横谷総一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
横谷 総一
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岡山県岡山市
生年月日 (1965-09-02) 1965年9月2日(53歳)
身長
体重
180 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1983年 ドラフト外
初出場 1988年4月8日
最終出場 1991年7月31日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

横谷 総一(よこたに そういち、1965年9月2日 - )は、岡山県岡山市出身の元プロ野球選手内野手)。鉄道会社社員。

来歴・人物[編集]

岡山南高では投手ながら高打率をマーク、後に阪神でチームメイトになる八木裕とはライバルだった。1982年、3番センターで春のセンバツに出場。この時のエースは川相昌弘(のち巨人中日)、4番は本間立彦(のち日本ハム)だった。2回戦の対早稲田実業高戦では荒木大輔から二塁打を放っている。

1983年オフに、ドラフト外で投手として阪神タイガースに入団。入団後、野手に転向する。

1986年の右ひじ軟骨除去手術を乗り越え、1988年に一軍公式戦に初出場。45試合に出場し同じ三塁手の八木とポジションを争った。1989年には広島大野豊からプロ初ホームランを放った。地元の試合に強く、岡山県営球場で試合がある時に横谷は必ず出場しヒットを打っていた。1994年限りで現役を引退。

引退後は、1995年に球団の親会社の阪神電気鉄道に中途入社。同社事業部でチケット販売とグッズ販売等で働き、独学でパソコンを学習した。元タイガース選手と言う実績を生かし、1997年より親会社所属のまま球団に出向し、阪神の二軍マネージャー、1999年は編成部調査担当、2000年からは球団広報に就任。パソコン技術を駆使して12球団で初めて電子メールによる広報配信を始めた[1]。現在、球団出向の状態が続いているのか、あるいは親会社に復帰したのかは不明。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1988 阪神 45 77 69 3 16 6 0 0 22 2 0 1 4 0 4 2 0 12 1 .232 .274 .319 .593
1989 33 60 57 5 17 3 0 3 29 7 2 0 1 0 2 0 0 14 3 .298 .322 .509 .831
1990 4 4 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 .000 .000 .000 .000
1991 8 24 22 2 4 3 0 0 7 0 0 0 0 0 2 0 0 8 0 .182 .250 .318 .568
通算:4年 90 165 152 10 37 12 0 3 58 9 2 1 5 0 8 2 0 34 5 .243 .281 .382 .663

記録[編集]

背番号[編集]

  • 61(1984年 - 1987年)
  • 46(1988年 - 1994年)

脚注[編集]

  1. ^ 別冊宝島編集部「元阪神 424人の今」 - 宝島社 2012年発行

関連項目[編集]