伊東昭光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
伊東 昭光
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都江戸川区
生年月日 (1963-04-02) 1963年4月2日(54歳)
身長
体重
176 cm
76 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1985年 ドラフト1位
初出場 1986年4月6日
最終出場 1998年10月8日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • ヤクルトスワローズ
    東京ヤクルトスワローズ (1999 - 2007, 2011 - 2015)
オリンピック
男子 野球
1984 野球

伊東 昭光(いとう あきみつ、1963年4月2日 - )は、東京都江戸川区出身[1]の元プロ野球選手投手、右投右打)・コーチ二軍監督2014年から2015年まで東京ヤクルトスワローズの二軍監督を務めた。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

中学時代リトルリーグの全日本のエースとしてアメリカに遠征[1]帝京高校2年春(1980年)の第52回選抜高等学校野球大会では決勝戦まで勝ち進み、決勝戦では中西清起がエースの高知商業と対戦するが敗北して準優勝に終わる[1]

社会人野球は本田技研に在籍。1984年にエースとしてロサンゼルスオリンピック野球日本代表に参加し、金メダルを獲得する[1]1985年日本選手権では本田技研の初優勝に貢献し、自身は4試合で完投し、防御率0.79の好成績を残し、MVPを獲得[1]1985年のドラフト会議ヤクルトスワローズから1位で指名されたことを機に、入団へ至った。担当スカウトは片岡宏雄で、背番号18

プロ入り後[編集]

1年目の1986年から一軍の先発ローテーションに入ると、1987年には、一軍公式戦でチームトップの14勝を挙げた[1]

1988年には、故障の高野光に代わってクローザーに抜擢されると、この年開場した東京ドームでの開幕戦で一軍初セーブを記録した。以降は、オール救援で18勝を挙げるとともに、オールスターゲームへ出場。シーズン終了時点で規定投球回数を下回っていたが、規定投球回数を上回った小野和幸中日ドラゴンズ)と共に、セントラル・リーグ最多勝利のタイトルを獲得した[1]。規定投球回数未到達の投手がこのタイトルを獲得するのは、同リーグ史上初めて。規定投球回数に到達した投手と未到達の投手が、同じタイトルを獲得することも異例であった。

1989年に先発へ復帰したが、前年の登板過多の影響で不振に陥ったうえに、自宅の階段で転倒して足を骨折。翌1990年も、右肩の故障で未勝利に終わった。

1991年には、プロ入り後初めて、一軍公式戦への登板がなかった。しかし、1992年に7勝を挙げて復活。10月10日の対阪神タイガース戦(神宮球場)でチームのリーグ優勝をマウンド上で迎えたほか、シーズン終了後にカムバック賞を受賞した。1993年には、チームトップの13勝を挙げて、チームのリーグ連覇と15年振りの日本シリーズ制覇に貢献した。

1994年以降は、先発と救援の役割を兼ねながら、一軍の投手陣を支え続けた。しかし、1996年5月17日の対読売ジャイアンツ戦で、吉村禎章の打球を利き腕の右手で止めた際に骨折(記録は併殺)。全治2ヶ月と診断されたため、戦線離脱を余儀なくされた。さらに、骨折の影響で右手の握力が著しく低下。結局、1998年限りで現役を引退した[1]

現役引退後[編集]

ヤクルトで二軍投手コーチ(1999年 - 2000年)・一軍投手コーチ(2001年 - 2005年)・ヘッドコーチ(2006年 - 2007年)を歴任。打者出身監督の若松勉を補佐し、投手起用などは伊東が全面的に責任を持っていた。特にリリーフ投手陣の整備や育成には実績があり、石井弘寿五十嵐亮太といった速球派を一本立ちさせた他、高津臣吾などベテラン投手の再生にも力を尽くした。チームのリリーフ陣を12球団でも一、二を争う安定感のある存在に育て上げ、2001年の優勝に大きく貢献した。コーチとしては非常に厳しい指導で知られ、若手投手に対する厳しい姿勢やコメントは有名である(なお、投手コーチ専任中は、一軍から投手生命を絶たれるような怪我が出なかった)。

2006年からは、投手コーチ兼任のヘッドコーチとして、選手兼任監督古田敦也を支えた。しかし、前例が皆無に近い「兼任監督のヘッドコーチ」という立場で投手コーチも兼ねたため、投手陣の整備や起用に専念できなくなった。結局、2007年限りで古田が退団すると、自身も2008年から球団の編成部員に転身した。

2011年に、二軍投手コーチとして現場に復帰した。2013年イースタン・リーグ優勝に貢献すると、その手腕や一軍ヘッドコーチの経験を買われて[2]2014年から二軍監督[3]に就任。2015年には、シーズン中の6月29日に開催された「侍ジャパン大学日本代表 対 NPB選抜」で、NPB選抜チームのコーチを務めた[4]が、シーズン終了後に二軍監督を退任した。

二軍監督の退任直後には、一軍コーチ時代の主力打者だったアレックス・ラミレス横浜DeNAベイスターズ一軍監督が、伊東を一軍投手コーチに招くことを希望していた[5]。しかし、伊東自身はヤクルト球団に在籍したまま、編成部へ6年振りに復帰。2016年からは、「編成グループチーフ」という肩書でプロスカウトを務める[6]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1986 ヤクルト 34 17 2 0 0 4 11 0 -- .267 534 125.0 136 17 34 3 5 72 0 0 63 57 4.10 1.36
1987 31 31 6 1 1 14 11 0 -- .560 842 196.0 211 26 58 5 6 87 1 1 106 93 4.27 1.37
1988 55 0 0 0 0 18 9 17 -- .667 509 122.2 120 10 25 3 4 72 4 0 46 43 3.15 1.18
1989 22 14 2 1 1 4 11 1 -- .267 468 101.2 126 9 43 7 3 43 1 0 66 57 5.05 1.66
1990 3 1 0 0 0 0 2 0 -- .000 45 9.1 13 3 5 0 1 5 0 0 8 8 7.71 1.93
1992 29 20 5 1 1 7 5 1 -- .583 594 146.0 130 15 44 2 4 85 0 0 52 45 2.77 1.19
1993 26 23 8 1 3 13 4 2 -- .765 721 173.2 162 20 45 1 6 94 2 0 69 60 3.11 1.19
1994 29 25 2 1 0 8 10 0 -- .444 701 155.2 176 20 70 5 7 73 2 0 92 84 4.86 1.58
1995 34 13 2 0 0 10 8 0 -- .556 434 100.2 109 16 30 2 2 38 1 0 55 49 4.38 1.38
1996 22 8 0 0 0 3 2 0 -- .600 319 72.2 76 9 28 1 4 27 1 0 39 39 4.83 1.43
1997 9 7 0 0 0 3 1 0 -- .750 165 39.2 43 5 7 0 2 15 0 0 19 19 4.31 1.26
1998 31 1 0 0 0 3 2 0 -- .600 204 46.1 54 7 19 1 2 21 2 0 26 20 3.88 1.58
通算:12年 325 160 27 5 6 87 76 21 -- .534 5536 1289.1 1356 157 408 30 46 632 14 1 638 574 4.01 1.37
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 18 (1986年 - 1998年)
  • 72 (1999年 - 2007年)
  • 92 (2011年 - 2015年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、52ページ
  2. ^ ヤクルト 来季2軍監督に伊東昭光氏 ノムさん息子も入閣スポーツニッポン(2013年10月23日)2015年12月25日閲覧
  3. ^ 2014年のコーチングスタッフについて
  4. ^ 侍J大学代表vsNPB選抜 メンバー発表 日本野球機構公式サイト (2015年4月28日) 2015年5月24日閲覧
  5. ^ DeNA新監督ラミちゃん、伊東氏に入閣打診!燕コーチ時代から信頼サンケイスポーツ (2015年10月20日) 2015年12月25日閲覧
  6. ^ ヤクルト、伊東昭光氏が6年ぶりフロント復帰日刊スポーツ(2015年12月24日)同月25日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]