銚子利夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
銚子 利夫
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 茨城県神栖市
生年月日 (1961-08-24) 1961年8月24日(55歳)
身長
体重
179 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1983年 ドラフト1位
初出場 1984年4月6日
最終出場 1993年6月11日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 横浜ベイスターズ (1994 - 2006)

銚子 利夫(ちょうし としお、1961年8月24日 - )は、日本の元プロ野球選手茨城県神栖市出身。通称「銚子高校の銚子くん」。

来歴・人物[編集]

兄の影響で野球を始める。元来内野手だったが、市立銚子高校2年生の秋に投手に転向。1979年の夏の甲子園にエースで4番として同校を初出場に導くも、初戦で敗退した。同年秋のドラフト近鉄バファローズから4位指名を受けたが、拒否した。

法政大学に進学し再び内野手に転向。東京六大学リーグ戦では1982年春季のリーグ戦で首位打者になる。ベストナインは3度受賞した。通算成績は49試合出場、174打数53安打、打率.305、4本塁打、35打点。1983年秋のドラフト横浜大洋ホエールズから1位指名を受けて入団。1988年には三塁手のレギュラーに定着し、自身最多の125試合に出場。僅か3失策の好守備も光り、ゴールデングラブ賞受賞は間違いないと言われていた[要出典]。しかし同賞のセ・リーグ三塁手部門は、守備力においては銚子よりも劣ると思われた巨人原辰徳(126試合出場、10失策ながらも、打撃成績は銚子より遥かに上回っていた)が受賞し、同賞の定義を疑問視する声が各方面で上がった[要出典]。特に大洋ファンのやくみつる(はた山ハッチ)は、当時この件を自身の4コマ漫画で取り上げた。

しかし、翌1989年は11失策を記録してレギュラーの座から後退[要出典]すると、1990年に清水義之が台頭したことで、以後控えに甘んじてしまった。大洋での応援歌はミュージカル『マイ・フェア・レディ』の劇中歌「時間通りに教会へ」より採譜された。

1992年長内孝との交換トレードで広島東洋カープに移籍。1993年に現役引退。

トレード相手の長内も同時期に引退しており、翌年には再び入れ替わる形で共にコーチとして古巣に戻る。横浜二軍(湘南シーレックス)コーチ、横浜球団の編成担当やスカウトなどを2009年まで務めた。

球団から契約解除となった後、焼肉店の開店を目指したが断念し、2011年から広島県福山市に本社を置く自動車輸入販売業「ブリッジ」の関東地区エリアマネージャーを務める[1]ほか、その一方でJR東日本硬式野球部の守備・走塁アドバイザー(外部スタッフ)も務め、野球界との関わりも続いている。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1984 大洋 56 108 104 8 15 2 0 1 20 3 1 0 1 0 3 0 0 17 1 .144 .168 .192 .361
1985 51 23 20 5 1 1 0 0 2 1 0 1 0 0 2 0 1 3 1 .050 .174 .100 .274
1987 8 24 23 1 7 0 0 0 7 0 0 0 1 0 0 0 0 5 1 .304 .304 .304 .609
1988 125 480 425 44 115 12 1 0 129 23 6 4 30 0 20 0 5 59 4 .271 .311 .304 .615
1989 114 453 402 43 113 30 0 2 149 26 8 4 28 1 18 0 4 53 10 .281 .318 .371 .688
1990 37 77 61 7 17 1 1 0 20 2 0 1 4 0 12 2 0 15 0 .279 .397 .328 .725
1991 18 38 34 4 7 3 0 0 10 3 0 0 2 0 2 0 0 7 3 .206 .250 .294 .544
1992 広島 13 9 7 1 1 0 0 0 1 0 1 0 0 0 2 0 0 4 0 .143 .333 .143 .476
1993 11 13 12 0 2 0 0 0 2 2 0 0 1 0 0 0 0 2 0 .167 .167 .167 .333
通算:9年 433 1225 1088 113 278 49 2 3 340 60 16 10 67 1 59 2 10 165 20 .256 .300 .313 .612

記録[編集]

背番号[編集]

  • 22 (1984年 - 1987年)
  • 9 (1988年 - 1993年)

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]