里谷多英

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
日本の旗 日本
女子フリースタイルスキー
オリンピック
1998 長野 女子モーグル
2002 ソルトレイクシティ 女子モーグル

里谷 多英(さとや たえ、1976年6月12日 - )は日本の元フリースタイル・スキーモーグル選手。長野オリンピック女子モーグル金メダリスト。現在フジテレビジョンに所属している。

来歴

北海道札幌市出身。札幌市立新陽小学校札幌市立北陽中学校東海大学付属第四高等学校体育コースを経て北海道東海大学(現:東海大学札幌キャンパス)を卒業。

モーグルは、小学校5年生で始める。全日本選手権には、1989年度大会に6年生で優勝。中学校1年の1990年度大会は2位だったが、その後1991年度から6連覇を達成した。

1994年、リレハンメルオリンピックに出場し11位となった[1]。その後、スティーブ・フェアリングコーチの指導を2006年まで受けた[2]

1997年7月に、父親を亡くし競技引退も考えたが[3][1]、翌1998年の長野オリンピックに出場し日本人女子選手として冬季オリンピック史上初の金メダルを獲得した。しかし、優勝直後にアルコール入りのシャンパンを一気飲みするパフォーマンスを行ったり、金メダル授与の表彰式での国旗掲揚の際に彼女が脱帽しなかった事などがそれぞれ問題となる。この里谷の振る舞いに対して日本オリンピック委員会に抗議が殺到、長野オリンピック日本選手団長の八木祐四郎は陳謝した[4]

金メダル獲得後も競技を続けたが成績は低迷し、さらに左足首骨折という大けがをした[1]。しかし、怪我によって一時滑れなくなったことから、スキーをしたいという意欲が増す。2002年のソルトレイクシティオリンピックで、冬季オリンピック3大会連続出場となり、2大会連続のメダルとなる銅メダルを獲得した[1]。冬季オリンピックで日本の女子選手が2つ目のメダルを獲得したのは史上初であった。

2003年11月に建設会社に勤める一般男性と結婚した[5]

2005年2月、酒に酔って暴行事件を起こした[6]。刑事事件としては起訴猶予処分となったものの自ら全日本スキー連盟に強化選手から外してもらうよう申し出をして、2005年10月に了承された[7]。その後、フリースタイルスキー・ワールドカップには個人参加で出場を続け、2006年のトリノオリンピックにも出場したが15位に終わった[8]。同年3月に離婚している[5]

2006年から2007年にかけてのシーズンは、ワールドカップ等には出場せず腰の治療に専念した[9]。翌2007年9月、故障からの回復が認められて、強化C指定選手に認定された[10]2008年3月22日、全日本選手権に出場し、12年ぶり8度目の優勝を果たした[6][11]

2009年2月に行われたバンクーバーオリンピックのテスト大会は、航空券の手配ができずに欠場したが[12]、同月に、3年ぶりとなる日本国外のワールドカップに出場を果たした[13]

2010年2月のバンクーバーオリンピックでは上村愛子村田愛里咲伊藤みきと共に決勝に進んだが第2エアーで転倒し19位に終わった[6][14][15]

2013年1月に現役引退を発表した[16]。同年2月23日、福島県猪苗代町リステルパークで行われたW杯で、引退セレモニーが行われた[17]

戦績

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 里谷多英選手の銅メダルで学ぶ 碓井真史 新潟青陵大学HP
  2. ^ 里谷 10年五輪へ現役続行 スポーツニッポン 2006年4月4日
  3. ^ 里谷多英選手の金メダルで学ぶ親子関係の依存と自律の心理学 碓井真史 新潟青陵大学
  4. ^ Even if the Cap Fits — Don't Wear It”. ワシントン・ポスト (1998年2月17日). 2010年7月21日閲覧。
  5. ^ a b 里谷が離婚へ”. スポーツニッポン (2005年3月3日). 2012年6月15日閲覧。
  6. ^ a b c 5度目の舞台、無念=里谷選手転倒、19位”. 時事通信 (2010年2月14日). 2010年2月14日閲覧。[リンク切れ]
  7. ^ 里谷が指定選手から外れる スポーツニッポン 2005年10月12日
  8. ^ 里谷15位も現役続行へ スポーツニッポン 2006年2月13日
  9. ^ 里谷が今季W杯を断念 スポーツニッポン 2006年11月27日
  10. ^ 里谷 強化C指定選手に スポーツニッポン 2007年9月21日
  11. ^ 多英、地元札幌で復活V/スキー 日刊スポーツ 2008年3月23日
  12. ^ 航空券手配できず…里谷が五輪テスト大会欠場 スポーツニッポン 2009年1月28日
  13. ^ 多英W杯へ出発「100%出したい」 スポーツニッポン 2009年2月10日
  14. ^ 上村4位、メダルに届かず=村田8位、伊藤12位”. 時事通信 (2010年2月14日). 2010年2月14日閲覧。
  15. ^ “第2エア「景色がいつもと違った」 モーグル里谷、転倒”. asahi.com (朝日新聞社). (2010年2月14日). オリジナル2010年6月20日時点によるアーカイブ。. http://wayback.archive.org/web/20100620080117/http://www.asahi.com/sports/update/0214/TKY201002140179.html 2013年1月23日閲覧。 
  16. ^ “モーグル・里谷多英、引退へ…五輪で金と銅”. YOMIURI ONLINE (読売新聞). (2013年1月18日). http://www.yomiuri.co.jp/sports/winter/news/20130118-OYT1T00897.htm 2013年1月23日閲覧。 
  17. ^ 里谷、感極まるラストラン 猪苗代で引退セレモニー”. 産経新聞 (2017年2月23日). 2013年2月23日閲覧。
  18. ^ Ladies' MogulsLadies' Moguls Finals”. バンクーバーオリンピック組織委員会 (2010年2月14日). 2010年2月14日閲覧。
  19. ^ Ladies' MogulsLadies' Moguls Qualification”. バンクーバーオリンピック組織委員会 (2010年2月14日). 2010年2月14日閲覧。

外部リンク