風岡尚幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
風岡 尚幸
オリックス・バファローズ 内野守備・走塁コーチ #76
Kazaoka naoyuki.jpg
2016年5月17日 こまちスタジアムにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県春日井市
生年月日 (1968-01-24) 1968年1月24日(54歳)
身長
体重
174 cm
72 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手遊撃手
プロ入り 1985年 ドラフト5位
初出場 1988年10月22日
最終出場 1998年10月12日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 阪神タイガース (2001 - 2004)
  • 中日ドラゴンズ (2005 - 2010)
  • 阪神タイガース (2011 - 2015)
  • オリックス・バファローズ (2016 - )

風岡 尚幸(かざおか なおゆき、1968年1月24日 - )は、愛知県春日井市出身の元プロ野球選手内野手、右投右打)、コーチ

来歴・人物[編集]

プロ入り前[編集]

中部大春日丘高[1]より、1985年のドラフト会議阪急ブレーブスに6位指名されて入団。安定した遊撃の守備は弓岡2世」と評された。

阪急・オリックス時代[編集]

3年目の1988年に初めて一軍公式戦に出場。その後は、一軍から遠ざかるが1991年に38試合に出場。その後は1年おきに一軍に40 - 60試合出場する。

1997年オフにオリックスを自由契約になり阪神タイガースにテスト入団。移籍後も背番号が変わらなかった。

阪神時代[編集]

1998年は61試合に出場するも(出場試合数は自身2番目に多かった)、監督が野村克也に代わった1999年以降は一軍出場が無く2000年に現役を引退。

現役引退後[編集]

現役引退後は、阪神で2001年から2002年まで二軍守備・走塁コーチを、2003年から2004年までは三軍コーチを務めた。

2005年からは地元に戻り、中日ドラゴンズの二軍内野守備・走塁コーチを務めた。2010年は二軍監督に転身した川相昌弘に代わって一軍内野守備・走塁コーチに配置転換されたが、6月3日の時点で12球団最多の失策数だったために、シーズン途中で二軍内野守備・走塁コーチに転じ[2]、同年退団した。

中日二軍内野守備走塁コーチ時代 2008年6月26日 阪神鳴尾浜球場

2011年からは阪神二軍守備・走塁コーチを務める[3]

2013年、11月26日から台湾で開催された2013アジアウインターベースボールリーグにおいて、NPB選抜の内野守備走塁コーチを務めた。

2015年は、一軍守備・走塁コーチとなったが[4]、10月15日に今季限りのコーチ契約であることを伝えられた[5]

2016年からは古巣のオリックスに戻り一軍内野守備走塁コーチに就任[6]。同年は4年ぶりの最下位に終わった。

2017年も同職を務めたが、チーム78失策のうち、48失策は内野陣の拙守が散見されたと『週刊ベースボール』で指摘され、盗塁数も12球団最少の33だった[7]。11月25日から台湾で開催される2017アジアウインターベースボールリーグにおいて、4年ぶりにNPBウエスタン選抜の内野守備走塁コーチを務めた[8]

2019年は一軍ヘッドコーチを務めたが[9]、3年ぶりの最下位に終わり、2020年は再び一軍内野守備走塁コーチを務めた[10]2021年からは、コーチに一軍・二軍の区別がなくなったため、役職名は内野守備・走塁コーチとなった[11][12]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1988 阪急
オリックス
2 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1991 38 21 20 1 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 1 0 0 3 2 .100 .143 .100 .243
1992 15 25 19 0 1 1 0 0 2 1 1 0 5 0 1 0 0 6 0 .053 .100 .105 .205
1993 53 27 25 7 6 2 0 0 8 4 1 1 0 1 1 0 0 8 1 .240 .259 .320 .579
1994 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1995 64 51 39 3 4 0 0 0 4 2 3 1 5 0 4 0 3 8 1 .103 .239 .103 .342
1996 11 2 2 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1997 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1998 阪神 61 54 49 10 9 0 1 0 11 0 2 1 4 0 0 0 1 10 0 .184 .200 .224 .424
通算:9年 247 182 156 22 22 3 1 0 27 7 7 3 14 1 7 0 4 37 4 .141 .196 .173 .370
  • 阪急(阪急ブレーブス)は、1989年にオリックス(オリックス・ブレーブス)に球団名を変更

記録[編集]

初記録

背番号[編集]

  • 62(1986年 - 1993年)
  • 37(1994年 - 2000年)
  • 87(2001年 - 2004年)
  • 74(2005年 - 2010年)
  • 73(2011年 - 2015年)
  • 76(2016年 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ラグビーマガジン』(ベースボール・マガジン社)2月号恒例の別冊付録「全国高校大会ガイド」には、「ラグビー部以外の主な出身者」の欄に酒井大輔(元広島東洋カープ投手)が毎回掲載されている一方、風岡は長らく掲載されていなかったが、2022年版でようやく掲載された。
  2. ^ “チーム45失策にオレ竜異例の大ナタ人事”. 日刊スポーツ. (2010年6月4日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/p-bb-tp0-20100604-637616.html 2021年12月12日閲覧。 
  3. ^ 新入団コーチについて
  4. ^ 2015年度 監督・コーチについて 阪神タイガース公式サイト 2014年11月6日閲覧。
  5. ^ 来季のコーチ契約について 阪神タイガース公式サイト 2015年10月15日閲覧。
  6. ^ 風岡尚幸内野守備走塁コーチ就任のお知らせ”. オリックス・バファローズ (2015年10月20日). 2015年10月20日閲覧。
  7. ^ 『週刊ベースボール』2017年12月18日号、P68
  8. ^ a b 2017アジアウインターベースボールリーグ(AWB)NPBメンバー一覧”. NPB (2017年11月17日). 2017年11月21日閲覧。
  9. ^ 新コーチングスタッフ決定のお知らせ”. オリックス・バファローズ (2018年10月22日). 2021年12月12日閲覧。
  10. ^ 新コーチングスタッフ決定のお知らせ”. オリックス・バファローズ (2019年10月12日). 2021年12月12日閲覧。
  11. ^ “肩書から「1軍」「2軍」なくしたオリックスのコーチ革命、低迷するチームを変えるか”. 産経新聞. (2020年12月11日). https://www.sankei.com/article/20201211-UOBNE4CBYFOSLH3LTXXSYZOKZQ/ 2021年12月12日閲覧。 
  12. ^ オリックスが来季コーチ陣25人を発表 8人が新入閣”. ベースボールキング (2021年12月8日). 2021年12月12日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]