竹下潤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
竹下 潤
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 静岡県静岡市
生年月日 (1969-07-12) 1969年7月12日(48歳)
身長
体重
184 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1991年 ドラフト1位
初出場 1992年4月18日
最終出場 2002年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • フェズント岩手

竹下 潤(たけした じゅん、1969年7月12日 - )は、静岡県静岡市出身の元プロ野球選手投手)。現在は、埼玉西武ライオンズのスカウト。

経歴[編集]

静岡市立商高から駒澤大学へ進学。東都大学リーグ通算25試合登板し6勝4敗。1991年のドラフト1位で西武に入団。駒大時代は若田部健一の控えだったが、左腕不足(特に工藤公康がダイエーに移籍してから顕著になった)というチーム事情から先発ローテーション入りを期待された。

2軍では1993年9月14日ヤクルトスワローズ戦でノーヒットノーランを記録するなど好投を見せたが、1軍では制球の悪さが災いして結果を残せず、ローテーションには定着できなかった。

1994年4月26日イースタン・リーグのヤクルト戦でノーヒットワンランを記録している(失点は失策で許した走者をスクイズで生還させたもの)。この試合ではヤクルトの山部太がノーヒットノーランを達成しており、「両チーム無安打」の試合になった。2010年7月現在、両チーム無安打試合は日本のプロ野球では1軍・2軍を通してこの試合のみである。

1995年東尾修が監督に就任以降は先発・中継ぎ・抑えと色々な場面で起用され、1998年のリーグ優勝決定試合では先発し、勝利投手になっている。

2000年以降は不整脈に悩まされたこともあって登板機会が激減し、2003年に引退。

2006年からは広域複合企業チームフェズント岩手にコーチ兼投手として在籍した。2008年、埼玉西武ライオンズのスカウトに就任[1]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1992 西武 5 1 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 53 9.2 12 4 12 1 1 3 1 0 11 11 10.24 2.48
1993 5 1 0 0 0 0 2 0 -- .000 58 12.2 13 2 8 0 2 10 1 1 9 8 5.68 1.66
1994 3 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 21 4.2 7 2 3 0 0 2 0 0 4 4 7.71 2.14
1995 29 7 0 0 0 1 2 0 -- .333 351 81.2 72 6 36 0 4 75 5 0 30 22 2.42 1.32
1996 31 6 1 0 0 2 3 0 -- .400 310 71.2 63 11 36 1 1 73 9 0 45 44 5.53 1.38
1997 21 1 0 0 0 1 1 0 -- .500 138 30.0 39 3 13 0 0 26 6 0 16 11 3.30 1.73
1998 29 1 0 0 0 3 0 0 -- 1.000 160 35.1 43 5 13 1 1 30 5 0 14 12 3.06 1.58
1999 23 0 0 0 0 2 2 1 -- .500 113 27.1 17 1 14 3 2 36 1 0 12 11 3.62 1.13
2000 6 1 0 0 0 1 1 0 -- .500 39 9.0 9 2 3 0 0 9 0 0 4 4 4.00 1.33
2001 9 0 0 0 0 1 1 0 -- .500 23 5.0 6 2 2 0 0 4 0 0 2 2 3.60 1.60
2002 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 6 1.0 3 1 0 0 0 1 0 0 3 3 27.00 3.00
通算:11年 162 18 1 0 0 12 12 1 -- .500 1272 288.0 284 39 140 6 11 269 28 1 150 132 4.13 1.47
  • 各年度の太字はリーグ最高

背番号[編集]

  • 28 (1992年 - 2002年)
  • 48 (2003年)

脚注[編集]

  1. ^ 週刊ベースボール2014年3月24日号 P18

関連項目[編集]