杉浦享

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
杉浦 享
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県西尾市(旧・幡豆郡幡豆町
生年月日 (1952-06-08) 1952年6月8日(65歳)
身長
体重
177 cm
94 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手一塁手
プロ入り 1970年 ドラフト10位
初出場 1972年5月18日
最終出場 1993年10月28日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • ヤクルトスワローズ (1994 - 1996)

杉浦 享(すぎうら とおる、1952年6月8日 - )は、愛知県西尾市(旧・幡豆郡幡豆町)出身のプロ野球選手外野手)・野球指導者・野球解説者東京都荒川区在住。1975年から1980年登録名杉浦 亨

ぽっちゃりとした体格から、愛称は「ブーちゃん」(当時打撃コーチだった武上四郎に名づけられた)。

経歴[編集]

中学時代は陸上部。しかし、部員不足の野球部に助っ人で引っ張られていた。愛知高校入学後も陸上部に籍を置いていたが、ここでも部員不足の野球部に勧誘され入部。甲子園には届かなかったが、左の速球派投手として愛知県下では知られるようになった。

1970年のドラフト10位でヤクルトアトムズ投手として入団。ドラフト下位指名であったが、5人姉弟の末っ子で高2の時に父親を亡くし、苦労している母親のために、富士重工業の就職が決まっていながらプロ入りした。その後、打者に転向。翌1972年に一軍に上がり、9月から一塁手として先発出場、10月には6試合に三番打者として起用される。

しかし翌1973年に新人の小田義人が入団し一塁手に定着。1975年には小田らとの交換トレードで日本ハムから大杉勝男が移籍してきたため、控え・代打要員が続く。1977年に外野手へコンバートされ、1978年には左翼手、六番打者の定位置を得て打率.291(19位)、17本塁打、67打点を記録、リーグ初優勝に大きく貢献する。9月20日の中日ドラゴンズ戦では星野仙一からサヨナラ本塁打を放っている[1]阪急ブレーブスとの日本シリーズでも全7試合に先発出場、24打数7安打4打点と活躍しチームを日本一に導く。

1980年は打率.311とベストテン6位に食い込み、セントラル・リーグベストナインに輝いた。大杉引退後の翌1984年からは四番打者を任せられ、1985年には自己最多の34本塁打をマークし、再びベストナインに輝く。1987年には前年の故障から復活し、カムバック賞を受賞。

その後は池山隆寛広沢克己ら若手の台頭により、1990年野村克也の監督就任前後から左の代打の切り札として活躍するが、1992年はケガにより18試合の出場にとどまり、またシーズン中に40歳に達していた年齢のこともあって既に現役引退を表明していた。しかし、同年の日本シリーズ西武ライオンズ第1戦、12回ウラ1死満塁の場面で代打で登場。鹿取義隆から日本シリーズ史上初の「代打サヨナラ満塁本塁打」を放つ。このシリーズでは代打の切り札として、またパ・リーグのルールで戦った第3・4戦は指名打者で先発出場するなど要所で活躍を見せた。このシリーズでチームは敗退してしまったが、野村の強い要請と本人の意志もあり、一転して現役続行。そして翌1993年、前年と同カードの対戦となった日本シリーズでヤクルトは昨年のリベンジを果たし、チームが15年ぶり2度目の日本一を経験したことを花道として現役を引退。現役23年、若松勉1989年引退)や杉浦と同年に引退の八重樫幸雄と共に、ヤクルト一筋で40歳代まで現役を続けた。

その後は1994年から1996年までヤクルトの二軍打撃コーチを務めた。球団を退任後はヤクルト本社に異動し、ヤクルト本社食品事業本部直販営業部次長を務めている[2]

なお、2000年前後に東京ケーブルネットワーク制作の日本ハム戦のプロ野球中継で解説を務めた。

人物[編集]

  • ヤクルトの選手別応援歌(応援曲)において、職人肌の選手に充てられる「必殺シリーズ」のテーマ曲が若松と共に杉浦に充てられた(応援歌の前奏として使用。若松には「必殺仕掛人」、杉浦には「必殺仕事人V」のテーマ)。最初のイントロ(トランペットのソロ)が流れると、神宮の観客は一瞬静寂になり、イントロ終了と共により一層の大歓声に変わる(杉浦引退後は稲葉篤紀に引き継がれた)。
  • 打席では必ず初球を見逃すようにしていた。対戦相手も初球は打たれないことを知っていたためど真ん中のストレートを投げ込まれることが多かったが、それでも必ず見逃していた。理由として、その投手のタイミングを計るため、そして2球目以降の配球を読みやすくするためと話している。(「フルタの方程式」より本人談)
  • 現役当時にプロ野球ニュースのオフ企画で、自宅で入浴時に日本酒浴槽に投入する「酒風呂」に入っていると言っていた。また大の漫画愛好家で自宅に傑作漫画の単行本を多数所有、鉄道模型のコレクターとしても知られる。さらに趣味のギターは一流の腕前を持つ。
  • 現役時代は解説者時代の野村克也が野村スコープを使って解説をした試合を事前に録画予約しておき、試合後に観戦し、研究することを日課としていたという。
  • もともと「亨」と名付けられる予定だったが、父親の筆跡が理由で「享」で受理されてしまったという。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1972 ヤクルト 23 55 46 4 11 3 0 0 14 3 3 2 1 0 8 0 0 11 0 .239 .352 .304 .656
1973 27 39 37 2 4 2 0 0 6 2 0 0 0 0 2 0 0 12 1 .108 .154 .162 .316
1974 22 28 25 2 5 1 0 1 9 2 0 0 0 0 2 0 1 7 2 .200 .286 .360 .646
1975 42 75 70 4 14 5 0 2 25 8 1 1 0 0 3 0 2 12 5 .200 .253 .357 .610
1976 69 117 106 8 26 6 0 1 35 10 0 1 1 1 9 1 0 21 6 .245 .304 .330 .635
1977 83 142 124 24 40 10 0 6 68 14 5 1 2 1 13 0 2 18 0 .323 .396 .548 .944
1978 125 446 388 55 113 17 2 17 185 67 7 10 3 6 45 3 4 61 9 .291 .371 .477 .848
1979 126 498 423 63 120 19 1 22 207 54 10 6 3 3 64 4 5 67 2 .284 .384 .489 .874
1980 123 481 408 71 127 24 4 20 219 62 18 11 3 2 66 13 2 54 8 .311 .410 .537 .946
1981 122 468 401 71 116 20 1 16 186 61 13 6 4 5 52 6 6 52 4 .289 .379 .464 .843
1982 130 530 474 64 136 24 8 14 218 65 22 10 1 2 50 7 3 52 4 .287 .359 .460 .819
1983 123 502 446 66 132 24 5 13 205 62 19 4 3 5 47 3 1 31 5 .296 .364 .460 .824
1984 109 420 352 46 99 17 0 8 140 49 4 4 7 1 59 7 1 25 3 .281 .386 .398 .784
1985 121 481 401 86 126 26 0 34 254 81 1 2 1 2 74 5 3 43 3 .314 .423 .633 1.056
1986 42 158 135 16 33 5 0 5 53 20 0 1 1 2 19 5 1 16 1 .244 .338 .393 .730
1987 117 443 375 68 114 18 3 24 210 73 3 2 0 5 62 1 1 57 5 .304 .400 .560 .960
1988 122 477 416 52 106 20 0 20 186 53 0 0 0 4 56 11 1 51 11 .255 .342 .447 .789
1989 70 142 124 12 34 8 0 6 60 22 2 0 0 2 16 3 0 21 2 .274 .352 .484 .836
1990 72 178 164 18 40 6 1 8 72 23 0 0 0 1 13 2 0 32 4 .244 .298 .439 .737
1991 51 105 91 10 28 7 1 6 55 18 1 0 0 2 11 2 1 11 2 .308 .381 .604 .985
1992 18 16 11 1 2 0 0 1 5 2 0 0 0 0 5 0 0 3 0 .182 .438 .455 .892
1993 45 46 39 0 8 2 0 0 10 2 0 0 0 1 6 1 0 12 1 .205 .304 .256 .561
通算:22年 1782 5847 5056 743 1434 264 26 224 2422 753 109 61 30 45 682 74 34 669 78 .284 .370 .479 .849
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録
  • 100本塁打:1983年4月9日、対阪神タイガース1回戦(阪神甲子園球場)、4回表に小林繁から先制ソロ ※史上122人目
  • 1000試合出場:1983年10月1日、対横浜大洋ホエールズ24回戦(横浜スタジアム)、5番・右翼手として先発出場 ※史上240人目
  • 1000本安打:1985年6月15日、対中日ドラゴンズ8回戦(ナゴヤ球場)、4回表に鈴木孝政から右前安打 ※史上142人目
  • 150本塁打:1985年9月11日、対広島東洋カープ23回戦(明治神宮野球場)、6回裏に川端順から右越ソロ ※史上78人目
  • 1500試合出場:1988年9月8日、対読売ジャイアンツ24回戦(明治神宮野球場)、5番・一塁手として先発出場 ※史上90人目
  • 200本塁打:1988年10月2日、対読売ジャイアンツ26回戦(東京ドーム)、5回表に槙原寛己から右越先制ソロ ※史上56人目

背番号[編集]

  • 55 (1971年 - 1977年)
  • 9 (1978年 - 1993年)
  • 89 (1994年 - 1996年)

登録名[編集]

  • 杉浦 享 (すぎうら とおる、1971年 - 1974年、1981年 - 1996年)
  • 杉浦 亨 (すぎうら とおる、1975年 - 1980年)

脚注[編集]

  1. ^ 東京ヤクルトスワローズ球団アーカイブサヨナラ本塁打
  2. ^ 「日本シリーズ伝説男7人のいま」写真週刊誌『FLASH』2010年11月9・16合併号(光文社)参照

関連項目[編集]

外部リンク[編集]