなる日本国外のワールドカップに出場を果たした[17]
3月、世界選手権大会で自己最高位となる4位入賞[4][注釈 2]を果たす。

2010年2月のバンクーバーオリンピックでは、5大会連続で冬季五輪日本代表に選出。バンクーバー五輪本番では上村愛子村田愛里咲伊藤みきと共に決勝に進んだが、第2エアーで転倒してしまい結局19位に終わり、これが最後の冬季五輪出場となった[10][18][19]

上村愛子とは、1994-1995シーズンから2011-2012シーズンまでの長きにわたり切磋琢磨しながら世界大会の上位で活躍し合ってきた仲[20]であるが、FIS主催・公認の大会で二人が同時に表彰台に上った試合は、1995年国際ユース選手権(豪州・マウントブラー:里谷1位、上村2位[4])、1997年ヨーロッパカップ(スイスツェルマット:里谷2位、上村3位[4])、ならびに、2009年豪州・ニュージーランドカップ(豪州・ペリッシャー・ブルー英語版:上村1位、里谷2位[4])の3回のみであり、共に参加、参戦した4回のオリンピック、4回の世界選手権(7戦)、ワールドカップ(14シーズン[注釈 3]・88戦[注釈 4])で、同時にメダルを獲得した試合は一度もなかった[4]

2013年1月に現役引退を発表した[21]。同年2月23日、福島県猪苗代町リステルパークで行われたW杯で、引退セレモニーが行われた[22]

戦績

オリンピック

オリンピック冬季大会成績
開催日 開催国 開催地
(会場)
種目 決勝成績 予選
成績
優勝者
(国籍)
備考(日本人成績等)
総合 ターン エアー タイム
1994年2月16日  ノルウェー リレハンメル
(Kanthaugen Freestyle Arena英語版)
モーグル 11位
23.18[23]
10位
12.2[24]
16位
5.40[24]
7位
5.58[24]
10位
23.32[24]
Stine Lise HATTESTADノルウェー語版
( ノルウェー)
予選開催日は2月15日。
1998年2月11日 日本の旗 日本 長野
(飯綱高原)
モーグル 1位
25.06[25]
1位
13.9[26]
5位
4.95[26]
1位
6.21[26]
11位
22.29[26]
Tae SATOYA
(日本の旗 日本)
上村愛子7位。
予選開催日は2月8日[26]
2002年2月9日 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ソルトレークシティ
(Deer Valley英語版)
モーグル 3位
24.85[27]
5位
13.5[28]
7位
4.94[28]
2位
6.41[28]
6位
23.65[28]
Kari TRAA
( ノルウェー)
上村愛子6位、畑中みゆき20位。
2006年2月11日 イタリアの旗 イタリア トリノ
(Sauze D'oulx-Jouvenceaux)
モーグル 15位
22.12[29]
16位
11.3[30]
11位
4.80[30]
8位
6.02[30]
9位
23.63[30]
Jennifer HEIL
(カナダの旗 カナダ)
上村愛子5位、伊藤みき20位、畑中みゆき27位。
2010年2月13日 カナダの旗 カナダ バンクーバー
(Cypress Mountain英語版)
モーグル 19位
12.85[31]
19位
5.6[32]
20位
2.52[32]
19位
4.73[32]
13位
22.15[32]
Hannah KEARNEY英語版
(アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国)
上村愛子4位、村田愛里咲8位、伊藤みき12位。

世界選手権

FISスキーフリースタイル・モーグル世界選手権大会成績
開催日 開催国 開催地 種目 成績 優勝者 日本人成績
1995年2月18日 フランスの旗 フランス ラ・クリューザフランス語版 モーグル 12位 Candice GILGフランス語版(フランスの旗 フランス)
1997年2月8日 日本の旗 日本 飯綱高原 モーグル 15位 Candice GILG(フランスの旗 フランス) 上村愛子:16位
2001年1月19日 カナダの旗 カナダ ウィスラー モーグル 10位 Kari TRAA( ノルウェー) 上村愛子:3位、畑中みゆき:31位
2001年1月21日 デュアルモーグル 7位 Kari TRAA( ノルウェー) 上村愛子:4位、畑中みゆき:17位
2003年1月31日 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ディア・バレー英語版 モーグル 14位 Kari TRAA( ノルウェー) 上村愛子:14位、畑中みゆき:14位
2003年2月1日 デュアルモーグル 6位 Kari TRAA( ノルウェー) 上村愛子:17位
2009年3月7日 日本の旗 日本 猪苗代 モーグル 9位 Aiko UEMURA(日本の旗 日本) 上村愛子:1位、伊藤みき:4位
2009年3月8日 デュアルモーグル 4位 Aiko UEMURA(日本の旗 日本) 上村愛子:1位、伊藤みき:2位

ワールドカップ

  • 参戦回数: 126回[注釈 5](うち、途中棄権(DNF)2回)
  • 表彰台: 7回(優勝2回、2位3回、3位2回)
  • トップ5: 22回、トップ10: 52回
FISスキーフリースタイル・モーグル ワールドカップ表彰台成績
開催日 開催国 開催地 種目 成績 優勝者 日本人成績
1996年3月7日  スウェーデン フンドフィレットスウェーデン語版 デュアルモーグル 3位 Donna WEINBRECHT英語版(アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国)
1998年3月9日 モーグル 1位 Tae SATOYA(日本の旗 日本) 上村愛子:11位
1999年2月17日 日本の旗 日本 猪苗代 モーグル 1位 Tae SATOYA(日本の旗 日本) 上村愛子:7位、畑中みゆき:16位、堀江寿美代:23位、坂下美香:24位、今野越奈:27位
1999年2月20日 日本の旗 日本 斑尾 モーグル 3位 Ann BATTELLE英語版(アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国) 上村愛子:14位、坂下美香:20位、堀江寿美代:23位、畑中みゆき:24位、今野越奈:26位
2001年1月28日 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 サンデー・リバー英語版 モーグル 2位 Kari TRAA( ノルウェー) 上村愛子:10位、畑中みゆき:26位
2002年3月16日  フィンランド ルカフィンランド語版 モーグル 2位 Kari TRAA( ノルウェー) 上村愛子:5位
2005年2月6日 日本の旗 日本 猪苗代 モーグル 2位 Jennifer HEIL(カナダの旗 カナダ) 伊藤みき:8位、畑中みゆき:12位、伊藤あづさ:16位、上村愛子:25位

エピソード

  • 競技を始めた11歳(1987年)当時から、モーグルが将来オリンピック競技になると信じていた[33]という。
  • 練習でサボり癖があった天才肌の里谷多英は、上村愛子が1995-96年シーズンW杯に初出場していきなり3位となった[4]結果を見て奮起し、これが長野オリンピックで金メダルを獲得するきっかけになった[20]という。
  • 12歳で全日本選手権を制して“コブの天才少女”と称され、日本モーグルの先駆者的役割を果たしてきたが、長野オリンピック前には日本IBMのテレビCMに登場した上村愛子の注目度の方が高かった[34]
  • 長野オリンピックの決勝を滑り終えた直後、スコアを見たときに25点を超えた[注釈 6]ことが信じられず、滑走タイムがそんなに早いのか、と戸惑った[注釈 7][20]
  • 長野オリンピック決勝では、前年に他界した父親からプレゼントされたゴールドのピアスをして滑った[35]
  • 長野オリンピックで優勝した直後にシャンパンを一気飲みするパフォーマンスを行ったり、金メダル授与の表彰式での国旗掲揚の際に脱帽しなかった事などの振る舞いに対して日本オリンピック委員会に抗議が殺到し、長野オリンピック日本選手団長の八木祐四郎が陳謝する事態となった[36]
  • ライバルの上村愛子とは、合宿で一緒の部屋で過ごすことが多かったが、長野オリンピックで活躍して以降は、お互いに個人部屋になってしまった。引退後は一緒にスキーや食事をする程の良き仲間となっている[20]
  • リステルスキーファンタジアで催された引退セレモニーでは、長野オリンピックのレプリカビブスを着用して滑走し、金メダルの滑りで見せたコザックに挑戦しようとしたが、バランスを崩して不完全なスプレッドになってしまった[37]
  • 父親は「成績よりも、よいすべりを」と激励していた一方で、母親は娘が怪我をして欲しくない思いからオリンピックが嫌で見ていられず、引退の際には「やっとやめるの」と本人に伝えている[20]

脚注

[脚注の使い方]

出典

  1. ^ a b 全日本スキー連盟「全日本スキー選手権大会歴代優勝者(フリースタイル)」
  2. ^ 全日本スキー連盟「連載40 記録に見る日本のスキー競技史(1989年)」
  3. ^ 全日本スキー連盟「連載41 記録に見る日本のスキー競技史(1992年)」
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n 国際スキー連盟「データベース」
  5. ^ a b c d 里谷多英選手の銅メダルで学ぶ 碓井真史 新潟青陵大学HP
  6. ^ 里谷 10年五輪へ現役続行 Archived 2010年1月24日, at the Wayback Machine. スポーツニッポン 2006年4月4日
  7. ^ 里谷多英選手の金メダルで学ぶ親子関係の依存と自律の心理学 碓井真史 新潟青陵大学
  8. ^ 三上孝道『これだけは知っておきたい(11) オリンピックの大常識』株式会社ポプラ社、2004年、103ページ、ISBN 4-591-08135-4
  9. ^ a b 里谷が離婚へ”. スポーツニッポン (2005年3月3日). 2012年6月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年6月15日閲覧。
  10. ^ a b c 5度目の舞台、無念=里谷選手転倒、19位”. 時事通信 (2010年2月14日). 2010年2月14日閲覧。[リンク切れ]
  11. ^ 里谷が指定選手から外れる Archived 2010年2月20日, at the Wayback Machine. スポーツニッポン 2005年10月12日
  12. ^ 里谷15位も現役続行へ Archived 2010年1月24日, at the Wayback Machine. スポーツニッポン 2006年2月13日
  13. ^ 里谷が今季W杯を断念 Archived 2010年1月24日, at the Wayback Machine. スポーツニッポン 2006年11月27日
  14. ^ 里谷 強化C指定選手に Archived 2013年1月21日, at the Wayback Machine. スポーツニッポン 2007年9月21日
  15. ^ 多英、地元札幌で復活V/スキー 日刊スポーツ 2008年3月23日
  16. ^ 航空券手配できず…里谷が五輪テスト大会欠場 Archived 2010年2月2日, at the Wayback Machine. スポーツニッポン 2009年1月28日
  17. ^ 多英W杯へ出発「100%出したい」 Archived 2009年12月16日, at the Wayback Machine. スポーツニッポン 2009年2月10日
  18. ^ 上村4位、メダルに届かず=村田8位、伊藤12位”. 時事通信 (2010年2月14日). 2010年2月14日閲覧。
  19. ^ “第2エア「景色がいつもと違った」 モーグル里谷、転倒”. asahi.com (朝日新聞社). (2010年2月14日). オリジナルの2010年6月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100620080117/http://www.asahi.com/sports/update/0214/TKY201002140179.html 2013年1月23日閲覧。 
  20. ^ a b c d e 集英社『Sportiva(web)』(2021年11月11日発信)
  21. ^ “モーグル・里谷多英、引退へ…五輪で金と銅”. YOMIURI ONLINE (読売新聞). (2013年1月18日). http://www.yomiuri.co.jp/sports/winter/news/20130118-OYT1T00897.htm 2013年1月23日閲覧。 [リンク切れ]
  22. ^ 里谷、感極まるラストラン 猪苗代で引退セレモニー”. 産経新聞 (2017年2月23日). 2013年2月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年2月23日閲覧。
  23. ^ 国際オリンピック委員会「LILLEHAMMER 1994 FREESTYLE SKIING MOGULS WOMEN RESULTS」
  24. ^ a b c d Olympedia「1994 Winter Olympics Moguls, Women」
  25. ^ 国際オリンピック委員会「NAGANO 1998 FREESTYLE SKIING MOGULS WOMEN RESULTS」
  26. ^ a b c d e 日本オリンピック委員会「第18回オリンピック冬季競技大会(協議日程・結果)」
  27. ^ 国際オリンピック委員会「SALT LAKE CITY 2002 FREESTYLE SKIING MOGULS WOMEN RESULTS」
  28. ^ a b c d 国際スキー連盟「2002FS8151」
  29. ^ 国際オリンピック委員会「TURIN 2006 FREESTYLE SKIING MOGULS WOMEN RESULTS」
  30. ^ a b c d 国際スキー連盟「2006FS8089」
  31. ^ 国際オリンピック委員会「VANCOUVER 2010 FREESTYLE SKIING MOGULS WOMEN RESULTS」
  32. ^ a b c d 国際スキー連盟「2010FS8031」
  33. ^ スポーツニッポン新聞社『スポニチ - 【スケートボード】里谷多英さん 新競技に若き才能開花「凄い」「かっこいい」がスポーツの原点 -』(2021年7月28日発行)
  34. ^ スポーツナビ『Sportsnavi-プレーバック五輪 第3回』(2014年2月8日発信)
  35. ^ J:COM番組ガイド『雪上のシンデレラ”里谷多英 98長野金、「生涯最高の演技」』(2022年1月25日発信)
  36. ^ Even if the Cap Fits — Don't Wear It”. ワシントン・ポスト (1998年2月17日). 2010年7月21日閲覧。
  37. ^ スポーツニッポン新聞社『スポニチ - 里谷 長野五輪のビブス着てコザック挑戦!涙のゴール -』(2013年2月24日発行)

注釈

  1. ^ 若年層を対象とした国際大会「国際ユース選手権(Interanational Youth Championship)」は2002年が最後の大会となり、2003年からは「ジュニア世界選手権(Jnnior World Championships)」が開催されるようになった。
  2. ^ デュアルモーグルでの成績。前日に開催されたモーグルの成績は9位。
  3. ^ 里谷多英は2003-2004シーズンおよび2006-2007シーズンは欠場。上村愛子は1995-1996シーズンから参戦し2010-2011シーズンは欠場。
  4. ^ 里谷多英、上村愛子が共にエントリーし、どちらか一方もしくは双方が棄権した(DNS)4戦(2006年1月20日、同年3月1日、2010年1月8日、9日)を含む。
  5. ^ 別途、エントリー後に出場を取り止めた(DNS)試合が7戦ある。
  6. ^ 記録は25.06点。
  7. ^ 実際の決勝滑走タイムは35秒59。

外部リンク