山中律俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山中 律俊
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 茨城県北相馬郡利根町
生年月日 (1965-10-14) 1965年10月14日(53歳)
身長
体重
183 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 内野手
プロ入り 1983年 ドラフト4位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

山中 律俊(やまなか のりとし、1965年10月14日[1] - )は、茨城県北相馬郡利根町出身の元プロ野球選手内野手[1]

来歴・人物[編集]

印旛高校時代は1982年の第13回明治神宮野球大会に出場、翌1983年夏の第65回全国高等学校野球選手権大会遊撃手で出場しチームは3回戦まで進出した。この大会の県予選で三試合連続本塁打を記録している[1]。同年秋のドラフト4位で南海ホークスへ入団[1]

4年間在籍したが、一軍未出場のまま引退。

引退後は少年野球のコーチや、2012年に出身地の利根町に開学した日本ウェルネススポーツ大学軟式野球部のコーチとして活動し、野球の指導に当たっている。

息子の山中裕貴は2016年に大相撲の式秀部屋に入門した[2][3]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 40 (1984年 - 1987年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 『'86プロ野球選手写真名鑑』、日刊スポーツ出版社、1986年4月、P126。
  2. ^ 式秀部屋のツイート
  3. ^ 父は元プロ野球選手 山中が晴れ姿披露 日刊スポーツ 2016年9月20日

関連項目[編集]