米村明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
米村 明
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 熊本県八代市
生年月日 (1959-08-06) 1959年8月6日(58歳)
身長
体重
172 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1984年 ドラフト5位
初出場 1985年5月26日
最終出場 1991年10月15日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
オリンピック
日本の旗 日本
男子 野球
1984 野球

米村 明(よねむら あきら、1959年8月6日 - )は、熊本県八代市出身の元プロ野球選手投手)。

現在は、中日ドラゴンズスカウトを務める[1]

来歴・人物[編集]

PL学園高では1976年、2年生の時に、中村誠治(早大日産自動車)の控え投手として夏の甲子園府予選決勝に進む。この試合では先発を任され、山田勉山村勝彦らのいた大鉄高を降して夏の甲子園に出場を決める。大会では順調に勝ち進み、エース酒井圭一を擁する海星高との準決勝ではリリーフで甲子園初登板、また延長11回には決勝点となる大きな左犠飛を放った。チームは決勝で桜美林高に延長11回サヨナラ負け、準優勝にとどまる[2]。エースとなった翌年の夏は府予選準決勝で北陽高に敗退。

中央大へ進学し、東都大学リーグでは香坂英典との二本柱で1979年春季リーグに優勝。リーグ通算60試合登板し、17勝21敗、防御率2.86、230奪三振。大学同期に尾上旭がいる。

卒業後は河合楽器に入社。1982年都市対抗日本楽器の補強選手として出場。1983年にはベーブルース杯で優勝。河合楽器は同年の都市対抗にも出場するが米村の出番はなかった。1984年ロサンゼルスオリンピック日本代表に選出され、金メダル獲得に貢献する。同年の日本・キューバ国際野球大会でも日本代表。1984年のプロ野球ドラフト会議中日から5位指名を受け入団。

2年目の1986年に頭角をあらわし29試合に登板、パームボールを武器に主に中継ぎで活躍する。1988年にはローテーションの谷間で12試合に先発し7勝あげ同年のリーグ優勝に貢献する。1991年に現役引退。

1992年より打撃投手となり、現在はスカウトを務める。吉見一起[3]大野雄大[4]を担当した。

1986年には中継ぎで活躍し、8月23日には初打席初本塁打も放っている。抑えの牛島の不調時には代役を務めることもあった。1987年の巨人戦で初先発勝利を挙げたが、この試合は当初は曽田康二が先発予定だった。曽田は前の先発の大洋戦で好投し、星野監督から「これなら巨人戦でも通用する」とコメントされていた。しかし試合直前に肩痛から登板回避となり、急遽、米村の登板となった。緊急登板だったが得意のパームボールで前半は無難にこなし、味方の援護もありリードして勝ち投手の権利を得た。しかし、ゲーム終盤に一打逆転の場面で全盛期だった吉村禎章を迎えるピンチとなった(この年吉村は3割&30本塁打を達成した年だった)。解説だった元中日監督の近藤貞雄は、「握力が落ちて来てますね。パームが落ちなくなってきましたから。ここは危ないですよ」とコメントした。吉村に粘られ投げる球に窮したかに見えた時、近藤は「ストレートはストライクゾーンには投げてきませんから」と解説した。実際、米村はストレートは外角のボールコースに捨て球として投げることがほとんどだった。その直後、米村は真ん中高めのストレートを選択、変化球を待っていた吉村は振り遅れて三振した。近藤は、「これは私も驚きました。吉村も驚いたでしょう。バッテリーの作戦勝ちですね」とコメントした。この危機を乗り越えて米村は巨人相手に初完投勝利を飾ることとなった。翌日のスポーツ新聞では「龍の孝行息子」の見出しで報道された。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1985 中日 10 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 28 5.0 13 1 2 0 0 4 0 0 7 7 12.60 3.00
1986 29 1 0 0 0 1 1 0 -- .500 237 61.0 49 1 13 0 0 44 2 1 16 15 2.21 1.02
1987 21 5 2 1 0 4 2 0 -- .667 217 56.1 44 7 10 0 1 41 1 0 15 15 2.40 0.96
1988 30 12 1 1 0 7 4 0 -- .636 339 77.1 95 9 18 2 4 38 2 0 31 29 3.38 1.46
1989 25 5 0 0 0 2 2 0 -- .500 182 37.0 53 3 20 2 0 21 0 0 30 27 6.57 1.97
1990 14 1 0 0 0 0 0 0 -- ---- 83 18.2 23 1 5 0 0 14 0 0 15 14 6.75 1.50
1991 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 1 0.1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0.00 0.00
通算:7年 130 24 3 2 0 14 9 0 -- .609 1087 255.2 277 22 68 4 5 162 5 1 114 107 3.77 1.35
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

投手記録
打撃記録
  • 初打席・初安打・初本塁打・初打点:1986年8月23日、対ヤクルトスワローズ19回戦(明治神宮野球場)、9回表に阿井英二郎から左越ソロ ※史上21人目(投手史上3人目)

背番号[編集]

  • 19 (1985年 - 1991年)
  • 119 (1992年 - 2001年)

脚注[編集]

関連項目[編集]