山田勉 (投手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山田 勉
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岐阜県大垣市
生年月日 (1968-02-09) 1968年2月9日(53歳)
身長
体重
188 cm
99 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1985年 ドラフト5位
初出場 1987年4月12日
最終出場 1999年10月6日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

山田 勉(やまだ つとむ、1968年2月9日 - )は、岐阜県大垣市出身の元プロ野球選手投手)。右投右打。

中日ドラゴンズ山田博士(山田洋、ヒロ山田)は実弟。

経歴[編集]

大垣工業高卒業。1985年のプロ野球ドラフト会議ヤクルトスワローズから5位指名を受け、入団した。

1987年に一軍初登板を果たすが、制球難で長らくくすぶっていた。スリークォーターに転向したところ制球が安定。

1990年オフにイースタン・リーグでの登板を見た、当時ロッテオリオンズ監督の金田正一が「あんなスケールの大きな投手をヤクルトが使わないのなら」と、ヤクルトにトレードを打診したことをきっかけに野村克也監督に注目された[1]

1992年はA+級サリナス・スパーズに野球留学した。

1993年リリーフ投手として頭角を現し、抑えの高津臣吾の前を投げるセットアッパーとして、また時には先発投手として起用された。9月10日広島東洋カープ戦では、急遽の先発ながら1試合16奪三振を記録し(セ・リーグタイ記録)、プロ初完封を挙げる。シーズンでも10勝を挙げ優勝に貢献した。

1994年は2年連続10勝を挙げる。

1995年もセットアッパーとして優勝に貢献した。

1996年はシーズン序盤に肘を痛め早々に戦線離脱。

1997年は故障で満足な投球ができず、オフに戦力外通告を受けた。

その後、渡米してMLBに挑戦するも果たせず、帰国して広島東洋カープに入団。

1998年7月16日中日ドラゴンズ戦では、実弟の博士(当時の登録名は山田洋)と同じ試合で投げ合った。またその試合の6回表には投手・勉、打者・洋という兄弟直接対決も実現したが、同年オフに再び自由契約となった。

1999年福岡ダイエーホークスへテスト入団した。前半戦は抑え投手として王貞治監督に起用され、シーズン途中に加入したロドニー・ペドラザが抑えとして起用されてからは中継ぎや、谷間の先発として起用され、同年の優勝に貢献した。しかし夏場以降は故障で二軍落ち。

2000年は一軍登板機会が無く、オフに戦力外通告を受けた。この年限りで現役を引退した。

引退後はプロゴルファーを目指しゴルフショップの支配人をしつつ、そのパワーを生かしてドラコン大会などに参加。2005年に第7回ドラコン日本選手権で優勝し、ラスベガスで行われたドラコン世界大会に日本代表として出場している。

軟式野球のストロングリーグにも参加しており、日本代表のコーチも務めた。

人物[編集]

ヤクルト時代には広島戦で登板した際、当時広島に在籍していた同姓同名山田勉外野手と対戦した事があるとされていたが、これは誤りである。投手の山田勉が1989年に一軍登板したのは8月27日横浜大洋ホエールズ戦の1試合のみであり、外野手の山田勉のいる広島戦での登板が無かった。翌1990年は両者一軍での出番は無く、外野手の山田勉はこの年限りで引退した[2][3]

投じるストレートは球威があったが、肘の故障があり連投が効かないという抑えとしての致命的な欠点があった。

打撃では自らの抑え失敗を挽回する本塁打を打つなど、生涯45打数ながら3本塁打とパワーを見せつけた。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1987 ヤクルト 5 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 31 6.0 5 1 6 0 0 7 0 0 4 2 3.00 1.83
1989 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 6 1.0 1 0 2 0 0 1 0 0 2 2 18.00 3.00
1991 5 1 0 0 0 0 1 0 -- .000 42 8.2 8 0 10 0 0 8 1 0 5 5 5.19 2.08
1992 2 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 13 3.0 2 0 2 0 0 2 0 0 1 1 3.00 1.33
1993 47 3 1 1 0 10 5 2 -- .667 395 89.1 79 11 51 5 2 105 7 0 34 33 3.32 1.46
1994 36 2 1 1 0 10 5 2 -- .667 329 80.0 64 7 31 6 1 77 6 0 32 29 3.26 1.19
1995 42 1 0 0 0 5 3 5 -- .625 308 68.0 78 5 32 1 1 62 6 0 35 31 4.10 1.62
1996 17 0 0 0 0 2 1 0 -- .667 91 20.0 25 4 6 0 1 13 1 0 19 17 7.65 1.55
1997 4 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 42 7.2 15 2 6 0 0 7 0 0 6 6 7.04 2.74
1998 広島 13 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 82 16.1 23 2 8 1 2 18 2 0 18 17 9.37 1.90
1999 ダイエー 36 2 0 0 0 3 4 5 -- .429 252 56.0 61 9 28 3 0 39 2 0 30 27 4.34 1.59
通算:11年 208 9 2 2 0 30 20 14 -- .600 1591 356.0 361 41 182 16 7 339 25 0 186 170 4.30 1.53

記録[編集]

  • 初登板:1987年4月12日、対阪神タイガース3回戦(阪神甲子園球場)、5回裏に4番手で救援登板、2回無失点
  • 初奪三振:同上、5回裏に掛布雅之から
  • 初先発:1991年8月14日、対阪神タイガース20回戦(明治神宮野球場)、1回2/3を4失点で敗戦投手
  • 初セーブ:1993年4月14日、対阪神タイガース2回戦(阪神甲子園球場)、9回裏に7番手で救援登板・完了、1回無失点
  • 初勝利:1993年4月25日、対横浜ベイスターズ3回戦(福岡ドーム)、9回表1死に4番手で救援登板、2回2/3を無失点
  • 初先発勝利・初完投勝利・初完封勝利:1993年9月10日、対広島東洋カープ19回戦(広島市民球場
  • 初本塁打:1993年6月26日、対阪神タイガース11回戦(阪神甲子園球場)、8回表に弓長起浩から2ラン本塁打

背番号[編集]

  • 66 (1986年 - 1997年)
  • 42 (1998年)
  • 43 (1999年 - 2000年)

脚注[編集]

  1. ^ 結局この時は山田の放出を見送り、かわりに阿井英二郎をトレードした。
  2. ^ 日本プロ野球記録 公式戦全スコア 1989年 ヤクルト対大洋(2017年3月12日閲覧)
  3. ^ 日本プロ野球記録 山田勉(2017年3月12日閲覧)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]