本西厚博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本西 厚博
信濃グランセローズ 監督 #78
Motonishi atsuhiro.jpg
2011年8月30日、こまちスタジアムにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 長崎県長崎市
生年月日 (1962-05-15) 1962年5月15日(55歳)
身長
体重
175 cm
76 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手三塁手
プロ入り 1985年 ドラフト4位
初出場 1987年4月10日
最終出場 2001年10月2日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

本西 厚博(もとにし あつひろ、1962年5月15日 - )は、長崎県長崎市出身の元プロ野球選手外野手内野手)。野球解説者、プロ野球指導者。

経歴[編集]

私立瓊浦高校では投手として1980年夏の甲子園大会に出場。1回戦で東北高中条善伸と投げ合うが0-4で完封負けを喫する。卒業後は三菱重工長崎に進み、内野手に転向する。1981年から都市対抗に3回出場、1985年1986年の大会ではNTT九州に補強され、チャンスメーカーとして活躍した。国際大会では1985年の第13回アジア野球選手権大会、第7回インターコンチネンタルカップの日本代表に選出される。

1985年のドラフト4位で阪急ブレーブスに指名され、翌年の1986年オフに入団した。ルーキーイヤーの1987年より一軍に定着。外野守備の名手として知られ、外野だけでなく三塁を守ることもあった(三塁手のレギュラーである松永浩美が離脱した時はスタメンで起用された)。派手さはないものの堅実なプレーを披露し、入団3年目の1989年ゴールデングラブ賞を受賞。同年は規定打席不足ながら打率.302を記録するなど、打撃でも活躍した。また、1991年には自身唯一の規定打席到達を果たした。1994年には、当時レギュラーに定着してからまだ日の浅かった田口壮イチローに外野守備の指導を施し、本西も含めた同外野手トリオは当時球界一の守備力と言われた。なお、イチローは盟友だという。

1997年のシーズン途中に金銭トレードで阪神タイガースに移籍。1998年に阪急・オリックス時代にも同僚だった古溝克之とともに戦力外通告を受けた。二人ともその頃現役続行を希望し、恩師の上田利治が監督を務める日本ハムファイターズにテスト入団。守備固めで活躍するが上田が勇退した1999年に再び戦力外通告を受けた。同年に千葉ロッテマリーンズにテスト入団し、ロッテでも守備固めとして活躍し、時には三塁でスタメン出場もしていた(三塁手のレギュラーである初芝清の守備に不安があった為)。2001年オフに現役を引退。

引退後[編集]

引退後、2002年にロッテでコーチを務め、同年に退団。プロ野球マスターズリーグでは大阪ロマンズに参加し、好成績を収めた。その後、NHK・BSメジャーリーグ中継やJ SPORTS(主にロッテ、オリックスの主催ゲーム)で解説をしていた。ネットラジオ放送(オンエアーステーション)では初のイースタンリーグ中継が行われた際に解説を担当した。また社会人野球チーム千葉熱血MAKINGのヘッドコーチも務めていた。

2010年東北楽天ゴールデンイーグルスの一軍外野守備走塁コーチ(三塁ベースコーチ)に就任。2011年5月16日から一軍打撃コーチ補佐を務め、6月5日に一軍打撃コーチに昇格した。2012年は一軍外野守備走塁コーチに復帰したが、同年シーズン終了を以って解任。

2013年、1月から3月まで韓国プロ野球ロッテ・ジャイアンツの春季キャンプで走塁などのインストラクターを務めた。2013年からFOX SPORTS ジャパン、NHK・BSのメジャーリーグの解説を担当。同年10月30日、ロッテ・ジャイアンツの一軍作戦走塁コーチに就任した。2015年から二軍打撃コーチを務め、同年限りで退団。

2016年より、独立リーグベースボール・チャレンジ・リーグ信濃グランセローズで監督を務める[1]。2017年に、チーム創設以来初のリーグ優勝を達成した[2]

人物[編集]

週刊ベースボール内の読者に技術指導をするコーナーを担当していた(守備担当)。読者からの「千葉マリンスタジアムは強風のためたいへん守備が難しい球場だと言われているが、本当か」という質問に対し、「ちっとも難しいことはない。むしろ風が吹いたほうが面白かった」と守備の名手らしいコメントを残している。

現役時代、球界一の外野手と言われただけあり守備に対する批評眼は厳しい。オリックス時代の同僚で、メジャー屈指の名手とされているイチローの守備に関してすら週刊ベースボールの記事で、「巧くない。魅せるプレーが多く基本から外れている」と評価するほど[3]である。一方で、いままで見てきた外野手の中で一番すごい選手は誰かの問いには新庄剛志の名をあげており、「打者が打った瞬間の1歩目のスタートが非常に速い」と語っている。

一方、打撃は守備ほど特筆するものはなかったが、粘り強くしぶといことで知られていた。現役時代得意にしていたのは当時近鉄のエースだった阿波野秀幸で、「各球種のクセが全部分かっていたので、球は速いが打つ自信があった」と語っている。逆に苦手だったのは工藤公康(当時西武)。なお奇しくも得意・苦手ともに左投手であるが、これについては「右投手のときには使ってもらえなかったから」と自虐的に語っている。

口癖は「逆に~」「~と言いますか」「要するに~」。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1987 阪急
オリックス
114 234 207 35 50 6 0 2 62 14 10 3 10 1 13 1 3 36 4 .242 .295 .300 .594
1988 51 89 74 9 22 4 0 1 29 6 3 2 11 0 4 0 0 13 4 .297 .333 .392 .725
1989 120 327 281 49 85 15 4 5 123 33 8 4 13 2 28 1 3 48 4 .302 .369 .438 .807
1990 105 309 270 35 78 14 3 3 107 31 12 4 16 2 21 0 0 43 5 .289 .338 .396 .734
1991 124 450 394 52 104 13 7 4 143 22 13 4 17 2 35 0 2 50 8 .264 .326 .363 .689
1992 95 232 203 22 48 3 6 0 63 19 5 2 10 4 14 0 1 34 6 .236 .284 .310 .594
1993 108 218 200 25 52 8 0 0 60 10 4 1 4 0 13 1 1 32 5 .260 .308 .300 .608
1994 102 241 219 33 62 10 1 4 86 26 2 4 8 2 12 0 0 38 5 .283 .318 .393 .710
1995 113 245 214 24 50 6 3 1 65 24 2 0 11 1 17 0 2 39 4 .234 .295 .304 .599
1996 103 237 206 23 54 4 2 1 65 19 3 0 9 2 18 2 2 37 11 .262 .325 .316 .640
1997 27 46 43 5 11 2 0 0 13 1 0 0 0 0 1 0 2 7 1 .256 .304 .302 .607
阪神 37 75 68 5 15 2 1 1 22 6 0 0 2 0 4 0 1 13 3 .221 .274 .324 .598
'97計 64 121 111 10 26 4 1 1 35 7 0 0 2 0 5 0 3 20 4 .234 .286 .315 .601
1998 42 43 37 8 5 1 0 0 6 5 3 1 2 0 3 0 1 12 0 .135 .220 .162 .382
1999 日本ハム 94 195 152 22 36 7 1 0 45 12 5 2 13 0 25 1 5 35 2 .237 .363 .296 .659
2000 ロッテ 84 110 91 15 18 2 1 0 22 6 5 1 7 0 11 1 1 18 1 .198 .291 .242 .533
2001 70 67 56 11 10 1 1 0 13 6 0 0 3 0 7 0 1 10 0 .179 .281 .232 .513
通算:15年 1389 3118 2715 373 700 98 30 22 924 240 75 28 136 16 226 7 25 465 63 .258 .319 .340 .659
  • 阪急(阪急ブレーブス)は、1989年にオリックス(オリックス・ブレーブス)に球団名を変更

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 9 (1987年 - 1992年)
  • 0 (1993年 - 1997年途中)
  • 32 (1997年途中 - 同年終了)
  • 8 (1998年)
  • 48 (1999年)
  • 37 (2000年 - 2001年)
  • 77 (2002年)
  • 78 (2010年 - 2012年、2014年 - )

関連情報[編集]

出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 本西監督就任のお知らせ
  2. ^ “リーグ初優勝 守りの野球結実”. 信濃毎日新聞. (2017年10月3日). http://www8.shinmai.co.jp/grandserows/ 2017年10月3日閲覧。 
  3. ^ とくにダイビングキャッチについては否定的であり、「外野手はキャンプ中にダイビングキャッチの練習なんて一度もやらない。練習していないことを試合でやったら駄目」「ダイビングするぶん打球に追いつくのが遅くなる。走った方が早い」「僕は現役時代に一度もダイビングキャッチはやっていないし、イチローや田口もスライディングキャッチはやってもダイビングキャッチをやるようには教えていない」と語っている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]