加藤伸一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
加藤 伸一
九州三菱自動車 投手コーチ #80
SH-Shinichi-Kato20140529.jpg
福岡ソフトバンクホークス一軍投手コーチ時代
(2014年5月29日)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 鳥取県倉吉市
生年月日 (1965-07-19) 1965年7月19日(56歳)
身長
体重
181 cm
81 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1983年 ドラフト1位
初出場 1984年4月30日
最終出場 2004年9月24日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

加藤 伸一(かとう しんいち、1965年7月19日 - )は、鳥取県倉吉市出身の元プロ野球選手投手)・コーチ解説者評論家

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

倉吉北高校1年次の1981年から速球派投手として期待され、練習試合ではあるが、鳥取西戦でノーヒットノーランも記録している。最上級生に進級した1983年にはチームの不祥事で対外試合禁止処分となってしまい、結局、加藤の公式戦登板は2年次の1982年夏の1試合(3-8鳥取城北高校)のみであったが、この試合での登板がスカウト達の目に留まった。同年のドラフト会議にて南海ホークスから1位指名を受け、入団。鳥取県の高校生として史上初のドラフト1位指名でもあった。当日、学生服のまま校内で他の部員らに胴上げされている映像がニュースで流れた。担当スカウト杉浦正胤[1]

南海・ダイエー時代[編集]

シュートを武器として1年目の1984年シーズンから活躍し、中継ぎや抑えでの登板が多かったが、5勝4敗4セーブ・防御率2.76の成績を残した。

同年代である藤本修二畠山準と共に「トリオ・ザ・10代」と呼ばれ、2年目の1985年シーズンからは先発として投げ、阪急との開幕第2戦でプロ初完投勝利。オールスターゲームまでに防御率3.25で8勝をあげ、監督推薦でオールスターに初出場した。後半は右ひじに違和感を覚え[2]、登板間隔を空けたりリリーフに回ったりし、シーズントータルで9勝11敗1セーブ・防御率4.09であった。

3年目の1986年シーズンも右ひじ痛の影響で3勝10敗2セーブ・防御率4.68と精彩を欠き、翌4年目の1987年シーズンは防御率3点台と良化したものの、14試合で4勝5敗に終わった。南海最終年の1988年は防御率4.54と再び安定感を欠いたが、8勝10敗3セーブの成績を残した。

1989年には、球団名が「福岡ダイエーホークス」となる。3月に博多駅井筒屋の壁面に成長株の同僚である佐々木誠(同い年同期入団)と「福岡の、新しい顔です」というコピーとともに、新球団の真新しいユニフォームに身をつつんだ全身写真の垂幕が飾られた。移転1年目の同年は、開幕3戦目の日本ハム戦でダイエー球団としての初勝利をあげるなど、自身初の2桁勝利となる12勝を挙げた。

1990年シーズンは、田淵幸一新監督から開幕投手に指名されていたが[3]、キャンプを右肩関節周囲炎で離脱すると、そのままプロ入り後初めて一軍登板なしに終わった。

1991年は2年ぶりに一軍登板し、4月21日の日本ハム戦で550日ぶりに勝利投手となる。14試合で2勝7敗・防御率6.03に終わったが、登板間隔は前半戦は月2回ペースだったのが8月以降は週1回登板するまでに回復した。

1992年シーズンはキャンプで再び右肩が悪化したため、7月に右肩の手術を受けた。同年のシーズンと1993年シーズンの2年間は右肩のリハビリのため一軍登板なしに終わった。

1994年シーズンはリハビリから復帰し、オープン戦で結果を残してローテーション入りした。5度目の先発登板となった5月18日近鉄戦で998日ぶりに勝利投手となる。7月5日のロッテ戦で1721日ぶりの完投勝利をあげるなど、17試合で3勝5敗・防御率4.82の成績を残し、完全復活への足掛かりをつかんだかに見えた[4]

1995年シーズンは故障で出遅れて二軍登板が可能になった頃には一軍はBクラスに低迷し、若手中心の起用に切り替わっていたため一軍登板できず、同年のシーズンオフに戦力外通告を受けた。

広島時代[編集]

1996年シーズンに広島東洋カープにテスト入団を果たす。オープン戦期間中に肉離れを発症したが、それを隠して開幕から先発ローテーション入りし、2度目の登板の4月17日横浜戦で643日ぶりの勝利投手となった[1]。6年ぶりに規定投球回に達して9勝を挙げ、カムバック賞を獲得するなど再び活躍を見せる。

1997年シーズンは1勝5敗で防御率も7点台の不調に終わるが、1998年シーズンは8勝6敗で規定投球回数をクリアしての防御率は自己最高の2.99と安定感を見せ、年間通じてローテーションを守ったが、前年オフの契約更改における、球団側の減額制限を大幅に超える提示に納得がいかなかったため、加藤自らの希望にて翌年オフの自由契約の約束を球団側にとりつけていたため、1998年シーズン終了後に2度目の自由契約となった。

オリックス時代[編集]

1999年シーズンにはオリックス・ブルーウェーブへ移籍。戦力外に近い自由契約の身ではあったが、前年より大幅に好条件(推定年俸2,200万円→6,000万円)の契約となった。この年は故障で出遅れて一軍初登板が6月であったこともあり6勝にとどまったが、自己最多でリーグトップタイの3完封とリーグトップの無四球完封3回を記録。

2000年シーズンは3勝6敗に終わるが、2001年に先発の一角として5月で早くも6勝をあげる。シーズン通算ではチームトップの投球回を投げ、12年ぶりに二桁勝利となるチーム1位の11勝を挙げた。なおこの年は小倉恒も2桁勝利を挙げたが、チームでは2002年シーズンから2004年シーズンオフに近鉄と合併するまでに2桁勝利を挙げた投手がいなかったことから小倉と共にブルーウェーブ時代最後の2桁勝利投手となった。2001年シーズンオフにFA大阪近鉄バファローズへ移籍。ダイエーを自由契約になり広島へ移籍した以降も福岡に居を構えていることを好材料にオリックスからFA宣言時には当時のダイエーも声をかけ、交渉を行ったが不首尾に終わった。

人的補償として近鉄のユウキがオリックスへ移籍。

近鉄時代[編集]

移籍1年目の2002年4月1日に開幕3戦目の西武ライオンズ戦(大阪ドーム)に移籍後初先発したがKOされるなど、故障にも苦しみ、僅か2試合にしか登板できず未勝利に終わる。

2003年シーズンは6勝6敗の成績を残すも、2004年シーズンは2勝しか挙げられず、戦力外通告を受けた。その後近鉄は古巣のオリックスと合併し、オリックスと新規参入球団の東北楽天ゴールデンイーグルスにそれぞれ近鉄とオリックスの選手を振り分ける分配ドラフトが行われたが加藤は戦力外のため分配ドラフトの対象に入らなかった。そして獲得オファーする球団もなく現役を引退。数回のAクラスはあったものの一度も優勝はできなかった。

なお、加藤は近鉄球団唯一のFA獲得選手であった。

引退後[編集]

2005年より福岡を拠点に解説者としての活動を行い、ホークスのOBとして野球教室に参加することもあった。RKB毎日放送解説者・日刊スポーツ評論家を務める傍ら、プロ野球マスターズリーグ「福岡ドンタクズ」に参加。同年には故郷・鳥取で社会人野球チーム・鳥取キタロウズの創設に関わり、監督を務め、選手登録もされていた?2011年からはソフトバンク二軍投手コーチに就任し、二保旭千賀滉大岩嵜翔飯田優也嘉弥真新也を一軍に送り出す[5]2014年は一軍投手コーチとなり秋季キャンプまで務め[6]、同年12月26日に編成・育成部育成担当に就任することが発表された[7]2016年限りで退任。

2017年からRKB毎日放送(主にRKBラジオ本数契約)・TOKYO MX(2021年~)・FOX SPORTSスポーツライブ+の解説者に復帰する傍ら、東京スポーツの評論家にも復帰。山内孝徳に代わって九州三菱自動車投手コーチにも就任し、第88回都市対抗野球大会では長く低迷が続いていたチームを5年ぶりに本大会出場へ導いた。[8]

人物[編集]

いわゆる昭和40年生まれの選手で構成された「40年会」一員で、同会会員は古田敦也山本昌佐々木誠八木裕水野雄仁吉井理人池山隆寛香田勲男紀藤真琴村上隆行長嶋一茂ら(『ボク達同級生!プロ野球昭和40年会VS48年会』〈関西テレビ放送〉)。

加藤の世代では色白細面の西崎(日ハム)や阿波野(近鉄)が「トレンディ」「イケメン」と騒がれ、いわゆるソース顔の加藤がそう言う文脈で話題になることはなかったが「プロ野球ニュース」で南海時代の加藤を取材した平松政次は「俳優にしたいような美男子だ」と語った。

プロ入り時の投手コーチは河村英文で、加藤はプロとしての心構えを河村に教わった語っている[9]。公私ともに親交がある恩師であり、移籍時の相談も河村にしていた。オリックスへの移籍を決めたのは、オリックス投手コーチ就任が内定していた河村が移籍交渉に同席したことも理由の一つとなった[10]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1984 南海
ダイエー
33 3 0 0 0 5 4 4 -- .556 314 75.0 62 7 37 4 1 46 0 0 25 23 2.76 1.32
1985 34 21 9 1 0 9 11 1 -- .450 818 189.1 180 32 87 5 9 79 2 1 100 86 4.09 1.41
1986 22 15 6 0 0 3 10 2 -- .231 469 107.2 105 20 46 4 4 52 3 0 61 56 4.68 1.40
1987 14 12 2 1 1 4 5 0 -- .444 332 78.0 87 0 22 0 2 31 1 0 33 28 3.23 1.40
1988 27 22 2 0 1 8 10 3 -- .444 607 138.2 164 20 42 2 4 53 3 0 77 70 4.54 1.49
1989 26 25 8 2 0 12 8 1 -- .600 758 176.2 193 19 62 6 7 68 3 0 81 72 3.67 1.44
1991 14 14 1 0 0 2 7 0 -- .222 348 77.2 97 12 24 2 2 24 1 0 54 52 6.03 1.56
1994 17 16 1 0 0 3 5 0 -- .375 346 80.1 88 6 25 1 4 32 1 0 44 43 4.82 1.41
1996 広島 25 25 2 1 0 9 7 0 -- .563 644 152.1 159 12 35 1 3 55 1 2 71 64 3.78 1.27
1997 17 9 0 0 0 1 5 0 -- .167 231 49.1 72 13 14 1 4 18 3 1 42 41 7.48 1.74
1998 22 22 3 1 0 8 6 0 -- .571 608 141.2 157 15 27 1 5 62 5 2 64 47 2.99 1.30
1999 オリックス 19 17 4 3 3 6 5 1 -- .545 402 98.2 99 8 20 0 3 44 1 2 40 38 3.47 1.21
2000 24 14 4 0 0 3 6 0 -- .333 402 94.0 103 15 23 0 2 42 1 3 57 52 4.98 1.34
2001 27 26 2 0 0 11 7 0 -- .611 703 168.1 175 27 45 1 3 92 1 1 78 69 3.69 1.31
2002 近鉄 2 2 0 0 0 0 1 0 -- .000 40 7.1 14 2 3 0 1 4 1 0 8 8 9.82 2.32
2003 16 16 0 0 0 6 6 0 -- .500 355 82.0 98 10 21 1 5 23 1 0 46 39 4.28 1.45
2004 11 10 0 0 0 2 3 0 -- .400 216 47.1 63 13 12 0 3 18 2 0 39 37 7.04 1.58
通算:17年 350 269 44 9 5 92 106 12 -- .465 7593 1764.1 1916 231 545 29 62 743 30 12 920 825 4.21 1.39
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 南海(南海ホークス)は、1989年にダイエー(福岡ダイエーホークス)に球団名を変更

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
  • 初登板:1984年4月30日、対西武ライオンズ6回戦(大阪スタヂアム)、6回表1死に2番手で救援登板、2回2/3を1失点
  • 初奪三振:同上、6回表に秋山幸二から
  • 初勝利:1984年5月5日、対ロッテオリオンズ7回戦(大阪スタヂアム)、9回表に3番手で救援登板・完了、1回無失点
  • 初先発:1984年5月11日、対阪急ブレーブス7回戦(阪急西宮球場)、7回1/3を3失点で敗戦投手
  • 初セーブ:1984年7月31日、対西武ライオンズ19回戦(大阪スタヂアム)、8回表に2番手で救援登板・完了、2回1失点(自責点0)
  • 初先発勝利・初完投勝利:1985年4月7日、対阪急ブレーブス2回戦(阪急西宮球場)、9回4失点
  • 初完封勝利:1985年6月17日、対近鉄バファローズ14回戦(大阪スタヂアム)
節目の記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 17 (1984年 - 1995年)
  • 12 (1996年 - 1998年)
  • 1 (1999年 - 2001年)
  • 14 (2002年 - 2004年)
  • 72 (2011年 - 2014年)
  • 44 (2017年 - )

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 【加藤伸一連載コラム】患部をぐるぐる巻きにテーピングして臨んだ移籍後初登板 | 東スポのプロ野球に関するニュースを掲載
  2. ^ 【加藤伸一連載コラム】初出場の球宴 400勝投手・金田さんから金言を頂いて
  3. ^ [1]
  4. ^ 【加藤伸一連載コラム】998日ぶり白星にも涙はなし! ゴールではなくスタートだ
  5. ^ 加藤伸一 コーチ #72 促すのはマウンドでの自立 週刊ベースボール、2014年12月26日
  6. ^ コーチの退団について 福岡ソフトバンクホークス公式サイト 2014年11月8日配信
  7. ^ ソフトB 石渡茂氏が副本部長補佐に就任 スポーツニッポン、2014年12月26日
  8. ^ ドーム出場に力…元ダイエー・加藤伸一さん毎日新聞 2017年7月4日付 2017年7月6日閲覧
  9. ^ 【加藤伸一連載コラム】西鉄黄金期を支えた英文さんに教わった“イズム”
  10. ^ 【加藤伸一連載コラム】98年オフ オリックスとの初交渉で驚くべき人物が同席!!

関連情報[編集]

[編集]

出演番組[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]