内田強

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
内田 強
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 鹿児島県曽於郡大崎町
生年月日 (1961-05-27) 1961年5月27日(56歳)
身長
体重
171 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1985年 ドラフト3位
初出場 1986年4月26日
最終出場 1993年7月18日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

内田 強(うちだ つよし、1961年5月27日 - )は、鹿児島県曽於郡大崎町[1]出身の元プロ野球選手捕手)。

来歴・人物[編集]

中学時代にエースとして南九州大会で優勝[1]東海大相模高3年夏に捕手へ転向[1]。卒業後、東海大学へ進学。3年春からレギュラーとなり、高野光とバッテリーを組んだ[1]。首都大学リーグ通算45試合出場、156打数58安打、2本塁打、31打点。1982年春季リーグ首位打者[1]。ベストナイン4回獲得。日立製作所では2年連続で都市対抗野球大会に出場した[1]1985年ドラフト3位で中日ドラゴンズに入団[1]

中尾孝義の控え捕手として1年目の1986年から一軍起用されたが、1987年3月に岩本好広との交換トレードで阪急ブレーブスに移籍。正捕手の藤田浩雅が不振だったこともあり、多くの出番を得た[1]。1試合5安打を記録。1988年4月19日の対南海戦(大阪球場)にてパ・リーグ史上2人目(当時)となるサヨナラ捕逸を記録した(南海が開幕7連敗後の初勝利)。

中嶋聡が台頭したこともあって出番が減った88年オフに、家庭の事情で九州への単身赴任を回避したかった門田博光との交換トレードで白井孝幸原田賢治らと共に福岡ダイエーホークスに移籍[1]吉田博之からレギュラーを奪い、1989年および1990年は正捕手として活躍した。その後は吉永幸一郎の台頭もあって出番が減り、1993年に現役引退[1]

引退後は1994年~2000年にかけて千葉ロッテマリーンズ二軍、2006~12年にかけて読売ジャイアンツブルペン捕手。16年までジャイアンツ寮の寮長を務め[2]、17年ジャイアンツアカデミー講師に就任。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1986 中日 34 53 47 2 11 0 0 1 14 1 0 0 1 0 5 2 0 5 0 .234 .304 .298 .602
1987 阪急 75 163 147 13 40 8 1 1 53 11 0 2 9 1 5 0 1 22 1 .272 .299 .361 .659
1988 39 66 62 2 9 2 0 0 11 1 1 1 2 0 2 0 0 11 2 .145 .172 .177 .349
1989 ダイエー 87 266 228 16 59 9 1 3 79 25 1 1 13 2 22 0 1 30 7 .259 .324 .346 .671
1990 94 260 224 24 56 9 2 2 75 16 0 2 15 0 20 0 1 28 5 .250 .314 .335 .649
1991 51 130 117 14 22 4 0 4 38 13 1 1 2 0 10 0 1 19 1 .188 .258 .325 .583
1993 11 14 13 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
通算:7年 391 952 838 71 197 32 4 11 270 68 3 7 43 3 64 2 4 115 16 .235 .292 .322 .614

年度別守備成績[編集]

年度 試合数 企図数 許盗塁 盗塁刺 阻止率 失策
1986 29 25 23 2 .080 2
1987 74 42 33 9 .214 2
1988 36 20 16 4 .200 6
1989 86 108 77 31 .287 7
1990 94 98 81 17 .173 4
1991 48 37 27 10 .270 0
1993 11 12 12 0 .000 1
通算 378 342 269 73 .213 2

記録[編集]

背番号[編集]

  • 27 (1986年)
  • 14 (1987年)
  • 29 (1988年)
  • 30 (1989年 - 1993年)
  • 101 (1994年 - 2000年)
  • 98 (2006年)
  • 124 (2007年 - 2010年)
  • 210 (2011年 - 2012年)

関連情報[編集]

テレビドラマ出演[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、83ページ
  2. ^ 【Gファーム情報】ようこそジャイアンツ寮へ!川相が案内します”. スポーツ報知. 2016年1月12日閲覧。