関口伊織

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
関口 伊織
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 埼玉県熊谷市
生年月日 (1971-10-26) 1971年10月26日(46歳)
身長
体重
178 cm
74 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1995年 ドラフト2位(逆指名)
初出場 1996年4月10日
最終出場 2004年9月23日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

関口 伊織(せきぐち いおり、1971年10月26日 - )は、埼玉県熊谷市出身の元プロ野球選手投手)。2013年より東北楽天ゴールデンイーグルススコアラー

経歴[編集]

熊谷市で鉄工所の経営者の長男として生まれる[1]。富士見中学ではエースとして県大会で3位になり、誘いを受けて大宮工業に進学した[1]。3年夏の埼玉大会ではベスト16で敗れたが、速球を評価され巨人西武から獲得の打診もあったという[1]。しかし、高校野球部の監督の勧めもあって東洋大学へ進学。東洋大野球部では1学年下で1年春のリーグ戦でMVPを獲得した銭場一浩の存在などもあってすぐに起用は増えなかったが、3年秋にはリーグ戦で完封勝利を挙げている[2]。4年春には先発の柱となり[3]、大学では通算9勝8敗の成績を残した。大学卒業後、日本通運に入社。同期には大塚晶文がいた。

入社1年目の1994年日本選手権で決勝戦の先発を任され、優勝に貢献[4]。翌1995年は黒川紀章とともに投手陣の中心となり[5]、3月の東京スポニチ大会では準優勝に貢献して敢闘賞を受賞している[6]同年の都市対抗では川鉄千葉の補強選手となり、エースの須合哲哉とともにベスト4進出を支えた[7]。また、捕手の藤井省二から配球について多くを学んだという[8]1995年度ドラフト会議にて横浜ベイスターズから2位指名(逆指名)を受けて[1]入団。当時のNPBの規定上限である契約金1億円と出来高払い金5,000万円、年俸1,200万円(いずれも推定)で入団契約を結んでいる[9]

1年目の1996年4月10日には早くも一軍で登板し、シーズン後半は先発として起用され5勝を挙げた。また、11月の日米野球では予定されていた斎藤隆に代わり第7戦のメンバーに選ばれた[10]。オフの更改では年俸は2,300万円(推定)になっている[9]1997年は先発でスタートしたが7月以降はリリーフに回り、前年を上回る60試合に登板。1998年はリリーフ・先発として日本一に貢献したが前半戦は勝利がなく、8月6日の対阪神戦で延長11回に7対7の場面で登板するとファンから不満の声が上がり、4イニングを無失点に抑えて勝利投手となったもののプロの厳しさを感じたという[9]。西武との日本シリーズでは第3戦に登板し、1イニングを3者凡退に抑えた[11]

2001年4月5日杉山賢人との交換トレードで近鉄へ移籍。同年はチームがリーグ優勝し、関口もチーム左腕トップの登板数を記録。日本シリーズでは第1戦から3試合連続で中継ぎとして登板している。2004年限りで現役を引退。同年創設された楽天打撃投手となった[9]。横浜の打撃投手を経て2008年より再び楽天の打撃投手を務め現在はスコアラーを務めている。

選手としての特徴・人物[編集]

140km/hを超える速球に加え、スライダーシンカーなどを駆使した[8]。また、マウンド度胸の良さと強気の投球にも定評があった[8]

父親がファンだという『大岡越前』に登場する竹脇無我扮する榊原伊織医師からとり、伊織と名付けられた。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1996 横浜 43 12 4 0 0 5 6 0 -- .455 482 112.2 90 14 68 1 1 108 3 0 46 46 3.67 1.40
1997 60 11 0 0 0 5 4 1 -- .556 468 108.2 105 12 55 1 2 92 3 0 49 43 3.56 1.47
1998 42 8 1 1 0 4 5 0 -- .444 312 74.2 72 9 32 1 0 51 0 0 38 34 4.10 1.39
2000 3 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 19 3.1 5 0 4 1 0 1 1 0 2 1 2.70 2.70
2001 近鉄 53 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 166 35.1 37 3 25 2 0 29 4 0 19 17 4.33 1.75
2002 12 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 49 11.1 10 4 6 0 0 13 1 0 8 6 4.76 1.41
2003 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 3 1.0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0.00 1.00
2004 7 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 29 5.1 8 0 6 0 1 6 3 0 7 7 11.81 2.63
通算:8年 221 31 5 1 0 14 16 1 -- .467 1528 352.1 327 42 197 6 4 300 15 0 169 154 3.93 1.49
  • 各年度の太字はリーグ最高

背番号[編集]

  • 12 (1996年 - 2001年途中)
  • 40 (2001年途中 - 2004年)
  • 114 (2005年 - 2012年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 毎日新聞、1995年11月23日付朝刊、埼玉地方面
  2. ^ 毎日新聞、1992年9月10日付朝刊、P.20
  3. ^ 朝日新聞、1993年4月6日付朝刊、P.21
  4. ^ 毎日新聞、1994年10月25日付朝刊、埼玉地方面
  5. ^ 毎日新聞、1995年5月15日付朝刊、埼玉地方面
  6. ^ 毎日新聞、1995年3月17日付朝刊、P.25
  7. ^ 毎日新聞、1995年8月1日付朝刊、千葉地方面
  8. ^ a b c 毎日新聞、1995年9月4日付朝刊、埼玉地方面
  9. ^ a b c d 朝日新聞、2005年7月27日付朝刊、P.30
  10. ^ 毎日新聞、1996年10月30日付朝刊、P.25
  11. ^ 日本野球機構 1998年度日本シリーズ 試合結果(第3戦)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]