石井宏 (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
石井 宏
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 北海道帯広市
生年月日 (1963-10-17) 1963年10月17日(56歳)
身長
体重
180 cm
77 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手内野手
プロ入り 1985年 ドラフト1位
初出場 1986年5月24日
最終出場 1987年6月18日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

石井 宏(いしい ひろし、1963年10月17日 - )は北海道帯広市出身の元プロ野球選手。ポジションは投手、内野手。

来歴・人物[編集]

北海道日本大学高等学校(現:北海道栄高等学校)では、1981年第53回選抜高等学校野球大会にチームの主戦投手として出場した。同年のドラフト会議ロッテオリオンズから4位指名を受けるが拒否し、翌年、日本大学に進学。東都リーグでは通算55試合に登板し19勝27敗、防御率2.49、223奪三振という成績を残す。2年生春は7勝2敗、71奪三振を記録するなど活躍し、最優秀投手とベストナインに選ばれ日米大学野球選手権大会にも出場した。しかし、以後は負けが目立つようになった。1985年のドラフト会議で、伊東昭光の外れ1位で阪急ブレーブスに指名され、プロ球界入り。1年目の6月、2度目の先発(対 日本ハムファイターズ)で7回途中まで投げ初勝利を挙げる。2年目の1987年にはウェスタン・リーグで最多勝を獲得したが、一軍では1勝に終わり、通算2勝3敗と活躍できず。故障の影響もあって1988年より内野手に転向。しかし、同年オフに自由契約選手となった。翌年、阪神タイガース投手として入団テストに合格し移籍。しかし、二軍でも8試合のみの登板に終わり、1年で再度自由契約となりこの年限りで引退した。

日本大学在学中に高校2級・中学1級保健体育教員免許を取得していたが、高校野球指導者を目指すにも、プロ・アマ規定(当時は10年間の教職を得て許可される/その後2年間に短縮)の壁があり長く実現できなかった。2011年11月に京都両洋高等学校の教諭となり、2012年4月に同校女子硬式野球部監督に就任した[1]。その後同校は2016年3月末で退職したが、翌4月より札幌新陽高等学校の保健体育教諭となり、2017年度に東北・北海道初となる女子硬式野球部が同校に誕生する際、初代監督に就任した。教え子に女子プロ野球高塚南海吉田奈津女子野球日本代表の小島也弥・田口真奈がいる。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1986 阪急 7 4 0 0 0 1 2 0 -- .333 118 25.1 31 2 15 0 2 8 0 0 21 17 6.04 1.82
1987 3 2 0 0 0 1 1 0 -- .500 52 11.1 15 3 5 0 0 6 0 0 9 9 7.15 1.76
通算:2年 10 6 0 0 0 2 3 0 -- .400 170 36.2 46 5 20 0 2 14 0 0 30 26 6.38 1.80

記録[編集]

  • 初登板 1986年5月24日ロッテ戦(西宮)1-6 4回1死から登板、4回2/3を1失点
  • 初勝利 1986年6月8日日本ハム戦(後楽園)5-2 先発し、6回1/3を2失点

背番号[編集]

  • 20(1986年 - 1988年)
  • 52(1989年)

出典・脚注[編集]

  1. ^ 女子硬式野球部発足!!”. 京都両洋高校女子硬式野球部 (2011年11月18日). 2012年6月1日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]