加藤伸一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
加藤 伸一
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 鳥取県倉吉市
生年月日 (1965-07-19) 1965年7月19日(51歳)
身長
体重
181 cm
81 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1983年 ドラフト1位
初出場 1984年4月30日
最終出場 2004年9月24日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

加藤 伸一(かとう しんいち、1965年7月19日 - )は、鳥取県倉吉市出身の元プロ野球選手投手)、野球指導者。

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

倉吉北高校1年次から速球派投手として期待される。練習試合ではあるが、鳥取西高校戦でノーヒットノーランも記録している。最上級生に進級した際は、チームの不祥事で対外試合禁止処分となってしまった。結局、加藤の公式戦登板は2年夏の1試合(3-8鳥取城北高校)のみだったが、この試合での登板がスカウトたちの目にとまった。1983年ドラフト1位で南海ホークスに入団する。鳥取県の高校生として史上初のドラフト1位指名でもあった。

プロ入り後[編集]

南海・ダイエー時代[編集]

シュートを武器として入団1年目から活躍し、同年代である藤本修二畠山準と共に『トリオ・ザ・10代』と呼ばれた。1年目の1984年中継ぎや抑えでの登板が多かったが5勝4敗4セーブ、防御率2.76の成績を残した。

1985年からは先発として投げ9勝11敗1セーブ、防御率4.09の成績を残した。

1986年は精彩を欠き、3勝10敗2セーブで防御率も4.68で終わった。

1987年は防御率3点台と良化したが、14試合で4勝5敗の成績で終わった。

南海最終年となった1988年は防御率4.54と再び安定感を欠いたが、8勝10敗3セーブの成績を残した。

翌年1989年に球団名が福岡ダイエーホークスに変わった。その際に(1989年3月)、博多駅井筒屋の壁面に成長株の同僚である佐々木誠(同い年同期入団)と「福岡の、新しい顔です」というコピーとともに、新球団の真新しいユニフォームに身をつつんだ全身写真の垂幕が飾られた。移転1年目のこの年は、自身初のシーズン二桁勝利となる12勝を挙げる。

しかし1990年に右肩故障によりプロ入り後初めて一軍登板なしに終わった。

1991年は2年ぶりに1軍登板するも14試合で2勝7敗、防御率6.03と不本意な成績に終わった。

1992年1993年の2年間は1軍登板なしに終わった。

1994年は3年ぶりに1軍登板を果たしたが、17試合で3勝5敗、防御率4.82と結果を残せなかった。

1995年も右肩痛が原因で一軍登板できず、オフに戦力外通告を受けた。

広島時代[編集]

1996年広島東洋カープに移籍し9勝を挙げカムバック賞を獲得するなど再び活躍を見せる。

1997年は不調で1勝5敗で終わり、防御率も7点台だった。

1998年は8勝6敗で防御も2.99と安定感を見せた、規定投球回数を満たしてはいたのだが、チームの若返り策や高額年俸が原因として自由契約となる。

オリックス時代[編集]

1999年オリックス・ブルーウェーブに移籍。自由契約の身ではあったが、前年より契約条件が良い契約であった。この年は6勝にとどまったが、自己最多の3完封を記録した。

2000年は3勝6敗と不本意な成績となる。

2001年に先発の一角として11勝を上げる。5月で早くも6勝と、1989年の記録を上回ることが期待されていたが、上回らなかった。なおこの年は小倉恒も2桁勝利を挙げたが、チームでは2002年から2004年は最下位に低迷し、2004年オフに大阪近鉄バファローズと合併した。その3年間に2桁勝利を挙げた投手がいなかったことから小倉と共にブルーウェーブ時代最後の2桁勝利投手となった。オフにFA宣言により近鉄に移籍。ダイエーを自由契約になり広島へ移籍した以降も福岡に居を構えていることを好材料にオリックスからFA宣言時には当時のダイエーも声をかけ、交渉を行ったが不首尾に終わった。

人的補償として近鉄のユウキがオリックスに移籍した。

近鉄時代[編集]

移籍1年目の2002年4月1日の西武ライオンズ戦に移籍後初先発したがKOされるなど、故障にも苦しみ、わずか2試合にしか登板できず未勝利に終わる。

翌年2003年は6勝6敗の成績を残し存在感を示した。

2004年は2勝しかしか挙げられず、戦力外通告を受けた。その後自身が所属する近鉄は古巣のオリックスと合併し、オリックスと新規参入球団の東北楽天ゴールデンイーグルスにそれぞれ近鉄とオリックスの選手を振り分けるプロ野球史上初の分配ドラフトが行われたが、自身は戦力外のため分配ドラフトの対象に入らなかった。そして自身を獲得しようとする球団も現れなかったことから現役を引退し、数回のAクラスはあっても一度も優勝はできなかった。

引退後[編集]

2005年より福岡を拠点に野球解説者としての活動を行い、ホークスのOBとして野球教室に参加することもあり、RKB毎日放送日刊スポーツで解説者を務める傍ら、プロ野球マスターズリーグの福岡ドンタクズに参加。また同年、郷土鳥取で社会人野球チーム・鳥取キタロウズの創設に関わり、監督を務めた。

2011年、ソフトバンク二軍投手コーチに就任。二保旭千賀滉大岩嵜翔飯田優也嘉弥真新也を一軍に送り出し[1]2014年は一軍投手コーチとなり秋季キャンプまで務めた[2]。同年12月26日に編成・育成部育成担当に就任することが発表された[3]

人物[編集]

いわゆる昭和40年生まれの選手で構成された「40年会」一員で、同会会員は古田敦也山本昌佐々木誠八木裕水野雄仁吉井理人池山隆寛香田勲男紀藤真琴村上隆行長嶋一茂ら。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1984 南海
ダイエー
33 3 0 0 0 5 4 4 -- .556 314 75.0 62 7 37 4 1 46 0 0 25 23 2.76 1.32
1985 34 21 9 1 0 9 11 1 -- .450 818 189.1 180 32 87 5 9 79 2 1 100 86 4.09 1.41
1986 22 15 6 0 0 3 10 2 -- .231 469 107.2 105 20 46 4 4 52 3 0 61 56 4.68 1.40
1987 14 12 2 1 1 4 5 0 -- .444 332 78.0 87 0 22 0 2 31 1 0 33 28 3.23 1.40
1988 27 22 2 0 1 8 10 3 -- .444 607 138.2 164 20 42 2 4 53 3 0 77 70 4.54 1.49
1989 26 25 8 2 0 12 8 1 -- .600 758 176.2 193 19 62 6 7 68 3 0 81 72 3.67 1.44
1991 14 14 1 0 0 2 7 0 -- .222 348 77.2 97 12 24 2 2 24 1 0 54 52 6.03 1.56
1994 17 16 1 0 0 3 5 0 -- .375 346 80.1 88 6 25 1 4 32 1 0 44 43 4.82 1.41
1996 広島 25 25 2 1 0 9 7 0 -- .563 644 152.1 159 12 35 1 3 55 1 2 71 64 3.78 1.27
1997 17 9 0 0 0 1 5 0 -- .167 231 49.1 72 13 14 1 4 18 3 1 42 41 7.48 1.74
1998 22 22 3 1 0 8 6 0 -- .571 608 141.2 157 15 27 1 5 62 5 2 64 47 2.99 1.30
1999 オリックス 19 17 4 3 3 6 5 1 -- .545 402 98.2 99 8 20 0 3 44 1 2 40 38 3.47 1.21
2000 24 14 4 0 0 3 6 0 -- .333 402 94.0 103 15 23 0 2 42 1 3 57 52 4.98 1.34
2001 27 26 2 0 0 11 7 0 -- .611 703 168.1 175 27 45 1 3 92 1 1 78 69 3.69 1.31
2002 近鉄 2 2 0 0 0 0 1 0 -- .000 40 7.1 14 2 3 0 1 4 1 0 8 8 9.82 2.32
2003 16 16 0 0 0 6 6 0 -- .500 355 82.0 98 10 21 1 5 23 1 0 46 39 4.28 1.45
2004 11 10 0 0 0 2 3 0 -- .400 216 47.1 63 13 12 0 3 18 2 0 39 37 7.04 1.58
通算:17年 350 269 44 9 5 92 106 12 -- .465 7593 1764.1 1916 231 545 29 62 743 30 12 920 825 4.21 1.39
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 南海(南海ホークス)は、1989年にダイエー(福岡ダイエーホークス)に球団名を変更

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
  • 初登板:1984年4月30日、対西武ライオンズ6回戦(大阪球場)、6回表1死に2番手で救援登板、2回2/3を1失点
  • 初奪三振:同上、6回表に秋山幸二から
  • 初勝利:1984年5月5日、対ロッテオリオンズ7回戦(大阪球場)、9回表に3番手で救援登板・完了、1回無失点
  • 初先発:1984年5月11日、対阪急ブレーブス7回戦(阪急西宮球場)、7回1/3を3失点で敗戦投手
  • 初セーブ:1984年7月31日、対西武ライオンズ19回戦(大阪球場)、8回表に2番手で救援登板・完了、2回1失点(自責点0)
  • 初先発勝利・初完投勝利:1985年4月7日、対阪急ブレーブス2回戦(阪急西宮球場)、9回4失点
  • 初完封勝利:1985年6月17日、対近鉄バファローズ14回戦(大阪球場)
節目の記録

背番号[編集]

  • 17 (1984年 - 1995年)
  • 12 (1996年 - 1998年)
  • 1 (1999年 - 2001年)
  • 14 (2002年 - 2004年)
  • 72 (2011年 - 2014年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 加藤伸一 コーチ #72 促すのはマウンドでの自立 週刊ベースボール、2014年12月26日
  2. ^ コーチの退団について 福岡ソフトバンクホークス公式サイト 2014年11月8日配信
  3. ^ ソフトB 石渡茂氏が副本部長補佐に就任 スポーツニッポン、2014年12月26日

関連情報[編集]

[編集]

出演番組[編集]

関連項目[編集]