遠田誠治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
遠田 誠治
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 北海道増毛郡増毛町
生年月日 (1964-05-11) 1964年5月11日(53歳)
身長
体重
176 cm
72 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1985年 ドラフト6位
初出場 1988年4月8日
最終出場 1990年5月30日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

遠田 誠治(えんだ せいじ、1964年5月11日 - )は、北海道増毛郡増毛町[1]出身の元プロ野球選手外野手)。

来歴・人物[編集]

北海高では、中距離ヒッターの遊撃手として主軸を打っていた。2年春の選抜にエース安田や同じ増毛中出身の河尻と共に出場、北海が久々に(11年ぶり、選抜は19年ぶり)甲子園に戻ってきたと話題になった[1]。甲子園ではエース川相昌弘(巨人-中日)、3番横谷総一(阪神)、4番本間立彦(日本ハム)を擁する岡山南高と対戦し2-3で敗れている。

高校卒業後は、社会人野球新日本製鐵室蘭に入団、2年目から頭角を現し、俊足の内野手として都市対抗野球などで活躍した。

1985年ドラフト会議中日ドラゴンズから6位指名を受けるも、会社に1年残留し、翌1986年のオフに入団した[1]

プロ入り後は、俊足を活かすために外野手に転向し、代走や守備固めが中心だったが、1989年には星野監督に見込まれ先発メンバーに名を連ねることもあった。しかし、若手選手の台頭や新外国人・移籍選手の入団により出番が激減し、1992年に現役を引退した[1]

オールスター出場歴はないが、1999年のOBオールスター戦で優秀選手賞を受賞している。

学生野球資格の回復により、2014年4月より札幌創成高等学校の野球部コーチに就任[2]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1988 中日 8 2 1 2 0 0 0 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1989 41 31 26 7 6 1 0 0 7 1 6 2 3 1 1 0 0 5 0 .231 .250 .269 .519
1990 6 2 2 2 0 0 0 0 0 0 0 2 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
通算:3年 55 35 29 11 6 1 0 0 7 1 6 5 4 1 1 0 0 7 0 .207 .226 .241 .467

記録[編集]

背番号[編集]

  • 36 (1987年 - 1992年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、93ページ
  2. ^ 日刊スポーツ(2014年4月5日)[1]

関連項目[編集]