岡部明一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岡部 明一
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府堺市
生年月日 (1962-10-13) 1962年10月13日(56歳)
身長
体重
177 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1984年 ドラフト3位
初出場 1985年10月14日
最終出場 1993年10月14日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

岡部 明一(おかべ あきひと、1962年10月13日 - )は、大阪府堺市[1]出身の元プロ野球選手外野手)。

来歴・人物[編集]

PL学園高校では、1980年夏の甲子園府予選準々決勝に進出するが、近大附高に惜敗。卒業後は中央大学へ進学。東都大学リーグでは在学中優勝に届かず、1984年秋季リーグでは二部降格も経験。しかし強打の外野手として活躍し、1983年の中央大学選手賞を獲得した。同年の日米大学野球選手権大会にも出場し、2ランホームランを打っている[1]。リーグ通算59試合出場、181打数50安打、打率.276、7本塁打、21打点。ベストナイン1回。1984年のドラフト3位でロッテオリオンズに入団[1]

入団当時和製ソレイタと評価され即戦力として期待される。しかし、1986年に右肘を故障。オフに軟骨の除去出術を受けるが、術後も成績は振るわず1987年オフには早くもトレード要員に名前が挙がる。交換要員の関係でトレードは流れ、1988年には52試合に先発出場を果たし、11本塁打を記録する。しかし打率は低迷し、翌年から西村徳文が外野手に回ったこともあって出場機会が減少。1993年11月に戦力外通告を受け現役引退[1]

引退後はロッテスカウトに就任、2005年に退団した。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1985 ロッテ 6 14 12 4 7 1 0 2 14 5 0 0 0 0 2 0 0 2 0 .583 .643 1.167 1.810
1986 18 25 23 1 3 0 0 1 6 3 0 0 0 1 1 0 0 3 2 .130 .160 .261 .421
1987 43 104 95 10 23 1 0 4 36 13 0 0 0 1 8 0 0 13 4 .242 .298 .379 .677
1988 95 232 208 18 49 7 0 11 89 36 1 0 1 3 19 1 1 16 6 .236 .299 .428 .727
1989 45 63 54 4 8 1 0 2 15 12 0 0 1 2 6 0 0 9 1 .148 .222 .278 .500
1990 5 10 8 2 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 2 1 0 3 0 .250 .400 .250 .650
1991 31 77 69 10 19 2 0 1 24 8 1 0 1 0 7 0 0 8 1 .275 .342 .348 .690
1992 9 35 34 2 7 2 0 1 12 1 0 0 0 0 1 0 0 2 0 .206 .229 .353 .582
1993 2 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
通算:9年 254 562 505 51 118 14 0 22 198 78 2 0 3 7 46 2 1 56 14 .234 .295 .392 .687

記録[編集]

背番号[編集]

  • 38 (1985年 - 1993年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、118ページ