宮出隆自

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
宮出 隆自
東京ヤクルトスワローズ コーチ #76
Miyade ryuji.jpg
2011年7月10日、秋田県立野球場にて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛媛県宇和島市
生年月日 (1977-08-18) 1977年8月18日(40歳)
身長
体重
192 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手一塁手三塁手投手
プロ入り 1995年 ドラフト2位
初出場 1998年4月5日
最終出場 2012年10月7日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 東京ヤクルトスワローズ (2013 - )

宮出 隆自(みやで りゅうじ、1977年8月18日 - )は、愛媛県宇和島市出身の元プロ野球選手外野手内野手投手)。野球指導者。現在は東京ヤクルトスワローズの一軍打撃コーチを務める。

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

愛媛県立宇和島東高等学校ではエースとして活躍、後にヤクルトでもチームメイトとなる岩村明憲とバッテリーを組んだ。

1994年第76回全国高等学校野球選手権大会では一塁手として出場。チームは惜しくも敗れたが、3打数1安打1打点と結果を残している。高校通算34本塁打の強打を誇った。

1995年のドラフト会議ヤクルトスワローズが2位指名で交渉権を獲得し契約金7000万円、年俸600万円(金額は推定)で入団合意した[1]

ヤクルト時代[編集]

プロ3年目の1998年4月22日に対中日戦で一軍初先発し、5回を自責点2に抑えて初勝利。この試合では9つの四球を残して制球力に課題を残したが、初回に自身によるレフトオーバーのタイムリーツーベースを含む13点の大量援護を貰っており、事なきを得た。ただ本人も翌年以降見られた、ピンチに強いところを早くも見せている。

1999年には中継ぎを中心に谷間の先発も任され、2勝を挙げた。2000年には3勝を挙げる。

2001年はセットアッパーとして期待され、開幕戦にも登板。しかし4月半ばに膝の半月板を損傷し、手術に踏み切った。元々投手としては故障がちであった事や、手術後投球を行うと膝に水が溜まるようになったため、2002年から外野手に転向する。この際、三塁や一塁など、内野の練習にも取り組んでいるが、余りの酷さに内野失格を言い渡されてしまった。

投手でありながら、一軍で打席が回ってきた際は安打を放っている。投手時代は計17打数7安打(打率.412)と高打率を残した。また、ファームでは本塁打も2本記録している。

2002年の一軍出場はなかったが、2003年は一軍の準レギュラーとして60試合に出場し、打率.277、5本塁打を記録。打者としての実力の片鱗を見せた。同年5月25日の地元松山での凱旋試合で阪神藤川球児から一軍初本塁打を放っている。

2004年は低迷するものの、2005年は後半戦から5番打者としてクリーンナップの一端を担う。規定打席には達しなかったが、打率.320、8本塁打、46打点の好成績を残した。

2006年はチーム有数のクラッチヒッターとして右翼のレギュラーを奪取。134試合に出場し、初の規定打席に到達して打率.275と活躍した。確実性に苦しんだものの、最終的には自己最多の9本塁打59打点をマークした。8月30日は宮出隆自Dayとして球団のキャンペーンの対象となった。この日の試合では8号本塁打を放つ活躍を見せ、チームも勝利した。

2007年は高校の後輩でもある岩村明憲のメジャー挑戦で三塁手が空席になったため、外野手から三塁手へのコンバートが予定された。春季キャンプの阪神との練習試合では2回の守備機会で2回ともエラーをしてしまい、阪神の岡田彰布監督から「岩村はセ・リーグ一のサードやったから気が楽や」と言われてしまった。

宮出はこの悔しさをバネにこの後も特守に励んだが成果は思わしくなく、三塁手としての守備率は.875とチーム最下位で、三塁手のレギュラーは飯原誉士に奪われた。以後は折しもアダム・リグスが離脱した事で一塁手としての出場が増え、長身も生かしてまずまずの守備を見せ新たなレギュラーポジションを掴んだ。同年は一塁68試合、三塁18試合、外野13試合を守った。主に5・6番打者として、111試合で打率.279、前年と同じ9本塁打を記録するなどの活躍を見せたが、9月17日の対中日戦で山井大介の投球を右手に受け骨折。残りのシーズンを棒に振った。

2008年は、一塁には畠山和洋が固定、右翼には福地寿樹が固定され、本人の不振もあり、出場機会数が激減。野手転向後では最も悪い成績になってしまった。

2009年、開幕直前の3月23日、一場靖弘[2]との交換トレード東北楽天ゴールデンイーグルスへ移籍。背番号は9

楽天時代[編集]

前半は打率は1割台と調子が悪く登録と抹消を繰り返したが、7月14日の対西武戦に代打で出場し、2007年9月5日対広島戦以来となる2年ぶりの本塁打を三井浩二から放つ。これが決勝点となり、移籍後初のヒーローインタビューを受ける。この頃を境に調子を上げ、中島俊哉の故障の影響もありスタメンでの出場機会が増えた。ファーストやライトの守備固めとしても25試合で起用された。最終的に打率は3割を超え、対左投手の打率は.340と結果を残し、盗塁も5個記録し、失敗は0だった。

2010年は若手選手の台頭と自身の成績急落(打率が昨年の半分まで落ちてしまった)により、出場機会が激減して34試合の出場に留まった。シーズン終了後の10月、一時はチームの秋季キャンプに参加したが、同27日に戦力外通告を受けた。

ヤクルト復帰[編集]

11月10日に古巣ヤクルトが宮出獲得を発表し[3]、3シーズンぶりにスワローズ復帰となった。背番号はヤクルト在籍時の43は一場が着けているため49となった。2011年は、28試合のみに出場しただけで、打率は.300だったが本塁打0、打点3だった。

2012年10月6日にこの年限りでの現役引退を発表し[4]、10月7日のシーズン最終戦となる対広島戦(神宮)で途中出場し、セカンドフライに打ち取られている[5]11月1日、任意引退公示[6]

引退後[編集]

2013年よりヤクルトの二軍打撃コーチに就任[7]2015年より、一軍打撃コーチに昇格。攻撃時は一塁ベースコーチャーも担当する。

人物[編集]

既婚で、2人の子を持つ。

チームでも随一の練習量をこなしており、2007年には年齢的には若くないにもかかわらず「若手の期待選手」として紹介される事もあった。真面目で優しく人柄の良い選手として知られ、チームメイトからの人望も非常に厚い。

長身から繰り出されるパワフルな打撃から、一時はロベルト・ペタジーニに引っ掛けて「ミヤジーニ」のニックネームで和製大砲として期待された。また、2005年にはその長身から同年に巨人に在籍していたバート・ミアディッチと引っ掛けて「ミヤデッチ」または「ミヤディッチ」と呼ばれていた事もあった。

チームの宴会で、古田敦也の指令で宮本慎也に無理矢理酒を飲ませていたとき、当時現役だった伊藤智仁が仲裁に入ると二人は別室に行き、次の瞬間大きな音と怒号が響いた。宮出は怒った宮本が伊藤と殴り合いの喧嘩を始めてしまったと思い込み、「普段仲の良い二人が自分のせいで喧嘩をしてしまった」「もうこのチームでは野球は出来ない」とひどく落胆するが、ふと宴会場の舞台を見ると「宮出さん、ドッキリです」と書かれたプラカードを持った古田敦也が立っていた。それを見た宮出は安心して泣いてしまった。実は二人の喧嘩は古田が仕掛けたドッキリだった。このとき、石井一久はドッキリの仕掛け人ではないのにもかかわらず、ドッキリに参加したくて無理矢理喧嘩の仲裁に入ったが、あまりにもわざとらしかったため、周囲の人たちは必死に笑いをこらえていたという(2007年3月11日放送分の『ジャンクSPORTS』にて)。

2006年に未発表であった新年度のユニフォームの写った写真を、自身のブログに公開してしまった事がある。

楽天移籍後の会見では「入団したときのようにまっさらな気持ちでがんばりたい」と語った。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1998 ヤクルト 3 1 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 41 8.0 5 0 14 1 0 10 1 0 4 4 4.50 2.38
1999 21 4 0 0 0 2 4 0 -- .333 190 43.1 40 5 22 0 0 43 1 1 31 28 5.82 1.43
2000 22 3 0 0 0 3 1 0 -- .750 193 49.0 41 7 13 0 1 43 1 0 23 23 4.22 1.10
2001 3 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 18 4.1 3 0 4 0 0 4 0 0 3 0 0.00 1.62
通算:4年 49 8 0 0 0 6 5 0 -- .545 442 104.2 89 12 53 1 1 100 3 1 61 55 4.73 1.36

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1998 ヤクルト 4 3 3 1 1 1 0 0 2 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .333 .333 .667 1.000
1999 23 6 6 1 2 0 0 0 2 1 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .333 .333 .333 .667
2000 22 10 8 1 4 1 0 0 5 1 0 0 2 0 0 0 0 2 0 .500 .500 .625 1.125
2001 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
2003 60 169 159 17 44 6 1 5 67 18 1 0 1 0 6 0 3 27 5 .277 .315 .421 .737
2004 35 91 85 6 20 2 2 2 32 6 0 0 2 0 3 0 1 26 2 .235 .270 .376 .646
2005 99 304 275 39 88 14 1 8 128 46 5 2 2 1 22 0 4 54 4 .320 .377 .465 .843
2006 134 473 422 49 116 22 3 9 171 59 1 4 8 3 38 1 2 83 11 .275 .335 .405 .741
2007 111 348 323 28 90 10 3 9 133 46 3 0 6 1 16 0 2 63 4 .279 .316 .412 .728
2008 29 50 47 0 6 0 0 0 6 2 0 0 1 0 2 0 0 13 1 .128 .163 .128 .291
2009 楽天 82 168 155 13 47 5 1 3 63 21 5 0 0 3 9 1 1 26 6 .303 .339 .406 .746
2010 34 88 78 9 12 5 0 0 17 4 0 0 0 0 10 0 0 21 4 .154 .250 .218 .468
2011 ヤクルト 28 45 40 2 12 1 0 0 13 3 0 0 0 0 5 0 0 7 0 .300 .378 .325 .703
2012 37 58 54 5 16 5 1 3 32 8 0 0 1 0 3 0 0 11 2 .296 .333 .593 .926
通算:14年 701 1813 1655 171 458 72 12 39 671 216 15 6 23 8 114 2 13 335 38 .277 .327 .405 .732

記録[編集]

投手記録
打撃記録

背番号[編集]

  • 43 (1996年 - 2009年途中)
  • 9 (2009年途中 - 2010年)
  • 49 (2011年 - 2012年)
  • 76 (2013年 - )

脚注[編集]

  1. ^ 『朝日新聞』1995年11月29日付朝刊 (14版、29面)
  2. ^ 2011年からチームメイトとなる。
  3. ^ 濱中選手と宮出選手の獲得について
  4. ^ 宮出選手が現役引退を表明、ファンの皆様、関係者の皆様へヤクルト球団公式サイト
  5. ^ 10月07日(日)東京ヤクルトスワローズ-広島東洋カープヤクルト球団公式サイト
  6. ^ 2012年度 任意引退選手”. 日本プロ野球機構 (2012年10月30日). 2012年10月30日閲覧。
  7. ^ 2013年のコーチングスタッフについて2012年10月22日 東京ヤクルトスワローズ公式サイト

関連項目[編集]

外部リンク[編集]