1976年の日本シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗1976年の日本シリーズ
チーム 勝数(引分数)
阪急ブレーブス() 4
読売ジャイアンツ() 3
ゲームデータ
試合日程 1976年10月23日-11月2日
最高殊勲選手 福本豊
敢闘選手 柴田勲
チームデータ
阪急ブレーブス ()
監督 上田利治
シーズン成績 79勝45敗6分
(前期・後期1位)
読売ジャイアンツ()
監督 長嶋茂雄
シーズン成績 76勝45敗9分
(シーズン1位)
日本シリーズ
 < 1975 1977 > 

1976年の日本シリーズ(1976ねんのにっぽんシリーズ、1976ねんのにほんシリーズ)は、1976年10月23日から11月2日まで行われたセ・リーグ優勝チームの読売ジャイアンツパ・リーグ優勝チームの阪急ブレーブスによる第27回プロ野球日本選手権シリーズである。

概要[編集]

上田利治監督率いる阪急ブレーブス長嶋茂雄監督率いる読売ジャイアンツの対決となった。

V9巨人に5度挑戦して一度も勝てなかった阪急が、3連勝 - 3連敗の後の第7戦で、本シリーズを制した。3連勝の後に3連敗したチームが日本シリーズを制した事例は、2015年時点で他にない。

3連勝した第3戦の試合後に福本豊がインタビューで「パ・リーグ最下位の近鉄だってうちと3試合やれば1回は勝つぜ(だから1勝もできない巨人は近鉄以下)」と発言(ただしこの年のパ・リーグ最下位は太平洋クラブライオンズで、近鉄は4位だった)。これを聞いた巨人ナインは怒りをあらわにした[1]

試合結果[編集]

第1戦[編集]

10月23日 後楽園 入場者40659人

阪急 0 1 0 0 3 0 0 1 1 6
巨人 2 0 0 0 0 2 0 0 0 4

(急)山田、○山口(1勝) - 中沢
(巨)堀内、●小林(1敗) - 吉田孝
本塁打
(急)中沢1号ソロ(9回小林)
(巨)王1号2ラン(6回山田)

[審判]セ岡田(球)パ斎田 セ山本 パ吉田(塁)セ松橋 パ道仏(外)

公式記録関係(日本野球機構ページ)

第2戦[編集]

10月25日 後楽園 入場者47452人

阪急 0 2 0 0 2 0 0 1 0 5
巨人 0 0 0 1 0 0 2 1 0 4

(急)○足立(1勝)、S山口(1勝1S) - 中沢
(巨)●ライト(1敗)、加藤初新浦 - 吉田孝、矢沢
本塁打
(巨)王2号ソロ(7回足立)

[審判]パ道仏(球)セ松橋 パ斎田 セ山本(塁)パ久保山 セ谷村(外)

公式記録関係(日本野球機構ページ)

第3戦[編集]

10月27日 西宮 入場者29241人

巨人 0 0 2 0 0 0 0 1 0 3
阪急 4 0 0 0 3 0 0 3 X 10

(巨)●加藤初(1敗)、小林、倉田 - 吉田孝、矢沢
(急)○山田(1勝) - 中沢
本塁打
(急)マルカーノ1号3ラン(5回小林)

[審判]セ谷村(球)パ久保山 セ松橋 パ斎田(塁)セ岡田 パ吉田(外)

公式記録関係(日本野球機構ページ)

第4戦[編集]

10月29日 西宮 入場者23443人

巨人 0 1 0 0 0 0 1 0 2 4
阪急 1 0 1 0 0 0 0 0 0 2

(巨)堀内、○小林(1勝1敗) - 矢沢、吉田孝
(急)足立、●山口(1勝1敗1S) - 中沢
本塁打
(巨)王3号ソロ(2回足立)、柴田1号2ラン(9回山口)
(急)福本1号ソロ(1回堀内)

[審判]パ吉田(球)セ岡田 パ久保山 セ松橋(塁)パ道仏 セ山本(外)

公式記録関係(日本野球機構ページ)

第5戦[編集]

10月30日 西宮 入場者26099人

巨人 0 0 0 4 0 0 1 0 0 5
阪急 0 0 0 1 0 0 0 2 0 3

(巨)○ライト(1勝1敗)、加藤初、S小林(1勝1敗1S) - 吉田孝
(急)●山田(1勝1敗)、白石、戸田、山口 - 中沢、宇野、河村
本塁打
(巨)ライト1号2ラン(4回山田)

[審判]セ山本(球)パ道仏 セ岡田 パ久保山(塁)セ谷村 パ斎田(外)

公式記録関係(日本野球機構ページ)

第6戦[編集]

11月1日 後楽園 入場者44948人 (延長10回サヨナラ)

阪急 2 0 0 2 3 0 0 0 0 0 7
巨人 0 0 0 0 2 3 0 2 0 1x 8

(急)山口、●山田(1勝2敗) - 中沢
(巨)堀内、加藤初、○小林(2勝1敗1S) - 吉田孝、矢沢
本塁打
(急)ウイリアムス1号3ラン(5回加藤初)
(巨)淡口1号3ラン(6回山口)、柴田2号2ラン(8回山田)

[審判]パ斎田(球)セ谷村 パ道仏 セ岡田(塁)パ吉田 セ松橋(外)

公式記録関係(日本野球機構ページ)

第7戦[編集]

11月2日 後楽園 入場者45967人

阪急 0 0 1 0 0 0 2 1 0 4
巨人 0 0 0 0 1 1 0 0 0 2

(急)○足立(2勝) - 中沢
(巨)●ライト(1勝2敗)、小林、堀内 - 吉田孝
本塁打
(急)森本1号2ラン(7回ライト)、福本2号ソロ(8回ライト)
(巨)高田1号ソロ(5回足立)
[審判]セ松橋(球)パ吉田 セ谷村 パ道仏(塁)セ山本 パ久保山(外)

3連敗の後3連勝で波に乗る巨人は5回、逆転してなおも一死満塁の好機が続き、巨人ファン一色のスタンドがマウンド上の足立にプレッシャーをかけるが、足立は「もっと騒げ、たかが野球じゃないか。負けたって命まで取られるわけじゃない」と水を打ったように冷静だったという[2]。その冷静なピッチングでこの日先発五番打者の淡口を投ゴロ併殺に仕留めた。直後の7回、阪急は森本の2ラン本塁打で逆転。結局、足立が125球完投、阪急の2年連続日本一が決定した。

公式記録関係(日本野球機構ページ)

表彰選手[編集]

テレビ・ラジオ中継[編集]

テレビ中継[編集]

  • 関西テレビ≪フジテレビ系列≫ 解説:岡本伊三美、荒川博 ゲスト解説:広瀬叔功
  • 日本テレビ 実況:赤木孝男 解説:森昌彦 ゲスト解説:野村克也

ラジオ中継[編集]

  • NHKラジオ第1 解説:加藤進
  • TBSラジオ(JRN) 解説:稲尾和久、牧野茂
  • 文化放送(NRN) 解説:別所毅彦、福田昌久
  • ニッポン放送(NRN) 解説:小山正明 ゲスト解説:野村克也
  • ラジオ関東 解説:有本義明、笠原和夫
  • NHKラジオ第1 解説:加藤進
  • TBSラジオ(JRN) 解説:稲尾和久、牧野茂
  • 文化放送(NRN) 解説:花井悠 ゲスト解説:野村克也
  • ニッポン放送(NRN) 実況:深澤弘 解説:土井淳
  • ラジオ関東 解説:有本義明、笠原和夫
  • NHKラジオ第1 解説:鶴岡一人
  • TBSラジオ(JRN) 解説:稲尾和久、牧野茂
  • 文化放送(NRN) 解説:別所毅彦、福田昌久
  • NHKラジオ第1 解説:川上哲治
  • TBSラジオ(JRN) 解説:稲尾和久、牧野茂
  • 文化放送(NRN) 解説:別所毅彦、福田昌久
  • ニッポン放送(NRN) 実況:深澤弘 解説:土橋正幸 ゲスト:大橋巨泉
  • ラジオ関東 解説:有本義明、千葉茂
  • NHKラジオ第1 解説:鶴岡一人
  • TBSラジオ(JRN) 解説:稲尾和久、牧野茂
  • 文化放送(NRN) 解説:別所毅彦、福田昌久
  • ニッポン放送(NRN) 実況:深澤弘 解説:土橋正幸、土井淳
  • ラジオ関東 解説:有本義明、千葉茂

脚注[編集]

  1. ^ 石田雄太「Sports Graphic Number」第790号、文藝春秋、2011年11月10日
  2. ^ ナンバー文春ビジュアル文庫「熱闘!プロ野球三十番勝負」、文藝春秋社ISBN 978-4-16-810813-6

関連項目[編集]

外部リンク[編集]