松本幸行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
松本 幸行
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府大阪市生野区
生年月日 (1947-06-05) 1947年6月5日(70歳)
身長
体重
182 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1969年 ドラフト4位
初出場 1970年4月14日
最終出場 1981年6月16日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

松本 幸行(まつもと ゆきつら、1947年6月5日 - )は、大阪府大阪市出身の元プロ野球選手投手)。

経歴[編集]

大阪市立御幸森小学校大阪市立鶴橋中学校大阪商業大学附属高等学校からデュプロ印刷機に入社。1969年第40回都市対抗野球大会へのチーム初出場に貢献。1969年のドラフト4位で中日ドラゴンズに入団。

1年目の1970年から一軍に上がり、翌1971年には先発陣の一角に定着。1972年には稲葉光雄に次ぐ13勝を記録する。1973年8月30日、阪神タイガース江夏豊が対中日戦(阪神甲子園球場)で史上初の延長戦ノーヒットノーランを達成したが、このとき江夏と投げ合ったのが松本だった[1]。これを契機に阪神キラーと呼ばれるようになる。翌1974年は20勝を挙げて最多勝のタイトルを獲得[2]し、読売ジャイアンツの10連覇を阻止する中日20年ぶりのリーグ優勝に貢献。同年の20勝のうち実に9勝を阪神から挙げている。これを含め、中日時代の通算98勝のうち28勝を阪神から挙げた。同年のロッテ・オリオンズとの日本シリーズは3試合に先発。第3戦では8回途中まで好投するが前田益穂に代打3点本塁打を喫し降板、その後は鈴木孝政につなぎ、自身の日本シリーズ初勝利を果たす。翌1975年は初の開幕投手を務めた。1972年から1976年まで5年連続二桁勝利。

1980年三枝規悦との交換トレードで、阪急ブレーブスへ移籍し、4年ぶりの二桁勝利を挙げる。同年6月19日の対南海ホークス戦(大阪球場)で通算100勝を達成。翌1981年限りで現役引退。引退後は大阪でサラリーマンをしていた。

中日の日本人の左腕投手[3]として日本シリーズで昭和唯一の勝利投手であり、ロッテオリオンズから日本シリーズで勝ち星を挙げた昭和最後の投手など特殊な記録の持ち主でもある(共に1974年の日本シリーズ第3戦で記録)。また阪急所属時代には、近鉄の215試合連続得点(シーズンをまたいでの日本記録)をストップさせた事でも知られている(1980年9月30日西京極球場。スコアは5-0で完封勝利を挙げた。

とても投球間隔が短い投手で知られ、「早投げ」「ちぎっては投げ」は松本の代名詞であった[4]。サインを見ている様子がないとまで言われたが、本人の弁によれば「キャッチャーからの返球を受けている間に見ている」[5]との事。

荒れ球とシンカー(本人いわく「速球のつもりが、肩の引っかかりが悪いために落ちている」[6])を武器に打たせてとるピッチングを持ち味とした。

野球嫌いの松本人志が少年時代に好きだったと語っている。姓が同じこと、前述の「早投げ」がおもしろかったことがきっかけ。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1970 中日 22 5 2 1 0 2 3 -- -- .400 242 59.2 51 2 20 0 1 25 0 0 18 17 2.55 1.19
1971 41 15 0 0 0 5 5 -- -- .500 499 124.0 111 11 37 2 5 61 0 1 46 41 2.98 1.19
1972 42 25 6 1 1 13 8 -- -- .619 776 191.2 173 18 54 1 2 76 1 0 77 67 3.14 1.18
1973 39 32 13 4 3 14 11 -- -- .560 938 234.0 201 18 51 4 6 90 2 1 70 62 2.38 1.08
1974 40 37 11 3 2 20 9 0 -- .690 965 236.1 232 29 38 4 11 89 3 0 92 82 3.13 1.14
1975 37 37 9 2 2 17 15 0 -- .531 991 250.0 217 30 40 9 12 98 0 0 86 67 2.41 1.03
1976 42 36 4 0 0 15 15 0 -- .500 933 223.1 229 36 58 4 7 62 0 0 111 98 3.96 1.29
1977 36 20 2 1 0 4 8 2 -- .333 518 120.2 143 22 44 5 2 26 0 0 75 72 5.36 1.55
1978 32 27 3 0 0 6 12 0 -- .333 686 157.2 185 23 41 0 6 58 0 1 103 90 5.13 1.43
1979 22 8 0 0 0 2 3 0 -- .400 245 55.1 70 8 13 1 1 11 1 0 32 30 4.91 1.50
1980 阪急 24 14 8 2 2 10 5 1 -- .667 574 137.1 164 22 18 3 1 28 2 0 70 59 3.88 1.33
1981 12 12 1 0 1 3 4 0 -- .429 236 50.2 73 13 14 0 1 14 0 0 40 37 6.53 1.72
通算:12年 389 268 59 14 11 111 98 3 -- .531 7603 1840.2 1849 232 428 33 55 638 9 3 820 722 3.53 1.24
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 48 (1970年)
  • 21 (1971年 - 1979年)
  • 27 (1980年 - 1981年)

参考文献[編集]

  • 『魔球伝説』(1989年、文藝春秋より「文春文庫 ビジュアル版」シリーズの一つとして発行。コード:ISBN 4168118126

脚注[編集]

関連項目[編集]