川原新治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
川原 新治
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府大阪市鶴見区
生年月日 (1962-02-05) 1962年2月5日(57歳)
身長
体重
178 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1983年 ドラフト4位
初出場 1984年
最終出場 1986年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 阪神タイガース (1989)

川原 新治(かわはら しんじ、1962年2月5日 - )は日本の元プロ野球選手。大阪市鶴見区出身。

来歴・人物[編集]

太成高等学校から大阪商業大学へ進学。関西六大学リーグでは、同期の清川栄治との二本柱で1982年春季リーグから3連覇を果たす。1982年明治神宮野球大会では準優勝。リーグ通算48試合に登板し23勝8敗、防御率0.97。3年次には春秋のリーグ戦で、現在でもリーグ記録である7試合連続完封勝利と77イニング連続無失点を記録。1983年秋季のリーグ戦では新制関西六大学リーグでは初のノーヒットノーランを達成した。3季連続で最優秀選手に選ばれている。

1983年ドラフト4位で阪神タイガースに入団。1年目の9月に一軍初勝利をあげ、ウエスタンリーグでも6勝5敗、防御率2.14と実績を積む。阪神が優勝した1985年には抑え投手にと期待されていたが、今ひとつ球威が足りずあまり活躍できなかった。7月のヤクルト戦で初の先発に起用される。その後は登板機会も減り、1987年限りで現役引退。アンダースローの技巧派で球速はないが、切れの良いカーブシュートシンカーを武器にしていた。

その後1988年から2008年まで阪神で打撃投手を務めた(1989年のみ二軍コーチ兼任)。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1984 阪神 7 0 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 37 9.2 7 0 2 0 0 3 0 0 2 2 1.86 0.93
1985 9 1 0 0 0 0 0 0 -- ---- 47 10.0 12 3 6 0 1 8 0 0 6 6 5.40 1.80
1986 5 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 12 3.1 2 0 0 0 0 0 0 0 1 1 2.70 0.60
通算:3年 21 1 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 96 23.0 21 3 8 0 1 11 0 0 9 9 3.52 1.26

背番号[編集]

  • 46 (1984年 - 1987年)
  • 96 (1989年 - 1990年)
  • 98 (1991年 - 1993年)
  • 105 (1994年 - 2008年)

関連項目[編集]