竹田光訓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
竹田 光訓 (宋 光訓)
基本情報
国籍 大韓民国の旗 韓国
出身地 日本の旗 日本東京都
生年月日 (1962-08-09) 1962年8月9日(56歳)
身長
体重
181 cm
81 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1984年 ドラフト1位
初出場 NPB / 1986年4月28日
KBO / 1989年
最終出場 NPB / 1988年
KBO / 1990年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

竹田 光訓(たけだ みつくに、1962年8月9日 - )は、東京都出身の元プロ野球選手投手)。右投右打。在日朝鮮人であり、本名は宋 光訓(ソン・グァンフン、송광훈)。

経歴[編集]

日本大学第一高等学校でエースとして活躍するが、甲子園には出場できなかった。卒業後は明治大学に進学。東京六大学野球リーグでは在学中3回優勝。同期の広沢克己とともにチームを引っ張り、1983年春季リーグ、1984年秋季リーグの優勝に貢献。1983年から2年連続で日米大学野球選手権大会日本代表に選出され、いずれもMVPを受賞している。リーグ通算43試合登板、21勝9敗、奪三振172、防御率2.63、ベストナイン2回選出。他の大学同期に捕手の善波達也(東京ガス-明大監督)がいた。

明治大学でもエースとして君臨し星野2世と言われ、フォークボールを得意とし気持ちで勝負するタイプの投手だった。なお日米大学野球にてマーク・マグワイアと対戦し、その時にスパイクを貰っている。

1984年のドラフト会議では広沢とともにドラフトの目玉と呼ばれた。竹田には横浜大洋ホエールズ読売ジャイアンツ中日ドラゴンズが競合入札しての抽選の結果、大洋にドラフト1位で入団した[1][2]。右オーバースローだったが、プロ入り直後にノーワインドアップに改造し、2年目にはスリークォーター気味になる。武器は低めに決まる速球。カーブ。決め球は落差の大きいフォーク。

ルーキーイヤーの1985年は一軍登板無しに終わったが、翌1986年にプロ初勝利を挙げる。1987年3月には同僚2人と深夜の外出中に一般人とトラブルになり暴力事件を起こし、球団から処分を受けた。1989年から1990年まで韓国サムスン・ライオンズでプレーしたが、不本意な成績に終わった。1991年に大洋に復帰するが一軍登板は無く、同年限りで現役引退。

現役引退後は大洋に在籍したまま、打撃投手に転身。しかし、球団名が横浜ベイスターズとなった1993年に打球を頭に受けて負傷した。その後は、球団広報、寮長、査定担当を経て、2009年から2011年までチーフ・スコアラーを担当。球団名が横浜DeNAベイスターズに変わった2012年からは、ファームディレクターを務めている。さらに2013年からは、浅利光博(統括マネジャー)・吉田孝司(編成・スカウト部長)とともにGM補佐を兼務する。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1986 大洋 32 0 0 0 0 1 2 0 -- .333 209 51.0 43 5 16 1 1 27 3 0 27 22 3.88 1.16
1987 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 5 0.2 2 0 1 0 0 0 0 0 1 1 13.50 4.50
1988 7 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 36 9.0 5 0 5 0 0 5 0 0 5 4 4.00 1.11
1989 三星 9 1 0 0 0 1 1 0 -- .500 87 17.0 22 0 18 2 2 15 3 0 20 20 10.59 2.35
1990 7 4 0 0 0 0 2 0 -- .000 79 15.2 20 2 18 1 1 5 0 0 17 16 9.19 2.43
NPB:3年 40 0 0 0 0 1 2 0 -- .333 250 60.2 50 5 22 1 1 32 3 0 33 27 4.01 1.19
KBO:2年 16 5 0 0 0 1 3 0 -- .250 166 32.2 42 2 36 3 3 20 3 0 37 36 9.92 2.39

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 27 (1985年 - 1988年)
  • 21 (1989年 - 1990年)
  • 42 (1991年)
  • 90 (1992年 - 1993年)

登録名[編集]

  • 竹田 光訓 (たけだ みつくに、1985年 - 1988年、1991年)
  • 宋 光訓 (ソン・グァンフン、1989年 - 1990年)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]