高田博久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
高田 博久
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県市原市
生年月日 (1961-07-16) 1961年7月16日(56歳)
身長
体重
172 cm
68 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1985年 ドラフト外
初出場 1986年4月9日
最終出場 1992年10月7日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

高田 博久(たかだ ひろひさ、1961年7月16日 - )は、千葉県市原市出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

千葉商業高では、1979年夏の甲子園千葉県予選準々決勝に進出。エース銚子利夫を擁する市立銚子高と対戦するが、延長16回の熱戦の末、銚子にサヨナラ本塁打を喫し敗退。

高校卒業後は、青山学院大学に進学。しかし、東都大学リーグでは2年次にチームが二部リーグに降格。以後も低迷が続き、一部昇格はならなかった。

大学卒業後は、社会人野球日本楽器に入団。1984年都市対抗野球ではエースとして2勝をあげ準決勝に進出するが、日本鋼管に敗退した。1985年第13回アジア野球選手権大会日本代表に選出される。同年の日本選手権でも順調に勝ち進み、決勝で本田技研と対戦。伊東昭光投手と投げ合い1-7で敗退、準優勝にとどまるが同大会の敢闘賞を受賞した。

1985年オフに、ドラフト外日本ハムファイターズに入団。プロ入りする際に読売ジャイアンツからも誘いを受けていたが、拒否して日本ハムに入団し話題になった。

シュートスライダーカーブを武器に、1年目の1986年オープン戦から絶好調で、新人ながら開幕一軍を勝ち取った。アンダースローでありながら本格派のような投球スタイルで、「山田(久志)二世」と呼ばれ期待された。ところが、プロ初登板で1死も奪えず8失点と打ち込まれて以降は、別人のように精彩を欠くことになる。

1990年オフに自由契約となり、横浜大洋ホエールズにテスト入団。7年目の1992年にプロ初勝利を挙げヒーローインタビューで涙を流し、「涙の1勝」と脚光を浴びた。

1993年限りで現役を引退し、その後は会社員に転身。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1986 日本ハム 15 3 0 0 0 0 1 0 -- .000 101 21.2 26 8 11 0 2 16 0 0 24 19 7.89 1.71
1987 6 2 0 0 0 0 2 0 -- .000 53 11.2 14 3 4 0 0 5 0 0 9 6 4.63 1.54
1988 3 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 19 4.1 7 2 1 0 0 3 0 0 5 5 10.38 1.85
1989 5 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 28 6.2 6 0 1 0 1 7 0 0 4 4 5.40 1.05
1991 大洋 3 1 0 0 0 0 2 0 -- .000 26 5.0 11 1 2 0 0 3 0 0 6 6 10.80 2.60
1992 15 3 0 0 0 1 2 0 -- .333 105 25.0 25 4 8 0 0 18 0 0 14 9 3.24 1.32
通算:6年 47 9 0 0 0 1 7 0 -- .125 332 74.1 89 18 27 0 3 52 0 0 62 49 5.93 1.56

タイトル[編集]

  • イースタンリーグ最多勝(1992年)
  • イースタンリーグ最優秀防御率(1992年)

記録[編集]

背番号[編集]

  • 16 (1986年 - 1990年)
  • 47 (1991年 - 1993年)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]