本間立彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本間 立彦
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岡山県岡山市
生年月日 (1964-05-26) 1964年5月26日(54歳)
身長
体重
183 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 内野手
プロ入り 1982年 ドラフト4位
初出場 1985年4月14日
最終出場 1985年4月19日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

本間 立彦(ほんま たつひこ、1964年5月26日 - )は、岡山県岡山市出身の元プロ野球選手内野手)。左投左打。

来歴・人物[編集]

岡山南高では4番・一塁手として活躍。2年生の1981年、同期のエース川相昌弘を擁して夏の甲子園にチームとして初出場を果たす。1回戦で宇都宮学園高に敗退[1]。翌1982年春の選抜にも出場。1回戦で遠田誠治のいた北海高を降す。この試合では先制となる大会第3号の本塁打を放つ。しかし2回戦では早稲田実業高荒木大輔に完封を喫する[2]。1年下のチームメートに中堅手横谷総一がいた。

1982年のプロ野球ドラフト会議日本ハムファイターズから4位指名を受け入団。

プロ3年目の1985年に代打として一軍初出場を果たすなど3試合に起用されるが、翌年以降は一軍での出場機会がなく1987年限りで現役を引退。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1985 日本ハム 3 3 3 0 1 1 0 0 2 1 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .333 .333 .667 1.000
通算:1年 3 3 3 0 1 1 0 0 2 1 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .333 .333 .667 1.000

記録[編集]

背番号[編集]

  • 36 (1983年 - 1987年)

脚注[編集]

  1. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  2. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]