矢野和哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
矢野 和哉
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府大阪市
生年月日 (1962-12-10) 1962年12月10日(56歳)
身長
体重
176 cm
79 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1985年 ドラフト4位
初出場 NPB/1986年4月24日
CPBL/1993年3月14日
最終出場 NPB/1990年10月9日
CPBL/1993年8月5日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

矢野 和哉(やの かずや、1962年12月10日 - )は、大阪府大阪市出身の元プロ野球選手投手)。左投左打。

来歴・人物[編集]

報徳学園では、エースとして1980年夏の甲子園県予選決勝に進み、滝川高石本貴昭と投げ合うが敗退。この試合では1年下のチームメート、金村義明のリリーフを仰ぐ。卒業後は神戸製鋼に入社。1981年1984年都市対抗に出場[1]1985年ドラフト4位でヤクルト入団。なおノンプロ時代の1983年に左ヒジの軟骨摘出手術を行っており、利き腕にメスを入れた投手がプロ入りした初のケースであった。

1986年には新人ながら先発陣に喰い込み2勝、翌1987年には自己最多の6勝をあげる。その後も1989年まで先発として活躍するが、翌年からは故障もあって低迷、1992年限りで戦力外となる。1993年台湾・時報イーグルスで1年間プレイした後、現役を引退した。

特殊なフォームで貴重な左腕投手として活躍。スリークォーターで、ストレートは平均135キロ程でカーブ、スライダー、フォーク、シュートを球種に持っていた。広島には強く(初勝利も広島戦)「カープキラー」ともいわれ、先発する事も多かった。一方でストライクとボールが、はっきりと分かるので選ばれると苦投していた。

引退後の1994年から2004年までヤクルトのスカウトとして、主に四国・関東を担当。岩村明憲宮出隆自など、後に打線の中核を担う選手を担当。自身は投手でありながら、野手の発掘に実績があった。

2005年から球団販売促進部に異動、4年間務める。

その後株式会社パピーズアスリートを起業し取締役に就任、少年野球教室とスポーツ社会貢献事業に関わるが、2010年11月に廃業している。

2006年6月埼玉県三郷市松永浩美ベースボールアカデミー』の投手コーチに就任して小・中学生を指導。

2011年特定非営利活動法人FIELD OF DREAMS理事長に就任。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1986 ヤクルト 34 13 0 0 0 2 2 0 -- .500 395 91.1 85 17 33 1 4 53 1 0 49 46 4.53 1.29
1987 28 12 0 0 0 6 6 0 -- .500 377 86.2 93 12 30 7 2 56 6 0 50 49 5.09 1.42
1988 18 13 1 1 0 1 7 0 -- .125 289 62.0 85 9 23 2 2 28 2 0 49 45 6.53 1.74
1989 22 16 5 1 0 5 9 0 -- .357 445 109.1 102 16 27 1 2 51 5 0 41 39 3.21 1.18
1990 27 2 0 0 0 0 3 0 -- .000 163 38.1 38 7 15 1 0 25 1 0 19 17 3.99 1.38
1993 時報 7 2 1 0 0 1 1 0 -- .500 71 17.1 14 0 8 0 1 6 1 1 8 6 3.12 1.27
NPB:5年 129 56 6 2 0 14 27 0 -- .341 1669 387.2 403 61 128 12 10 213 15 0 208 196 4.55 1.37
CPBL:1年 7 2 1 0 0 1 1 0 -- .500 71 17.1 14 0 8 0 1 6 1 1 8 6 3.12 1.27

記録[編集]

NPB
  • 初登板:1986年4月24日、対読売ジャイアンツ5回戦(明治神宮野球場)、3回表より2番手で救援登板、1/3回無失点
  • 初先発登板:1986年5月19日、対読売ジャイアンツ8回戦(後楽園球場)、8回1失点で勝敗つかず
  • 初勝利・初先発勝利:1986年7月29日、対広島東洋カープ16回戦(明治神宮野球場)、7回1/3無失点
  • 初完投・初完封:1988年4月25日、対読売ジャイアンツ4回戦(明治神宮野球場)

背番号[編集]

  • 12 (1986年 - 1992年)
  • 34 (1993年)

脚注[編集]

  1. ^ 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]